子どもサイズの実物を使って、リアルなお仕事体験ができるキッザニアは、8周年を迎え子どもたちの人気はますます上昇!リピーターも多く、魅力的なテーマパークです。
 
でも、予約がうまくが取れないから「今日はパイロット諦める」。待ち時間が長くて、効率的にお仕事体験できなかった。やる気まんまんの子どもも、いつしかしょんぼり。付き添ってる親もグッタリ。あんなに楽しみにしていたお仕事、動き回るだけで、疲れて帰るのではあまりにも悲しすぎます。
 
そんな残念な結果にならないための方法、ありますよ。これまでキッザニアに行ったけど、あまりお仕事ができなかった親子。キッザニアに行ったことがないあなたに、特にオススメです。家族みんなが達成感いっぱいで、帰宅できるキッザニアの過ごし方を教えます。

焦りは禁物!ポイントを絞ってお仕事体験が成功のカギ

1. 紛失厳禁!?のジョブスケジュールカード!


キッザニアに入場する際、子ども一人につき、一枚渡されるジョブスケジュールカード。後で使うからバックの中にしまっておこう。「ちょっと待った~!」。
 
キッザニアにおいては、何より大切なカードです。お仕事の予約表として、パビリオンを体験する時には毎回提示する必須アイテム。大事に失くさないように。

心配屋のパパやママ、落し物が多い子どものために、専用のカードホルダーをナショナルストア(お土産やさん)で買ってもOK。万が一、紛失してしまった時は、インフォメーションデスクへ行きましょう!

2. いよいよお仕事スタート!最初のお仕事選びが肝心!


入場そうそう、お目当てのお仕事めがけて急ぎ足の皆さんに、あっけに取られていませんか?そうしている内に、どんどん希望職種のお仕事予約が埋まっていきますよ。地図を広げて「何のお仕事がやりたいの?」と聞くだけじゃ、子どもはすぐに決められません。
 
前段階として準備をしておくことをオススメします。キッザニアへ向かう車内や電車の中、入場ゲートまでの待ち時間に、子どもにのやりたい仕事」を事前に確認しておきましょう。できれば、子ども自身に紙に書き出してもらうと、さらに分かりやすいですね。

子どもが「やりたい仕事」と親が「やってほしい仕事」は違うもの。そんな時は、子どもの希望の仕事を叶えながら、隙間時間に「やってほしい仕事」の面白さを提案しましょう。自分のやりたい仕事を優先してくれたなら、とパパ・ママのリクエスト職種にもやる気が出してもらえるかも。
 
最初のお仕事予約する時のポイントは、子どもの希望する仕事の中で一番、人気が高いもの。例えば、お菓子工場、メガネ屋さん、ピザショップなどを子どもがやりたい場合は入場して一番に希望のパビリオンで予約を取りましょう。

3. パパ・ママは子どものマネージャーになりきって正解!


希望のお仕事の予約を取っただけで半分満足していませんか?予約時間までの過ごし方がキッザニアを楽しむ上でなにより重要です。この時間の使い方によって満足度が大きく違います。パビリオンにより待ち時間が~15分、~30分、~45分、~60分、~90分とあります。

時間帯によっても待ち時間は大きく変わります。どの待ち時間を選んでも良いですが、予約後、他の仕事をする時にはその場で待つのが基本です。待ち時間が45分以上だと子どもが飽きてしまう可能性が大なので、注意。
 
待ち時間に読める本などを持って行くのも良いですね。あまり長い待ち時間で動きが取れないよりも、15分、30分位で体験できるパビリオンを足で探しに行きましょう。

4. 耳寄りお得情報!入国時にバースデーカードをゲット!


誕生月の子どもだけがもらえるバースデーカードがあります。インフォメーションデスクに行き、申告するとバースデーカードをもらえます。キッゾが使えるパビリオンでバースデーカードを見せると、お支払いが無料になります。

お誕生日プレゼントとしてキッザニアへ招待するのはいかがですか?普段は見せないお兄ちゃん、お姉ちゃんになった我が子が真剣に仕事をしている様子は、きっと、あなたを感動させることでしょう。普段、遠方でなかなか行けない親子は「毎年、誕生月にキッザニアへ・・・」なんていうのも、お洒落なプレゼントですね。

キッザニアだけで通じる魔法の合い言葉KAI!(カイ)


キッザニアビギナーのあなたも常連風に「通」ぶれる魔法の合い言葉があるのをご存知でしたか?
 
子どもの国に入国するとスタッフとキャラクターがお出迎え。キャラクターに会った時は、恥ずかしがらずに「カイ!」と言いましょう。その時に、ポーズがあります。右手でピースにして、ピースにしたままを左肩にくっつけます。ポーズをしたまま「カイ!」と元気に言いましょう。

キャラクターは「カイ!」に好反応!喜んで同じポーズをしてくれますよ。スタッフの方にも声をかけてみましょう。「カイ!」は、世界中のキッザニアで使われている挨拶。すぐに仲良くなれちゃうハッピーな魔法の言葉です。

まとめ


大人の世界と同じように子どもの国キッザニアでのお仕事探しもカンタンではありません。子どもがやってみたい仕事にたどり着くには、ちょっとしたコツが必要不可欠です。コツさえ分かれば、お仕事体験がたくさんできるチャンスが広がります。
 
帰り道で、「今日、やりたい仕事がたくさんできて良かったね」と会話する。これぞ、まさにキッザニア体験。リアル充実そのものですね。ぜひ、参考にしてください。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


キッザニア東京


・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。