絵本を読むときのこだわり

小説がつまらなかったんだね

寝かしつけ今昔,育児,漫画,

大人でもなかなか難しい小説を好んでいた息子ですが、ここ最近(半年くらい)は色んな絵本を好むようになりました。

中でも、登場キャラクターが他のキャラクターとの関わりを持ったり、冒険したりする絵本を読むときには、主役キャラクターの名前を自分の名前に置き換えて読む。というのが息子なりのこだわりのようです。

登場キャラクターになりきって、お話したり悲しんだり喜んだり、とても楽しそうです。

読む方は、ついつい息子の名前に置き換えるのを忘れてしまうのですが、そんなときは必ず「コータローくんでしょ!」とツッコミがはいるのでした。

まとめ

息子が絵本の中のキャラクターになったことを想像しながら読むのですが、感情移入しすぎて他のキャラクターに意地悪言ったりするシーンでは、心中穏やかにいられないこともあります。

あのキャラクターの親御さんの気持ちまで考えちゃったりして。絵本の楽しみ方って色々あるんだなぁ、と思う今日この頃です。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

この記事に関連するリンクはこちら

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。