折り紙は教育効果が抜群!平安時代の末期頃から庶民に広まった折り紙は、手の発達を促し、手の発達は、脳に良い刺激を与え、脳の発達にも良い影響を与えます。実際、手先が器用な子どもは、知能が高く、加えて、運動神経も良い、という研究結果も出ています。
 
また、教育効果に加え、手軽さも魅力の1つ。市販の色とりどりの折り紙で折るのも良いですが、チラシや新聞紙でも楽しめます。おでかけ先や移動の最中でも子どもと一緒に楽しめるおすすめの遊び方の1つです。
 
今回は、意外と簡単な「花」の折り紙での折り方を動画でご紹介します!
是非、子どもと一緒にお花を折って、パーティーや誕生日会やクリスマスの飾り付けに利用してみてください。
 
※おでかけ先や移動中の遊びには手遊び歌もおすすめ!手遊び歌の動画まとめはこちら
 
お花の折り紙を折って子連れでおでかけ



折り紙「バラ」

折り紙「バラ」のために準備するもの

・赤色の折り紙


折り紙「バラ」の折り方の動画


youtube

バラの花は中世ヨーロッパの時代、神に捧げる薬草として使うために修道院で栽培され、当時は一般の人が栽培をすることは禁止されていました。
そのために、一般人は希少なバラに憧れて、しばしば芸術作品にもバラの花が描かれてました。


折り紙「睡蓮(すいれん)」

折り紙「睡蓮(すいれん)」のために準備するもの

・ピンク色の折り紙


折り紙「睡蓮(すいれん)」の折り方の動画


youtube

フランスの印象派画家モネが描いた事でも有名な睡蓮の花。古名は「ヒツジグサ」といいます。その由来は朝に開きはじめ、午後2時頃の「未(ひつじ)の刻」になると最高潮になり、やがて閉じるからだといいます。


「【特集】人気の定番+最新折り紙の折り方動画まとめ」へ


 
・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード