【懐かしの昭和アニメ・特撮(1)】パーマン

パーマンの魅力

パーマン,懐かし,アニメ,昭和出典:amzn.to

パーマンはどこにでもいる冴えない小学生のミツオがある日、宇宙人からマスク、マント、バッチのパーマンセットをもらい、そのパーマンセットをいかし、正義のヒーローになり仲間と共に活躍するというお話。

今見ても古さを全く感じずかっこよくもあり、ミツオのダメなところが親しみやすくもあるアニメなんです。

自分に自信のない子でも、ヒーローになれるんじゃないか?という憧れも出て来るのがパーマンの魅力でもあります。

パーマンバッチを折り紙で作って遊ぼう

パーマンバッジ,懐かし,アニメ,昭和

パーマンの中で一番簡単に作れるグッズがパーマンバッチです。

パーマンバッチはトランシーバーのように仲間を呼び出すために使えたり、くわえると息ができる酸素ボンベのようにも使えたり、色々な活用法があるんですが、これを形だけでも真似して遊びたいですよね。

1番簡単に作れるのが折り紙です。表さえきれいにしてたらバッチになってるパーマンバッチは見栄えがするんです。

折り紙を折ったり切り貼りすることで簡単に手作りすることができるので、ぜひ子どもと挑戦してみてください。

また最近人気のアイロンビーズで作ってみるのも良いでしょう。

【懐かしの昭和アニメ・特撮(2)】ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎の魅力

ゲゲゲの鬼太郎,懐かし,アニメ,昭和出典:amzn.to

妖怪と人間が共存できる平和な世界を作るため、正義感の強い妖怪族の鬼太郎が仲間と共に悪い妖怪を退治していくというお話ですが、話の中にはとにかく色々な妖怪が出て来るんです。

悪い妖怪ばかりでなく、良い妖怪もたくさんいます。妖怪と聞くと怖そうなイメージが最初はあるかもしれませんが、見ると引き込まれるアニメになっています。

最初の頃より絵も現代風になっていて見やすいDVDやマンガも多く発売されています。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

妖怪の本

妖怪大百科,懐かし,アニメ,昭和出典:amzn.to

ゲゲゲの鬼太郎に出てくるものだけではなく、日本古来の妖怪がたくさん本で紹介されています。

どんな妖怪がいるのか本で調べてみたり、こんな妖怪がいるんじゃないか?と想像して絵に描いてみるのもいいでしょう。

親子で「こんな妖怪もいるんじゃない?」「こんな妖怪聞いたことあるよ」などと、会話も広がると思います。

妖怪って怖いだけではなく、優しかったり、面白かったり、色んな妖怪がいて意外と親の方が読んでハマってしまう場合もあるでしょう。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【懐かしの昭和アニメ・特撮(3)】赤影

赤影の魅力

赤影,懐かし,アニメ,昭和出典:amzn.to

巨大な凧や変身の術によって現れる赤い仮面をした忍者赤影。

豊臣秀吉が木下藤吉郎だった頃・・・と、時代背景は古いものの、怪人や怪獣などが次々に現れ、赤影、青影、そして子供の忍者白影と力を合わせ、敵をやっつけていく姿は今も昔も変わらぬ憧れのヒーローで、最近ではCGなどの技術で加工されてあるところが全て手作りだったりと、親しみやすさも感じるお話です。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

赤影になりきる

赤影に変身,懐かし,アニメ,昭和

赤影には身近にあるグッズで手軽に変身することができます。

100円ショップに売っている武器(刀)を持って、首に赤いバンダナを巻き、フェルトや厚紙で仮面を作って変身。兄弟、親子で戦えばもう赤影です。

忍者っぽい動きを楽しみ、颯爽と駆け抜けるだけでかっこいい赤影。お金をかけずになりきれるのもいいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?お母さんお父さん、おじいちゃんおばあちゃんの時代のものもあったと思います。

実はこの昭和のアニメ、特撮ですが、レンタルビデオショップによっては置いてあるところもあるんです。ぜひ探して、親子で一緒に楽しんでみてください。

子どもよりパパママがハマってしまうということもあるかもしれませんが、これらのアニメや特撮はグッズやおもちゃが最近ではあまり売ってなく、親子で考え、作って遊ぶという遊び方もできると思います。ぜひ挑戦してみてください。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。