【1】朝日プリンテック川崎工場の見どころ

FMスクリーン

新聞製作工程 CTP,朝日プリンテック,川崎工場,見学出典:asahi-pt.co.jp

朝日プリンテックでは、高い印刷技術を様々なものに応用しているのが見どころでもあります。例えば、もともとドイツで考えられた網点化という技術を生かしたFMスクリーンです。

これは、普通の画像よりも細かい網点で表現できることから、より鮮やかな色合いを表現できると評判になっているのです。

これが実現できることで、より写真に近い状態で仕上げられるようになったと言われているのです。他にも、今まで実現で着なかった光沢紙への印刷を可能にしたことも注目されています。

光沢紙は写真の印刷が綺麗にできるのですが、新聞には使えないのが難点でした。しかし朝日プリンテックはそれを実現したという訳です。

これができると、食べ物などは更に美味しそうに見えるわけですね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】朝日プリンテック川崎工場の特典

環境に優しい工場

刷版取り付け,朝日プリンテック,川崎工場,見学出典:asahi-pt.co.jp

朝日プリンテックの川崎工場を見学に行くのであれば、人や環境に優しい工場を見学することができます。

高い技術力の工場の様子を見学することも勉強になりますが、工場自体の環境への配慮にもビックリすると思います。

まず、工場の屋上にはだいたい500枚弱の太陽光パネルが設置されていますし、畑やビオトープなども作られています。太陽光パネルからは、工場内の1%の電力が賄われていますし、ビオトープには毎年カモが卵を産みにやってきます。

印刷工場に見学に来たのに、環境への勉強にもなるなんて、一石二鳥だと思いませんか。朝日プリンテックの中でも特に環境に配慮した川崎工場は、勉強になる特典がいっぱいですよ。

【3】朝日プリンテック川崎工場の見学申込方法

日本中の工場もぜひ!

朝日プリンテック川崎工場,朝日プリンテック,川崎工場,見学出典:www.asahi-pt.co.jp

朝日プリンテックの工場見学をしたい場合は、ホームページ上の申し込みフォームを使ってください。基本的に見学は平日のみとなっていて、予約は見学希望日の3ヶ月前から2週間前までとなっています。

団体の見学はもちろんですが、個人での見学も申込み可能です。ただし、2名以上で申し込むようにしてください。

工場なので、何らかの理由でキャンセルになってしまうこともありますが、基本的には希望日を聞いてくれるようです。

ただし、見学者が多い日にちなどは時間の希望に添えないこともあります。朝日プリンテックは、川崎だけでなく日本中に工場を持っているので、興味を持った方はぜひ色々な場所の工場を見学に行ってみてください。

【朝日プリンテック川崎工場の基本情報】

・住所:神奈川県川崎市中原区西加瀬19-1

・電話番号:044-435-0200

・アクセス:東横線「元住吉」徒歩15分、JR横須賀線「新川崎」徒歩20分、JR南武線「平間」徒歩25分

・工場見学開始時間:13時から

・受け入れ人数:80名(小学生以下120名まで)

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

今回は朝日プリンテックの川崎工場について紹介させていただきました。いかがでしたか?普段子どもにとって新聞をみかけることはあるものの、製造されている工程や工場内部を見る機会はないですよね。

新聞印刷の工場見学することによって、社会の勉強にもなりますし興味がわいてくるのではないでしょうか。ぜひ一度みなさんで訪れてみてください。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。