夏は、空気が綺麗で辺りが暗い山や海におでかけをする機会も多いのでは?そんなときに強くおすすめしたいのが天体観測です!夏は夜でも暖かいですし、星空を眺めるには絶好の季節。今回は、夏の大三角形について、ご紹介します。

夏の大三角形を天体観測!知っておきたい見つけ方&星座の神話

夏の大三角形とは


夏の大三角形のイメージ画像
www.sendai-astro.jp
8月であれば21時ごろ、天頂に、白鳥(はくちょう)座のデネブと、こと座のベガ、わし座のアルタイルという3つの明るい星を観察することができます。この3つの星を結んだ大きな二等辺三角形がいわゆる「夏の大三角形」です。この3つの星はそれぞれ異なる星座の一部です。折角、観察するならば、その星座にどんないわれがあるかも気になりませんか?ということで、以下、簡単に解説させていただきます。

白鳥座のデネブ

十字型の星座。尾の先端がデネブ


白鳥座のデネブのイメージ画像http://rikanet2.jst.go.jp/
白鳥座は十字型をしたわかりやすい星座。夏の大三角形を構成するデネブは白鳥の尾の位置にあります。ちなみに、デネブ(Deneb)の語源は、アラビア語のめんどりの尾という意味の言葉です。

白鳥の正体はゼウス?


白鳥座に関し、ギリシア神話では、複数の物語が残されています。その中で、最も有名なのは、白鳥は大神ゼウスが化けた姿であるという物語です。あらすじは、ゼウスはスパルタ王妃レーダーに恋し、白鳥に化けて接近し、誘惑しました。そして、白鳥が去ったあと、レーダーは2つの卵を産み落とし、これがふたご座の兄弟ポリュデウケース(ポルックス)とカストールとなりました、というものです。

こと座のベガ

天の北半球で最も明るい星


夏の大三角形の一角「こと座」のイメージ画像http://rikanet2.jst.go.jp/ひし形と正三角形とがつながった形をしていること座。正三角形の一角を占める一際明るい青白い星がベガです。0.0等星で、天の北半球に数多ある星の中で最も明るい星です。後述しますが、七夕の織姫星としても有名です。

ゼウスが拾った落し物


こと座に関する神話は、星座に関する神話をまとめた「カタステリスモイ」という書物に記述があります。もともと、琴は発明の神ヘルメースが発明したもので、アポロンがこれを譲り受け、その息子のオルペウスの手に渡りました。オルペウスは琴を奏でて有名な音楽家となりますが、冥神ハーデスに死んだ妻を戻してくれるよう交渉することに失敗し、悲嘆にくれ、川に身投げをして亡くなってしまいます。琴は川を流れていき、やがてゼウスがこれを拾い上げ、星座にした、とのことです。

わし座のアルタイル

夏の三ツ星とも呼ばれるアルタイル


夏の大三角形の一角「わし座」のイメージ画像http://rikanet2.jst.go.jp/
二つの直線が直角に接し、凸の字の形をしたわし座。直線の交点にあたる部分にあるのが夏の大三角形を構成するアルタイルで、左右に寄り添う2つの二等星とセットで「夏の三ツ星」とも呼ばれています。後述しますが、七夕の彦星としても有名です。

ゼウスが美少年を誘拐!?


わし座については、ギリシア神話に伝わる物語が有名。この星座が表す”鷲”はトロイアの王子ガニュメーデースがあまりに美しい少年だったため、ゼウスが神の宴の給仕をさせるために、天に連れ去るときに遣わした、というものです。天球上では、ガニュメーデースをモチーフとするみずがめ座の隣にわし座が位置しており、星図でもみずがめ座に飛び掛るように描かれています。

七夕との関係が深い夏の大三角形


夏の大三角形を構成する3つの星座は、七夕と非常に深い関係を持っています。前述しましたが、大三角形の中に織姫星「ベガ」と彦星「アルタイル」が含まれているのです。そして、その間を、白鳥が二人の仲を取り持つように通り抜けようとする位置関係にあります。同じ星でも、ギリシャ神話と七夕とでは、異なる物語が紡がれている、というのは興味深いですね。

まとめ


いかがでしたでしょうか?夏の大三角形の天体観測に合わせて、その星座のうんちくを語ることができれば、尊敬のまなざしを得ることができるのではないでしょうか。おでかけの前に、おさらいで再読していただけると嬉しいです!

人気の天体観測記事特集へ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。