横浜ランドマークタワーは横浜のシンボルでもあり、2014年に大阪あべのハルカスに高さ日本一を奪われるまで長らくその座を21年もキープしていました。まさに日本の高層ビルのシンボル的存在のランドマークタワーは地元の人にも愛されているランドマークです。

横浜ベイエリアの画像

桜木町へ出かける際は、ランドマークタワーを中心に街並みが広がっているため、1日をすごす起点になるスポットです。ランドマークを起点として半径500mの中で訪れやすい、桜木町での名スポットをまとめてみました。

ランドマーク展望フロア スカイガーデン


ダウンロード出典:http://www.yokohama-landmark.jp/skygarden/

まさに横浜桜木町のシンボル的存在、ランドマークタワーは地上70階、高さにして約296mの超高層ビル。ショッピングの楽しめるランドマークプラザは子どもやベビーカーにも安心の広々設計!ランドマークに訪れたら「ポケモンセンター」も良いけれど、ビルのほぼ最上階である
69階の展望フロア「スカイガーデン」からの景色をたのしんでみて!

横浜ランドマークタワーのスカイガーデンの画像

お天気の日にはもちろん横浜の景色や港の様子、横浜ベイブリッジを圧巻のスケールで楽しめるのはもちろん、こちらの展望フロアは「視界ゼロ キャンペーン」や「雨の日」キャンペーンといった大変オトクに入場できるキャンペーンが充実。視界がゼロといっても、実は展望フロアは雲の上さながらの景色に出会えることも。

watower出典:http://www.yokohama-landmark.jp/skygarden/

ランドマークタワーのおみやげに持ってこい!ペットボトル入りのタワーウォーターは、ビルをモチーフにしたちょっとひと目をひくデザインです。

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら

横浜ランドマークタワー・スカイガーデン



臨港パーク


横浜臨港パークの画像出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/臨港パーク

広々とした芝生から横浜港を眺めることのできる抜群のロケーション。臨港パークは、みなとみらい地区の最大の緑地なだけあり、子どもとの時間を楽しんでいたりヨガを楽しむ人もつどう癒やし空間。

臨港パークからパシフィコ横浜を望む画像出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/臨港パーク

公園内に飾るオブジェは見ごたえ抜群!近くのショップでテイクアウトランチをゲットして、芝生でのんびりランチをとっても良いですね。

info_out_par_03出典:http://www.pacifico.co.jp/visitor/info/outside.html

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら

臨海パーク



横浜美術館


yma_gaikan横浜美術館

20世紀美術を中心にコレクションされた絵画を始め、写真コレクションなどの特徴豊かな美術館。
お母さんやお父さんは美術館でしばし静寂の時間を楽しんでみてもよいでしょう。




yma_tenjishitu横浜美術館

子どもたちに人気は、美術館内にて開催される「親子のフリーゾーン」描きつくることを目的に、絵の具、土粘土や紙などの基本的な素材を使って親子一緒に造形を楽しむことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA出典:http://www.yaf.or.jp/yma/

子どもたちの「自分でやってみる!」を育むことができる、自由参加プログラムです。予約不要の「フリーゾーン」の他に、作り出す事を徹底的に楽しめる、定期開催の造形教室も開催されています。小学校高学年以上には、6回まとめて開催の絵画教室が人気です。
 
夏休みには特別教室も開催されているので、イベント情報はこまめにチェックしたいものです!

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら

横浜美術館



横浜みなとみらいホール(大ホール)


300px-Minatomirai_hall

桜木町目の前にある「クイーンズスクエア横浜」内にある、本格的なクラシックコンサートホールがあるのはご存知ですか?

300px-Minatomirai_hall

大ホールにはパイプオルガンが設置されており、なかなか身近で見ることのできない大きな楽器に子どももうっとりすること間違いなし!

無題出典:http://www.yaf.or.jp/mmh/index.php

クラシックコンサートに不慣れなお父さんお母さんでも、ホールで開催される子連れOKのイベントに積極的に参加し、よい音楽をきく習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら

横浜みなとみらいホール(大ホール)



最後に


いかがでしたか?ランドマークタワーを起点として、半径500mの範囲内でお散歩できるスポットをご紹介しました。もう少しで梅雨が明けたら天気もよくなり、「ランドマークタワー」の展望台に上って横浜の景色を眺めるのもよし、「臨港パーク」の園内を散策するのもよし、気温も上がってきて「横浜美術館」や「横浜みなとみらいホール」で芸術に勤しむのもよいと思います。
 
ランドマークタワーを含め、近隣には商業施設もたくさんあるので、ご飯を食べるのにも困りません。ぜひお散歩がてらおでかけしませんか?

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


横浜ランドマークタワー・スカイガーデン


 

臨海パーク


 

横浜美術館


 

横浜みなとみらいホール(大ホール)

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。