かわいい我が子を母乳で育てているママ。
産まれてからずっとかわいい赤ちゃんと一緒にいて、毎日毎日おっぱいをあげるのは、幸せな時ももちろん辛かった時もありますよね。

産まれたばかりの時は赤ちゃんが上手に飲めなかったり、ママも上手にあげられなかったり、母乳が出なくて悩んだり、乳腺炎などのおっぱいトラブルになったり・・・

でもそんな時期を乗り越え1歳を過ぎると次に悩むのは「卒乳の時期」です。卒乳まで待つ?それとも断乳する?筆者の断乳体験談をお話しします。

卒乳にする?授乳にする?

なぜ断乳するの?

赤ちゃん すやすや,断乳,卒乳,悩み 出典:PIXTA *写真はイメージです

そもそも「卒乳」と「断乳」の違いは何でしょうか?

1歳前後になるとおっぱいのやめる時期を考え出したり、周りからの声で焦り断乳を考えるようになりますよね。
でも、おっぱいには「何歳までにやめなくてはいけない」という期限はありません。

ママからおいしいおっぱいをもらい、たくさんのスキンシップをして、思う存分甘えることも精神的安定につながります。

また、夜の授乳は昼間に受けた刺激や不安を解消する大事な「情緒安定剤」でもあると言われています。

そういう筆者の娘はおっぱい星人で、とにかく昼も夜もことあることに授乳していました。
おっぱいをあげれば落ち着くのでママである私が甘やかしていたのもあるかもしれません。

でもそれで娘が精神的に落ち着くのであれば欲しいだけあげたいな、と考えていました。

しかしいつまでも落ち着くことはなく、一歳になる頃、周りがだんだんと授乳の回数が減っていることに焦りました。

おでかけしても授乳室に行くママ友もいなくなり、なんとなく行きづらくなって授乳ケープで授乳していたのを昨日のことのように思い出します。

断乳を考えるきっかけは?

断乳 スケジュール,断乳,卒乳,悩み 出典:PIXTA *写真はイメージです

皆さんがそろそろ断乳しようかな・・・と考えるきっかけは何でしょう?

色々なママさんの状況があるかと思いますが、大切なことは「赤ちゃんがおっぱいなしでも元気で、ママも赤ちゃんも毎日笑顔で過ごせるか」だと筆者は思います。

筆者はもともとほしいだけおっぱいをあげ娘のタイミングで卒乳、と考えていましたが、離乳食が始まっても回数は減らず、新生児の頃低体重で通院までしていた娘が嘘のように体重が増加しました。

身体測定でも「急激な体重増加は気をつけて」と注意され、せめておっぱいの回数が減ってくれれば・・・と試しましたが一向に減る気配はありません。
このとき初めて断乳を意識しました。

小児科、区役所の育児相談、保健師さん、支援センターなどあらゆる方に相談したのですが、口々に「多分この子は断乳するまで減らないよ。卒乳まで待つのは相当時間かかるよ」と言われ、私の断乳計画は開始しました!

断乳のスケジュールをたてよう

赤ちゃん シール,断乳,卒乳,悩み 出典:PIXTA *写真はイメージです

まず断乳することを決めてから色々な分野の方に相談したりネットで情報収集をし「桶谷式」を参考にして断乳することにしました。

一般的に言われる「断乳できる条件」は揃っていて、あとは実行日を決めるだけ!
わが家はゴールデンウィークの真ん中を狙いました。

夜中子どもが泣いて寝られないことが予想されること、翌日も仕事だと鳴き声も気にしてしまうし寝不足で仕事に行くことになるので、ぜひ連休の時をおすすめします。

断乳日から3日間はできればパパに協力してもらった方が絶対にうまくいくと思います。
断乳についてはママだけで頑張るのではなく、パパとも相談し一緒に乗り切りましょう!

断乳後は母乳マッサージに行くこともおすすめします。
筆者はマッサージの予約をし、その日から逆算してスケジュールを決めました。

断乳すると当然おっぱいが腫れてきて絞らなければならず、自分でまんべんなく絞るには限界があります。
そのまま放っておくと古いおっぱいが小さいしこりとなって乳腺炎になるそうです。
特に次の妊娠を考えている方は初乳がスムーズにいくよう、きちんとケアしましょう。

また、娘には半月前から毎日カレンダーを見て「この日でおっぱいバイバイね。あと○日ね。」と言い聞かせました。断乳日に娘が好きなシールを貼りました。
まだ話せない1歳過ぎの赤ちゃんでもママの言葉は伝わっているものです。

いざ、断乳!

断乳,断乳,卒乳,悩み 出典:PIXTA *写真はイメージです

まず、3日前くらいから日中は家族で外出し、パパとの生活に慣れさせる、且つおっぱいを忘れさせるようにしました。
それまでなかなか回数が減らなかった娘ですが、外出先では何とか抱っこ紐でお昼寝してくれ、夕方は一生懸命パパが相手をし気を紛らわせました。

ただ、この頃一回の授乳量は増えたように感じます。時間も長くなり「良く飲むな~、これで断乳出来るかな?」と不安に思いました。
当時1歳2か月でまだ言葉は話せませんでしたが、「おっぱいバイバイ」は伝わっていたようで今思えば名残惜しかったのかもしれません。

いざ当日!
朝方寝室でおっぱいをあげ「これでバイバイね。」と伝えて本人が満足するまでゆっくりと授乳しました。

朝から家族でおでかけし昼間は成功!
そしてドキドキの夜・・・私は一人寝室に、主人と娘はすぐ起きられるよう寝室で寝ました。

最初抱っこ紐でウトウトはするのですが、なかなか寝付かず。
娘は睡魔の限界と戦い時々ウトウトするものの、とても眠りが浅かったようです。

寝室にいても2・3時間起きにぎゃん泣きが聞こえ、出産してから初めて一人で寝ましたが、気になってほとんど寝付けませんでした。

翌朝ママの顔を見て泣くかな~?と思いきや、以外にもケロっとしていました。
そして寝不足のパパに寝てもらうため二人で近所におでかけしましたが、特におっぱいを欲しがることはありませんでした。

気をつけたのはそこから3日間、日中はとにかくおっぱいを思い出さないようずっと外出していました。
夜は2日目3日目・・・と徐々に減り、4日目に恐る恐る一緒に家族3人一緒に寝てみましたが欲しがることはなく、あっさりと断乳成功!しました。

また、なるべくおっぱいを見せたくないなと思ったので、お風呂はパパと、主人がいない日は子どもだけお風呂に入れ、筆者は後で入りました。

寝かしつけについてはお気に入りのぬいぐるみを抱っこさせたり、寝る前に喉が乾かないようお茶などを飲ませるのもおすすめですよ。
しばらくの間は寝つくのに時間はかかりますが、絵本読んだりお話したり歌を歌ったり、徐々に慣れてトントンで寝てくれるようになりました。

まとめ

周りのママ友からは「意外とあっさりとやめられるよ」と聞いていて半信半疑だったのですが、聞いていた通り娘の断乳は「以外にもあっさり」でした。

断乳当日~3日間くらいは親も子どもも試練だと思いますが、4日目になるとだいぶ楽になります。
ただわが家のように一気に断乳すると断乳後のママのおっぱいは大変ですが・・・。

断乳後は娘が一回り成長したように感じました。
寂しい気持ち半分、やりきった感半分の不思議な気持ちでしたが、家族で一つの山を登り切ったような達成感がありました。

断乳を決意するには子どももママも大変ですが、一度断乳すると決めたら強い気持ちを持って、ぜひ家族で協力して乗り切ってくださいね!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。