治療

治療(4ページ目)

「治療」の記事(116件中 4ページ目)

血管腫は、皮膚や皮膚の下などに血管が増えたり広がったりして起こる、先天性のあざです。ほとんどが良性で、種類には単純性血管...
破傷風の菌は土の中に潜んでいます。子供が外遊びをする中で何気なく土に触れたり、転んで地面に身体をつくことは日常的によくあ...
統合失調症は、以前は「精神分裂病」という病名で呼ばれていましたが、言葉のもつ響きの悪さや分裂という表現の見直しから200...
バセドウ病は甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって甲状腺機能亢進症を起こし、甲状腺の腫大や多汗、頻脈、また疲れやす...
オスグッド・シュラッター病は10歳~15歳位の成長期のスポーツをする子供に起こりやすく、膝のお皿の下の骨(脛骨結節)が徐...
髄膜炎とは大きく細菌性髄膜炎と無菌性髄膜炎の2種類に分けられます。無菌性髄膜炎は比較的小学生の子どもがかかりやすい病気で...
RSウィルス感染症とは、RSウイルスによる呼吸器の感染症のことです。風邪の症状に似ていますが、咳がひどくなり、ゼーゼーヒ...
妊娠中に病気になると、薬の使用が大きな問題となります。妊娠中にインフルエンザにかかってしまったらどうなるのか、タミフルが...
育児ニガテ意識バリバリの働く母さん・みっきーの、仕事と子育ての葛藤の日々を描いています。第6回は、誕生後、早産によって新...
糖尿病とは、血糖値(血液中に含まれるブドウ糖の量)が慢性的に高い状態となってしまう病気です。健康な人の場合、血糖値はすい...
生まれて間もない赤ちゃんによくある症状の1つに「新生児黄疸」があります。珍しいことではないようですが、時には治療が必要に...
赤ちゃんは肌が弱いので少しの刺激でもトラブルを起こしがち。適切な治療で悪化を防ぐことが大切ですが、ステロイド剤の使用に不...
食物アレルギーとは、ある特定の食べ物を食べることによって、アレルギー症状を引き起こすことです。症状はじんましんや嘔吐、呼...
歯医者での治療は、レントゲン撮影をしたり麻酔を使用することもあり、不安を感じる妊婦さんが多いようです。妊娠初期の方からの...
川崎病は、主に0~4歳の子供、特に1歳前後の赤ちゃんがかかりやすい、原因不明の高熱と紅い発疹をともなう病気です。発症する...
虫歯の治療でレントゲンや麻酔を使うことは一般的です。では、妊娠中に歯科治療を受けることでお腹の赤ちゃんに影響はないのでし...
外側へ向かって生えるべきまつげが、内側へ生えてしまった状態をさかさまつげと呼びます。子どものさかさまつげが痛くないのか、...
ぽっこりとした子どもの出べそは、表面に飛び出しているため服にこすれて出血することもあり、ママたちを悩ませています。2カ月...
逆さに生えて目を傷つける逆さまつ毛。今回は逆さまつ毛に悩むママからの相談です。我が子に遺伝する逆さまつ毛にどう対処したら...
赤ちゃんの顔に湿疹が…!お風呂にも入れて清潔にしているのにどうして?生まれて間もない赤ちゃんは、お肌がツルツル!というイ...
子供の中耳炎。完治していなくても、症状が軽ければプールは入れますか?小さい子供は鼻風邪を引くと、中耳炎になりやすいですよ...
どっちがいいの?!子供の花粉症は小児科?それとも耳鼻科?子供の成長にともない、何かあったときに受診する病院として小児科が...
夏風邪の一つとされる「プール熱」。プールで感染が広がりやすいことからプール熱と言われていて、夏場に流行のピークが訪れます...