10月に入り秋も深まる中、バラの季節がまもなくやってきます。バラは春にも花を咲かせますが、秋にも一度見頃を迎えます。東京都内にはこの秋に花を咲かせるバラを楽しむためのイベントが各地で開催されます。そこで、東京で開催されるバラ鑑賞を楽しめるバラ園を4カ所ご紹介します。

【1】旧古河庭園|開催日:10月中旬


由緒ある洋館前に咲き誇るバラ!



旧古河庭園は北区の都立庭園です。10月の中旬から「秋のバラフェスティバル」が庭園内で催されます。旧古河庭園といえば、その歴史を感じさせる洋館がトレードマークで、この館をイメージされる方も多いと思います。

洋館の目の前にタイミングが合えば、バラの花が咲いているので、館をバックに写真を収める方も多いようです。秋のバラフェスティバルで約90種180株のバラが植えられています。また、見頃に合わせて音楽会や折り紙教室などのイベントも企画されるそうです。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


旧古河庭園|北区


 
※ 秋のバラフェスティバルの詳細はこちらから
 
 

【2】都立神代植物公園|開催日:10月中旬


香りのモーニングツアーが人気!



神代植物公園は調布市にある都内で唯一の植物公園です。深大寺にも隣接していて、みどり豊かな場所として、多くの来園者で賑わっている人気公園の1つです。神代植物公園のバラ園は2009年に「世界バラ会連合優秀庭園」にも受賞したことがあるんです。

バラ園の開催期間中には、様々なイベントが企画されています。その中でも、バラが1日の中で最も香りが強い朝方に催される事前予約が必要な「香りのモーニングツアー」が毎年恒例の人気イベントになっています。普段よりも早く開園するのもうれしいですよね。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


都立神代植物公園|調布市


 
 

【3】都立砧公園|開催日:10月下旬


2日間限定のイベントでバラ鑑賞を満喫!


砧公園は世田谷区にあり、桜の名所として記憶にある方も多いのではないでしょうか。2日間限定ですが、見頃を迎えるバラにあわせて、「バラを観る会」が10月下旬に行われます。

催される会は砧公園で活動をされているボランティア団体の方たちや砧パークアカデミーの方たちによる季節のバラを解説があります。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


都立砧公園|世田谷区


 
 

【4】日比谷公園|見頃予定:10月頃


都心のオアシスに咲く色とりどりのバラが楽しめる!



日比谷公園は千代田区にあり、都会のオアシス的な公園です。公園内の第1花壇と第2花壇に約86品種700本のバラが植えられています。

日比谷公園では特にイベント等の開催の予定はありませんが、色とりどりのバラの花がビジネス街の中心に咲いています。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


日比谷公園|千代田区


 
 

まとめ


いかがでしたか?秋は春に次ぐ、おでかけしやすく、バラの花が咲く季節でもあります。バラの香りは朝方に一番強くなる傾向があり、ご紹介したスポットの中でも早朝に鑑賞できる場所もあります。
 
ぜひ、今年は子ども連れでおでかけしてみてはいかがでしょうか♪
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


旧古河庭園|北区


 

都立神代植物公園|調布市


 

都立砧公園|世田谷区


 

日比谷公園|千代田区


 
 

【特集記事へ】この秋行きたい首都圏のおすすめバラ園まとめ


 
 
・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード