おもちゃ箱っていろんな種類がありますよね。おもちゃがあまりに増えすぎて収納が追い付かず、段ボールをおもちゃ箱にしている人もいるとか。本来なら収納の分以上は購入しない!と決めてしまうのがよいのですが、そうもいかないのが現実。便利なおもちゃ箱をご紹介しましょう。

片づけられないのは訳がある!?

子どもって何で片づけられないの?


そもそも子どもが片づけられないのは様々な説があります。面白い意見としては、大きな箱に入れてしまうと下の方のおもちゃが取りづらくなってしまうため面倒だからという説。確かに取りにくいですよね。収納のやり方がわかっていないというケースもあるそう。収納方法をわかりやすく子どもに教えてあげる事がポイントになりそうです。

カラフルで可愛いIKEA
子供が片付けやすくなるIKEAの収納のイメージ画像"出典:http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/series/19027/
IKEAは北欧家具ブランドとして有名です。子ども部屋のデザインなども店舗では見ることができ、かわいらしい部屋のイメージを提案し続けてくれます。それ以上に機能性に大注目。このおもちゃ箱は、カラフルで大きいので兄弟で色別に収納したり、おもちゃごとに箱を分けたりする事が出来ます。底も深すぎないのでおもちゃも取り出しやすいです。

本もおもちゃも一緒に収納!TOY BOX


子供が片付けやすくなる本の収納のポイントのイメージ出典:http://amzn.to/1vu8lyS
おもちゃと同時に困るのが本の収納。底のほうに本がたまっていませんか?本ほど奥に収納してしまうとなかなか出してこないものはありません。読み聞かせなどで本は何度も読みたいですよね。子どものお気に入りのおもちゃと一緒に収納できて、子どもが手に取りやすいタイプは貴重ですね。

ぬいぐるみなど大きなおもちゃ中心の小さい子ども向けストレージボックス


子供が片付けやすくなる箱収納のポイントのイメージ出典:http://amzn.to/1A2moqP
写真はモンスターズインクですが、このような箱はたくさんの種類が販売されています。お子様が好きなキャラクターやデザインを選ぶと片付けがたのしくなりますね。小さい頃なら細かく分けてしまうよりも、ぽいっと箱に片付ける習慣をつけるところから始めるといいですね。

まとめ


片付ける習慣がつかないと、子どもが幼稚園、保育園、小学校になっても「おもちゃを片付けなさい!」毎日言う羽目に・・・子どもがどうやったら片付けやすくなるのかということに注目して親が工夫してあげれば、片づけも子どもには楽しい習慣になるでしょう。

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード