子宮

子宮

「子宮」の記事(61件)

子宮内膜症の手術を受ければ、妊娠率は上昇する?|専門家の見解
婦人科系の病気の中には、妊娠に影響を与えるものもあります。不妊治療中の女性から、子宮内膜症の手術と妊娠について相談があり...
子宮筋腫は摘出すべき?サイズや個数は関係する?|専門家の見解
子宮筋腫は、不妊の原因になるのでしょうか。また、どれくらいの大きさや個数になったら手術した方がいいのかなど治療の目安はあ...
生理中の血の塊と不妊との関連性は?|専門家の見解
高齢で第2子の不妊治療中の女性から、生理中の血の塊について相談がありました。何も異常がなく原因の分からない不妊で、生理中...
2人を順調に出産、なのに3人目は子宮外妊娠?|専門家の見解
2人の子どものママから、3人目を子宮外妊娠したという相談が寄せられました。次の妊娠でまた子宮外妊娠する可能性はあるのでし...
胞状奇胎の症状は強いつわり以外にも!治療法や次の妊娠は
異常妊娠のひとつ「胞状奇胎(ほうじょうきたい)」の症状や治療法、次の妊娠の可能性についてドクター監修の記事で解説します。...
放置すると10kg以上になることも!?子宮筋腫の原因と症状
子宮筋腫とはどのような病気なのか、その症状や原因について説明します。また、閉経後に子宮筋腫はどうなるのかについてもお話し...
子宮筋腫と妊娠の関係
妊娠してから子宮筋腫がはじめて発見されるケースと、妊娠を望んでいるのに子宮筋腫が原因で不妊になっているケースがあります。...
母乳育児かミルク育児、どちらが良い?|専門家の見解
今回の相談者は、手軽なイメージのあるミルクよりも母乳の方が良いと言われ悩んでいます。実際はどうのでしょうか。
高齢出産の産後の回復は時間がかかる?|専門家の見解
高齢出産で初産婦の女性から、産後1ヶ月で実家から自宅に戻った後の生活に関する相談が寄せられました。高齢出産の場合は、産後...
生理前に起きる腹痛…いい対策はある?|専門家の見解
生理前になると、体調不調に見舞われる方もいらっしゃいます。今回は、生理前に寝込むほどの腹痛に悩まされている20代の女性か...
妊活にお灸は効果あり?自宅でできる方法とツボをご紹介
「不妊症」で悩んでいる女性には、様々な症状を抱えている人がいます。そして「子作り」に対しては、個々の考え方に違いがあるた...
羊水が少ない羊水過少症とは
お腹の赤ちゃんを守る羊水。この羊水が通常よりも少なすぎるのが羊水過少症です。ここでは、ドクター監修のもと、羊水過少症の概...
産後、体調が回復しない。動いた方が早く治る?|専門家の見解
産後6~8週を過ぎて、体調が元に戻らない状態を「産後の肥立ちが悪い」と言います。産後の回復を早めるには心と身体をしっかり...
「安静」っていつまで?産後の安静について|専門家の見解
産後約1カ月間、床上げをするまでは安静にすることが大切です。しかし、安静といってもほとんど動いてはいけないような状態もあ...
妊娠中はかかりやすい!妊婦の腎盂腎炎について
女性が妊娠中にかかる細菌感染症として、もっとも頻度が高いのが、膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染症です。なぜ、妊娠によって尿...
体外受精、初期胚移植と胚盤胞移植どちらが良い?|専門家の見解
体外受精が成功し出産に至るには、受精卵がうまく着床し妊娠が継続しなければなりません。受精卵を初期の段階で子宮に戻すのと、...
妊娠37週を過ぎればいつ出産しても大丈夫?|専門家の見解
正産期と言われる妊娠37~41週までの間なら、基本的にいつ赤ちゃんが出てきても問題ないようです。子宮頸管が短く子宮口を縛...
流産後すぐは妊娠の可能性が高くなる?|専門家の見解
近年は妊活に関して、医学的な情報から体験談など様々な情報が得られるようになりました。流産後の妊娠に関する情報について知り...
流産後の妊活再開のタイミングはいつ?|専門家の見解
悲しいことですが、妊娠をしても出産にまで至らない場合があります。何らかの理由で流産してしまった場合、次の妊活はいつ頃から...
年子の妊娠|リスクとメリットは?上の子はどうする?
上の子がまだ赤ちゃんなのにもう妊娠、どうしよう…。きっと全ての年子ママがそんな不安を抱えた経験があるのではないでしょうか...