子どもの自転車デビューって、子連れ世代の共通の悩みですよね。スライダーも流行っていますね。
 
補助輪なしの自転車の練習していますか? バランスをとるのが大変な子どもにとっては、一番最初の難関ともいえる補助輪はずし。
補助輪が外れると、子どももスイスイどこにでも行けて世界が広がります。自転車デビューに向けて知っておくと便利なコツをご紹介します。

【Tips 1】補助輪を外すと同時にペダルも外してみては


怖がらせない工夫をしましょう


補助輪を外す時、不安になってしまう子どもが多いはず。まずは片方の補助輪だけを外す方がいます。
これはお薦めしません。片側だけ残す事でへんなバランスを覚えてしまいます。
両側の補助輪を外す時に、また一からバランスを覚えなくてはならなくなり、大変です。補助輪を外す際は、一気に外しましょう。
同時に、ペダルも外してしまうのも手です。まだ、うまくこげないペダルに足が当たってしまうこともないですし、自転車の向きをまっすぐにすることに集中しやすいのでは。
バランス感覚を養うのに良い練習方法ですよ。実際に、この方法を取り入れているご家庭も多いようです。 

【Tips 2】ファースト自転車は小ぶりサイズを選ぼう


スモールステップで、成長を褒めよう


子どもの自転車サイズを小さ目にすることを、おすすめします。大きな自転車は子どもにとって、重く感じるものです。
その分、子どもへの負担も、バランスの取り方も難しくなります。小さ目の自転車で、まずは成功体験をさせるのがよいでしょう。
一回ですいすい乗れる子は少ないですよね。夕方になり、帰り時間も気になる所ですが、前回よりも進歩したと子どもが思えたところまで粘りましょう。
「今日もできなかった」と、肩を落として帰るより、「今日は、前回よりも10秒長く乗っていられたね」「足を付けずにできたね」など、その子なりの成長を細かく見て伝えてあげましょう。
次回に練習する時まで、モチベーションが維持でき、自転車練習を自分からしたいと、思えるでしょう。

【Tips 3】慣れてきたら、緩い坂道で発進させよう


自力で発進する感覚を身に着けよう!


自転車に慣れて、ちょっと乗れるようになっても、なかなか乗り越えられない壁が、自力で発進すること。
バランスを保ちながら、自分の足で体重をかけて漕ぎ始めるというのは、子どもにとって、実はとても難しい動きの連続です。
傾斜の緩い坂道なら、動力を助けてくれ、漕ぎ出しの力を強くかけずに発進できるのでおすすめします。ぜひ、試してみてください。
 
公園内などの安全な場所がベストです。やむを得ず、道路で練習をする際には、交通量の少ない場所を選びましょう。車には、くれぐれもご注意くださいね。

初めての自転車におすすめ


ピープル いきなり自転車シリーズ


自転車、練習、コツ、乗り方、いきなり自転車の画像出典:http://www.people-kk.co.jp
PEOPLE(ピープル)の自転車は、カラフルでおすすめ。サイズ調整ができるので、長く使用できます。
14インチタイプもあるので、自転車の補助輪外しをスタートしたい子どもにも使いやすいサイズです。
大きな自転車は、かっこいいですが、始めからあまりサイズが大きすぎると、子どもには乗りにくくなってしまいます。(大人でも、そうですよね)
14インチぐらいの時から、自転車を練習し始めると、補助輪外しへの移行もスムーズになるかもしれませんね。

まとめ


自転車の補助輪外しは、子どもにとって大きな成長段階のハードルの一つです。コツを参考にしてくださいね。
パパとママの共同作業でサポートして進めていきたいですね。パパは、ガッシリと子どもの補助を。
ママは、その日の練習の成果や、過程を「よく頑張った」と褒めてあげましょう。褒められてできた体験が、子どもを自転車好きにする一番の練習方法です。
ビデオやスマホで成長過程を撮っておくのも、自宅で見返しができて便利ですね。自転車デビューの成功を祈っています!

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード