ここ数年、急速に広まっている「五色百人一首」ってご存知ですか?最初は小学校からスタートしたブームが、今や日本全国に愛好者が増えて、全国で大会が開かれるまでになっているのだとか。「学級運営にも良い効果」「集中力が高まる」「高齢者にも人気」と、子どもさんから、大人まで、広く親しまれるようになっているんだそうです。
 
そこで今回は「五色百人一首」がどんなゲームなのか?まとめてみました。
 
 

子どもから大人まで楽しめる、五色百人一首


学校でも大人気!全国大会もある五色百人一首って一体何?出典:https://www.flickr.com/photos/ionushi/※写真はイメージです
 
 

百人一首のショートバージョン?短時間で気軽にできる!


学校でも大人気!全国大会もある五色百人一首って一体何?出典:http://www.tos-land.net/teaching_plan/contents/16154
 
 
五色百人一首は、1980年代に「小学校低学年の授業に百人一首を取り入れたい」、と思った、東京の先生が発案されたものだそうです。
 
百人一首は、それ自体が「古典や和歌に親しむ」というだけでなく、速読などの日本語の学習効果や、集中力アップに大きな効果があることが、以前から確かめられていました。でも年齢の低い小学生には100枚の札はボリュームが多すぎ。よほど好きな子でなければ、飽きてしまいますし、小学校の短い授業時間内で、100枚を取るということはとても大変なことです。
 
「なんとか、もっと手軽にできないか?」と思ったこの先生は、「百人一首を5等分して、20枚ずつに分けたらどうだろう?」と考えられたのだそうです。20枚ならば、5分程度でカルタ取りゲーム形式で行うことができます。先生は、百人一首の札を20枚ずつの5つの組に分け、それぞれの読み札・取り札の周囲にある枠を「赤・青・黄色・緑・橙」の5色に塗り分けたものを考案しました。この色分けが「五色百人一首」の名前の由来になっているんですね。
 
より、詳しい説明は、こちらのサイトに掲載されています。
 
 

1ゲームは5分程度・遊び方はカルタと同じ


出典:http://www.youtube.com/embed/eMqE6UJO6h0
実際にどんなふうにやっているのか、こちらの動画でみてみましょう。これは小学校2年生の授業中の風景で、二人一組で対戦、なんと、読み手も小学生が行っています。おてつきをしたときは、相手に1枚札を貰う、などのルールも使われているようです。
 
カルタ取りは、手と手で札を取り合いますから、時には、自然と手が触れたり、 言葉を交わす機会が増えることで、クラス内の人間関係も良い方へ進む効果があるそうです。これは、ご家庭や、ご近所のお友だちでも、同じことがありそうですね。もちろん、百人一首そのものに親しむこともできますし、一緒に遊ぶことでお友達関係も深まる効果が期待できます。
 

無料のダウンロードサイトも登場!


学校でも大人気!全国大会もある五色百人一首って一体何?出典:http://kids.nifty.com/card/carta/001_100nin/
 
 
わざわざ五色百人一首専用のものを購入しなくても、ちょっとした工夫で自分で五色百人一首を作ることもできます。百人一首一式を無料ダウンロードできるサイト(きっず@niftyCanon creative park
 
 

まとめ


百人一首というと普通にやるには身構えてしまうママ&キッズが多いのでは?でも、20枚だけ、5分くらいなら、手軽にトライできそうですね。小学校低学年から挑戦できるというところも良い点ですから、冬休みにぜひ、挑戦してみてください。大人も思わず熱中してしまいますよ〜!
 
 

今回、ご紹介した情報の詳細はこちら


【TOSS五色百人一首協会】


【youtube 五色百人一首~2年生】


【五色百人一首とは何?ルールや購入方法、そして自分で五色百人一首を作る裏ワザを公開


【きっず@nifty】


【Canon Creative park】


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード