基礎体温

基礎体温(2ページ目)

「基礎体温」の記事(75件中 2ページ目)

今回の相談者さんは、排卵予定日前後に少量の出血があり、このまま放っておいて良いものかと悩んでいます。専門家からはどのよう...
妊娠すると、普段とは違う身体の変化に戸惑うことも多いものです。今回は、妊娠してから身体の冷えや火照りなどの体温変化に悩ま...
正常に排卵がある場合の基礎体温グラフは、高温期と低温期の二相に分かれています。高温期は、黄体ホルモンの働きにより14日~...
今回の相談者は、大きな子宮筋腫を切除して半年間妊活を再開したものの、なかなか授からず焦っています。今後の妊活の進め方につ...
基礎体温は、正しく測ることが大切です。今回の相談者は、仕事の都合で決まった時間に体温を測ることが難しいことに悩んでいます...
体温は、健康管理のバロメータの一つです。体温が高めで高温期には37℃を超えることに悩んでいる女性から、自宅で出来る対策に...
今回は、30代の女性からの相談です。子どもの夜泣きなどで睡眠不足が続いた時、低温期が長引いて生理周期がいつもより長くなっ...
基礎体温は毎日起床時に測ることが理想ですが、小さなお子さんのいるママの場合は、目が覚めた瞬間から話したり動かなければなら...
基礎体温グラフの高温期は、14日間続くのが理想的です。高温期は受精卵の着床や妊娠の継続に関わりますので、高温期が短いこと...
妊娠するためには排卵していることが絶対条件ですが、様々な理由から自然妊娠が難しい場合もあります。今回の相談者は、排卵障害...
不妊治療を行うにあたり、クロミッドという薬を内服して排卵を誘発する方法があります。今回の相談者は、クロミッドを服用しても...
妊娠するために重要なことは、排卵日を知ることです。基礎体温の測定は排卵日の特定に役立つと言われていますが、どのタイミング...
基礎体温の高温期がいまいちよく分からないという相談に対し、専門家はどのようにアドバイスしているでしょうか。
一般的な妊娠検査薬は、正しい検査結果を表示するために使うタイミングが定められています。ところが、今回の相談者は生理不順の...
現在、スマートフォンを使用している人の割合は、人口の6割以上といわれています。年代別では、20代で94.1%、30代では...
悲しいことですが、妊娠をしても出産にまで至らない場合があります。何らかの理由で流産してしまった場合、次の妊活はいつ頃から...
妊娠を望んでいると基礎体温に敏感になりますね。基礎体温は、高温期と低温期という2相に分かれています。生理から排卵日までは...
産後の生理再開は、子宮が順調に回復している証拠です。しかし産後、生理のサイクルや期間・経血量が変化し不安を感じるママもい...
妊娠するとホルモンバランスが変化して様々な症状が現れます。赤ちゃんを望んでいる方の多くは、ちょっとした体調の変化に敏感に...
多嚢胞性卵巣症候群についてご存じでしょうか。卵巣の中に卵胞が複数でき、排卵障害の原因になります。今回の相談者さんも、生理...
女性の身体はとてもデリケートです。今回の相談者は20代の女性で、時々ゼリー状のおりものが出ることがあるようです。頻度とし...
高温期のはずなのに基礎体温が低いのは、無排卵月経の症状かもしれません。もしも無排卵月経なのだとしたら、妊娠は諦めなければ...
体質やタイミングなど、様々な要因が妊娠の成立に影響します。今回の相談者は、妊活を開始して1年経っても妊娠しないことに悩ん...
結婚してからの8年間、基礎体温や漢方治療等、様々な方法を試したにも関わらず妊娠に至らなかったという夫婦ですが、最近になっ...
3年間自分たちなりに頑張ってきたにも拘らず妊娠に至らず、不妊治療を開始するべきか悩んでいると言う相談が寄せられました。本...
「赤ちゃんが欲しい。でも、なかなか授からない」と心を痛めているご夫婦が数多くいると言われています。現代はストレス社会とも...
なかなか子どもを授からず、その解決の糸口として「不妊治療」を考えていらっしゃる方も多いと思います。しかし、いつから始めた...
毎日基礎体温を測り、記録することは妊活の基本と言われています。基礎体温をグラフに記録することで、生理日や妊娠しやすい時期...
妊娠を希望する女性ならば、基礎体温について知っている方、測定している方も多いかと思います。基礎体温を毎日測り、グラフに記...
妊娠のしやすさを示す「安全日・危険日」は妊娠する確率が低い日、高い日のことです。多くの人に知られている言葉ではありますが...