2013年10月に開業した、京王れーるランドが1周年を記念して、リニューアルしました。さらに電車好きを熱くさせる京王れーるランドに行ってみませんか?
 
 

体も動かせる電車のテーマパーク|京王れーるランド


京王れーるランドは休日・週末に混雑もする人気スポット_館内画像01出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/京王れーるランドPhoto by :Rsa "Keio-rail-land Trains 20130814"
 
 

アスレチックやプラレール体験ゾーンが拡大!


京王れーるランドは休日・週末に混雑もする人気スポット_館内画像02出典:https://www.flickr.com/photos/urasimaru/Photo by :urasimaru "R0028003"
 
 
今回のリニューアルに伴い、2階フロアの「アスれーるチック(鉄道をイメージしたアスレチック)」が1.5倍拡張、「プラレールコーナー」も拡大し、より楽しめる空間になりました。電車の運転体験だけでなく、体も動かせるのがこのスポットの魅力!!
 
京王れーるランドは休日・週末に混雑もする人気スポット_館内画像03出典:http://www.keio-rail-land.jp/ex/
 
 
「アスれーるチック」は子どもたち自身が電車になった気分で動き回ることが出来るように、レール下の砂利をイメージしたボールを使った「ボールプール」、飛び跳ねながら電車や駅に関する音を鳴らす「メロディトランポリン」、電車や鉄橋の中を通る「すべり台」など、色々な工夫がされていますよ。
 
京王れーるランドは休日・週末に混雑もする人気スポット_館内画像04出典:http://www.keio-rail-land.jp/ex/
 
 
人気のプラレールコーナーでは京王車両を貸してもらえ、沢山あるレールやパーツを使って、各自のスペースでプラレールを楽しむことができますよ。13組40分間の入れ替え制のため、整理券が必要です。整理券を確保してから、他のコーナーを体験をするのもよいかもしれません。
 
どちらのコーナーも追加料金なしで遊べます。
 
 

運転士さんに、車掌さん!夢が膨らむ体験コーナー


京王れーるランドは休日・週末に混雑もする人気スポット_館内画像05出典:http://www.keio-rail-land.jp/ex/
 
 
1階フロアには、鉄道の仕組みを学び・触って・体験できるコーナーが充実しています。
 
鉄道模型(HOゲージ)で運転体験!
京王沿線の街並みを再現したジオラマは見ごたえ十分。電車の運転席では本物のハンドルを使用しているので、握る手も気合が入りますよね。1回100円です。
 
京王れーるランドは休日・週末に混雑もする人気スポット_館内画像06出典:http://www.keio-rail-land.jp/ex/
 
 
150インチの画面で運転体験!
実際に使用していた車両のボディーを使って、乗務員訓練で使用するCGシミュレーションソフトを改良した、リアルな運転体験も楽しめます。隣には運転士スタッフが立ち、直接のご指導もありますよ。1回300円で整理券が必要です。(※ 制限人数を超えた場合は抽選)
 
その他にも、模擬運転台を使った小型運転体験シミュレータや、ドアの開閉操作や車内放送などの車掌体験もできます。
 
京王れーるランドは休日・週末に混雑もする人気スポット_館内画像07出典:http://www.keio-rail-land.jp/ex/
 
 
制服や制帽の貸し出しがあり、運転士さんになりきった写真がとれますよ。制服が数種類あるほか、作業服やヘルメットもあり、無料で体験できます。スタッフが随所に待機しているので、わからないことがあると教えてくれますよ。
 
 

ミニ列車で出発進行!!


t出典:http://www.keio-rail-land.jp/ex/
 
 
ミニ電車は、もちろん京王線。展示されている車両をみながら、踏切、トンネルを通って約2分間の旅が楽しめます。1周100円で乗車できます。
 
屋外には往年の車両5両が展示されており、なかには車内を見学できる車両もあります。
 
 

エレベーターのアナウンスもよく聞いて


京王れーるランドは休日・週末に混雑もする人気スポット_館内画像09出典:http://www.keio-rail-land.jp/
 
 
エレベーターにも、楽しい仕掛けが。電車の発車ベルやアナウンスが流れます。エレベーター・・・だよね??
 
入館時は、切符を自動改札へ通します。自動改札機の仕組みがわかるようにガラス張りになっていますよ。一瞬なので、見逃さないで。
随所にみられる、電車愛を感じてくださいね。
 
 

まとめ


館内は、半日あればたっぷり遊べますよ。休憩コーナーにはお菓子、軽食の自動販売機が設置されていますが、しっかりお昼をとる場合は、お弁当を持参したようがよいかもしれません。キッズスペース、授乳室もあるのでベビー連れも安心。館内はベビーカーを使用できないので、抱っこひも等お持ちくださいね。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


京王れーるランド


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ


 
・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。