神奈川県の北部に位置する相模原には魅力的なスポットが沢山あります。中でも穴場的な存在の3つの科学館&博物館をご紹介します。
 
t* 写真はイメージです
 
 

【1】相模原ふれあい科学館


今年3月にリニューアルオープンした珍しい川魚の水族館!


子どもに人気でも穴場な相模原ふれあい科学館の画像01出典:http://sagamigawa-fureai.com/map/
 
 
川魚を観察できる珍しい水族館です。相模川の上流から下流までを巨大水槽で観察できたり、映像でも川の様子をウォッチングできますよ。
 
イルカやペンギンのいる水族館のような華やかさはないけれど、身近な川の様子に子どもたちも興味津々。
 
タッチパネルでお魚の塗り絵ができるコーナーもあります。完成したぬり絵作品は、真ん中にある水槽を模した大画面のなかで自由に泳ぎます。他にも、クイズ形式で相模川について学べたり、子どもたちが楽しめる仕掛けが沢山あります。
 
 

魚の餌付け体験ができる!


子どもに人気でも穴場な相模原ふれあい科学館で魚に餌付けの画像出典:http://sagamigawa-fureai.com/events/
 
 
魚の餌付け体験は、大人気。コイ、アユ、アブラハヤやウグイなど難易度別に分かれた水槽に餌を握った手を直接いれます。お魚たちが集まってきて、ツンツンと餌をおねだり。
 
初めはびっくりしてすぐに手を放してしまった子どもたちも段々と餌付けに慣れてくることでしょう!
 
餌カプセル1個200円。1日400人限定での開催です。ザリガニとの触れ合いコーナーもありますよ。
 
館内は、こじんまりとしていて、1~2時間位で十分楽しめます。外の広場では、水遊びが楽しめます。夏場には、水着とお弁当を持って遊びにくるのもいいですね。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


相模原市立相模川ふれあい科学館


 
 

【2】JAXA 相模原キャンパス


小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げを応援しよう


子どもに人気でも穴場なJAXA 相模原キャンパスのイメージ画像出典:http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/3107.html
 
 
「はやぶさ2」は、2014年11月30日(日)13時24分48秒(日本標準時)に、種子島宇宙センターから打ち上げ予定。種子島まで、応援には行けないけれど、未踏の地に向かう「はやぶさ2」の旅立ちを一緒に応援しませんか?
 
こちらのキャンパスではパブリックビューイングが開催されます。きっと、子どもたちにとって特別な体験になると思いますよ。事前申し込みが必要なのでご注意を。
 
「はやぶさ2」は、小惑星の微粒子を採取して2010年に帰還した「はやぶさ」の後継機。「はやぶさ」が到達した小惑星「イトカワ」と異なり、表面に有機物や水が含まれていると考えられているC型小惑星「1999 JU3」からサンプルを持ち帰ることを目指しています。
 
 

宇宙に夢を馳せてみませんか?


子どもに人気でも穴場なJAXA 相模原キャンパスのロケット画像出典:http://fanfun.jaxa.jp/visit/sagamihara/
 
 
研究施設の一部を見学することができます。実物大の小惑星探査機「はやぶさ」の模型や実物のロケットが展示されています。スタンプラリーも実施されていて、子どもたちが楽しめる工夫がされていますよ。宇宙食の販売もされています。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


JAXA 相模原キャンパス


 
 

【3】相模原市立博物館


申込不要!「はやぶさ2」パブリックビューイング


子どもに人気でも穴場な相模原市立博物館のイメージ画像出典:http://www.isas.jaxa.jp/j/download/data/hayabusa_1024_800.jpg
 
 
こちらでも、小惑星探査機「はやぶさ2」のパブリックビューイングが開催されます。事前申込不要です。当日は「はやぶさ」特集のプログラムが組まれていますよ。
 
「はやぶさ」は、2003年5月に打ち上げられた後、数々のトラブルに見舞われながらもそれを乗り越え、予定を大きく上まわる7年間の長旅に耐え、小惑星「イトカワ」のサンプルを無事、地球に送り届ました。
 
2010年6月13日、サンプルの入ったカプセルを放出した後、「はやぶさ」の機体は地球大気の中で燃え尽きました。
無事の打ち上げを一緒に見守るのもいいですね。
 
 

夜空の星観察会


子どもに人気でも穴場な相模原市立博物館の館内画像出典:http://www.sagami-portal.com/city/scmblog/archives/7098
 
 
毎月数回実施されている星空観察会。当日19時から21時の間で実施されています。
季節の代表的な星座を実際の夜空で見つけ、その時期に見やすい惑星・月などの天体を、天体観測ドームにある口径40cmの大きな望遠鏡や、屋上観測テラスに設置した双眼鏡などを使って観望します。
 
観測テラスに上がる前に、プラネタリウムでその日に見える天体の解説もあるので、お子様と一緒に夜空を眺めるのもいいですね。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


相模原市立博物館


 
 

まとめ


どちらのスポットもお子様の真剣な眼差しや笑顔がみれるスポットですよ。水族館で魚の動きをお子様とゆっくり追いかけてみたり、星空をお子様とじっくりみる時間をつくってみませんか?お子様と宇宙に夢を馳せるのもいいですね。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


1. 相模原市立相模川ふれあい科学館


 

2. JAXA相模原キャンパス


 

3. 相模原市立博物館


 
 

【特集】まだまだあるぞ!流星、月…2014年の天体ショーまとめへ


 
 
※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード