学資保険とは?

教育資金が目的

子どもが教育を受けるためにはお金が必要ですよね。

その教育資金を貯めることが目的の保険が学資保険で、「こども保険」と呼ばれることもあります。

子どもの教育にはいくらかかるの?

お金の不安,

平成30年度の子どもの学習費調査によると、幼稚園(3歳)から高校まですべて公立だった場合にかかる教育費は、15年間で約541万円です。

すべて私立だった場合は同じ期間でも、約1,830万円とかなり高額になります。

私立にずっと通わせる場合、3倍以上の教育資金が必要!!

大学や専門学校は学費がトータルで数百万円もかかるため、まとめて用意できる見通しがなければ、前もって資金を準備しなければなりません。

文部科学省が行った調査※によれば、私立大学の文科系の場合、初年度だけでも平均で約118万円がかかります。

※平成30年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)

なぜ、学資保険がよいの?メリットとデメリットは??

あんしんの教育,

学資保険は、このような大金を「計画的に」貯めることができる手段のひとつ。

メリットは
●資金計画が立てやすい
●万が一の時に保障がある
●支払った保険料よりも受け取る保険金が多くなることがある


毎月払いなど決まった金額をこつこつと貯めていく。つまり貯蓄型の保険でありながら、もしも契約者である親が死亡、あるいは高度障害を負ってしまった場合の保障にもなるという特徴があります。

その多くは“もしも”が起こった際、その後の保険料が免除される保障です。

返戻率によっては払い込んだ保険料よりも多くの保険金を手にすることも可能。

返戻率とは、契約者が支払う保険料の総額に対して受け取る「満期保険金」(祝い金が加わることも)の割合のこと。

計画性があり、毎月の支払いとして家計に組み込むことで着実にお金が増えるため「貯金が苦手」という方には学資保険はおすすめです。

一方、デメリットは
●元本割れの可能性がある
●年齢制限がある


やむを得ず満期となる前に解約をしてしまった場合、払い込んだ保険料を下回ることがある点には注意が必要。

また、年齢制限がある点もデメリットと言えます。

学資保険の多くは、契約できる子どもの年齢が0歳から6歳に設定されているため、加入するタイミングを逃さないようにしたいところ。

いつから入るのがベストなの?妊娠6ヶ月がおすすめ!なぜなら…

妊娠6ヶ月,

では、より多くのメリットを受けるために、いつ学資保険に加入するのがよいのでしょうか?

一つの考え方として、「早ければ早いほどよい」と言えるでしょう。

その理由は、「返戻率」は払込期間が短ければ満期時に受取る金額が大きくなる傾向があるからです。

学資をもっとも必要とするのは大学入学(在学中)のタイミングというが一般的。

仮に18歳までに学資を用意する場合、払込期間を短くするためは「より早く」学資保険に加入する必要があります。

そこで、加入するタイミングで最短なのが妊娠6ヶ月です。

学資保険の中には出産予定日まで140日前から加入できる商品があります。つまり、安定期に入る妊娠6ヶ月目から学資保険に加入できるのです。

学資保険の賢い選び方

返戻率を目安に選ぶ!2020年最新ランキングつき

学資保険を選ぶ時のわかりやすい目安として返戻率があります。

ここでは学資保険を扱う各社の商品について、最新版の返戻率※を発表します!

【2020年返戻率ランキング】
1位    105.7% 日本生命(子ども祝い金なし型)
2位(同率)105.5% ソニー生命(無配当 Ⅲ 型)
2位(同率)105.5% フコク生命(みらいのつばさ ジャンプ型)
4位    104.7% 明治安田生命(つみたて学資Ⅰ型)
5位    104.0% 住友生命(たのしみキャンバス)
6位    103.1% 第一生命(こども応援団 Mickey C型)
7位    101.1% JA共済(学資応援隊 大学プラン)


結果として2社が同率2位で並ぶほか上位の会社は返戻率がかなり近いので、こうした保険会社であれば、どこの商品を選んだとしても極端に損をすることはないでしょう。

※「返戻率」以外に「受取率」「返還率」「給付率」など呼称が異なる場合もあり
※各社サイトのシミュレーションおよび独自調べによる(2020年3月2日実施)
※試算上の条件は契約者が30歳の男性、子どもの年齢が0歳、払込期間が10年(歳)、月払い、受取学資総額が200万円(ただし、日本生命は210万円、住友生命は204万円)また、フコク生命は払込期間が11年(歳)

保障はどう考えれば良い?

学資保険を賢く選ぶには、返戻率とともに「保障」も気をつけたいポイントです。

実は、保障を充実させると返戻率は低くなる傾向があるため、支出を少しでも抑えたいなら、保障の内容を見きわめましょう。

最低限これはと思われる保障だけにする、あるいは返戻率を重視して保障はつけないと割り切ることも考えられます。

ここからは「お金のプロ」であるファイナンシャル・プランナーの山本美紀さんとさらに具体的な学資保険について見ていきましょう。

赤字から年間100万円の貯金ができる家計へV字回復!!頼れる先輩ママFP山本美紀さん

山本さんバストアップ,

【プロフィール】
独立系ファイナンシャル・プランナー(CFP®)、家計整理アドバイザー認定トレーナー、日本学生支援機構認定スカラシップ・アドバイザー。神奈川県在住、1男1女(小学生低学年)の母


山本さんは毎年100件以上の家庭にお金のアドバイスを実践。個別の家計相談に応じるほか、ママ向けセミナーや家計整理アドバイザー講座(初級・2級)開催、マネーコラムおよび節約コラムの執筆など活動は多岐にわたります。

約10年間の会社員生活を経て、出産を機に退職。世帯収入が半分となり、家計に不安を覚えたことがきっかけでこの世界へ。

アドバイスした家庭の中には赤字から、年間100万円以上の貯金ができる家計へ再生させた実績もあるのです。

つまり、先輩ママかつ子育て世帯のお金のお悩みに強い!!

山本さんセミナー風景,

2020年「学資保険」最新ランキング!

ランキングロゴ,

ここではコズレ独自の最新ランキングをご紹介!

口コミ・評判・レビューで実施した全18回のアンケート調査と先ほどの返戻率ランキングの結果を合わせてスコア化、上位7位までの学資保険をランキング!

各社の保険を実際に契約した先輩ママの口コミ、さらにFP山本さんの解説を交えながらご紹介いたします。

7位|住友生命

住友生命,

「親の代から」「もともと生命保険で加入」など、住友ブランドの安心感についてコメントが多く見られた住友生命の学資保険。

《住友生命の学資保険を選んだ先輩ママの口コミ》

「長男の学資保険では中耳炎で耳を切開した時に保険までおりました。医療保険も一緒に付けていたので一安心でした。その事もあって長女が生まれた直後から保険の加入を考えすぐに加入しました。もしものことがあった時を考えると迷うことなく入っていてもいいのかなと思います」(aikokeigoさん)

「母の代から生命保険等の保険は住友さんでした。3つの会社から資料請求しました。保険の内容的には他の所のほうが良さげに思えましたが、住友さんの担当の方の人柄と昔からの安心感でここに決めました」(さくらんぼ☆さん)

FP山本さんは、ここに注目!!

中学、高校、大学入学の節目の年に学資祝金および満期祝金を受け取ることができます。お子様は9歳まで加入可、契約内容によりますが、契約者は男性は18~69歳、女性は16~75歳まで加入可能です。お子様の医療特約などを付加できます。契約者が死亡または、障害状態になった際に、保険料払いこみが免除されます。

6位|第一生命

第一生命,

商品の魅力はもちろん、ディズニーファンへのアピールでも強みを見せる第一生命の学資保険。

《第一生命の学資保険を選んだ先輩ママの口コミ》

「担当者がよかったこと、会社が信頼できたこと、ディズニーキャラが好きなこと。そしてなによりも保障内容が気に入ったことが決め手です。P免(特定疾病保険料払込免除特約)の範囲が他社商品よりも広く、何かあったときの安心感が全然違います。返還率は下がるけど、こども応援団にして後悔はありません」(くーしゃんさん)

「他の保険会社だとある程度の歳にならないとお金がおりなくて、第一生命だと3年に1回必ずお金がおりるので決めました。学資保険だけでなく生命保険としても加入できるしその時の健康診断などで安くなる事もあるので決めました」(みーのすけすけさん)

FP山本さんは、ここに注目!!

お子様が10歳まで加入ができます。17歳または18歳から5回に分けて学資金および満期保険金を受け取ることができます。保険料払い込み免除保障の範囲により、3つの型より選べます。お子さんに万が一の際には、死亡給付金が支給され、払込期間は5・10年、15歳、17歳、18歳より選べます。

4位(同率)|フコク生命(富国生命保険)

フコク生命,

兄弟割引が好評で、第2子、第3子の方のコメントも多かったフコク生命の学資保険。

《フコク生命の学資保険を選んだ先輩ママの口コミ》

「3人目をこれから出産しますが、上の子たちに引き続き、フコク生命さんの学資保険に加入する予定です。内容も安心できるし、子どものことも親のことも考えられていると思います。ジャンプ型とステップ型を選べるのも良いと思います。うちは、2人ともステップ型で区切りでお金が入ってくると、色々な準備にもお金がかかるし、実際とても助かります」(RHmama1207さん)

「返金率が他の保険よりも高くていいと思った。また、高校卒業、大学進学または就職の前にもらいたいと思っていたため、相談したところ希望に沿った商品があったため。また偶然好きなキャラクターが使われており、ファイルやタオルなどにそのキャラクターが用いられていてよかった」(air.さん)

FP山本さんは、ここに注目!!

入学・進学するごとに祝金があるステップ型と大学入学時に重点を置いたジャンプ型が選べます。祝金は11/1に支払われるため、受験準備にも活用が可能です。2人目より兄弟割引あり。払込期間は、11歳、14歳、17歳より選べます。「フコク赤ちゃんクラブ」を運営、電話相談サービスやレジャー施設およびレンタカーの割引サービスが受けられます。

4位(同率)|明治安田生命

明治安田生命,

《明治安田生命の学資保険を選んだ先輩ママの口コミ》

年払いで109.0%という高水準の受取率が魅力、明治安田生命の学資保険。

「返戻率の高さで、明治安田生命の学資保険に決めました。返戻率が高いのは、年払いや全額払いですが、この2つだと、どちらもそんなには返戻率が変わらないので、年払いがわが家には合っていました。保険料控除にも使えるので、銀行に貯金しておくよりも良いと思います」(おきぱんさん)

「利率が良く、受け取れるタイミングが何パターンもあり、自分が思っていたものと1番近かったので選びました。加入の際もタブレット加入で時間もかかることなく契約できたのも良かったです」(01chqnさん)

FP山本さんは、ここに注目!!

18歳から毎年1回、4回に分けて受け取ることができ、満期日から5年を限度に据え置くこともできます。お子さんに万が一の際には、死亡給付金が支給されます。24H看護師、保健士に相談できる「妊娠育児相談サービス」を利用可能です。一括払込みすると返戻率は109%までアップ。

3位|ニッセイ(日本生命保険相互会社)

ニッセイ,

生保業界のリーディングカンパニーとしての安心感・信頼感について多く口コミが確認できたニッセイの学資保険。

《ニッセイの学資保険を選んだ先輩ママの口コミ》

「返戻率が他の保険会社の学資保険と比べて魅力的だったから。特に、私はできませんでしたが、ある程度一括で払えたり、短い期間で払い込める人はとても返戻率が良いのでおすすめ。全期払いでも払い込み金額よりは多く返ってくるので、無駄にはならないと思う。なかなか貯金は難しいので、ないよりは入っておくと安心」(ゆいにゃんにゃーんさん)

「医療保険等を見直して夫婦で日本生命に新規で加入したタイミングで、子どもの学資も加入しておきたいと思い説明を聞いた。元本割れが一番心配していたが、元本割れ無しで何パターンか選べ、配当等もあり問題がない事が確認できたので将来の事を考えて加入する事にしました」(ちくわ1224さん)

FP山本さんは、ここに注目!!

祝金なし型と祝金あり型の2プランから選択。払込期間が5年・10年から選べます。24H365日受け付けてくれる「育児相談ほっとライン」の利用ができ、小児科医、看護師、保健士、管理栄養士などに相談できます。また、女性の体の悩みを電話で相談できる「ウェルネスダイヤル エフ」も24H365日利用できます。配当金があるのも特徴です。

2位|ソニー生命

ソニー生命,

ライフプランの設計・提案や高い返戻率で支持を集めたソニー生命の学資保険。

《ソニー生命の学資保険を選んだ先輩ママの口コミ》

「元々は出産前からなにかの学資保険に入りたいなあと考えていたのですが、バタバタしてて後回しにしてしまい、産後に慌てて入りました(笑)自宅を購入した際の担当のファイナンシャル・プランナーさんに色々と相談してもらい、還元率がいいものを求めてソニー生命のドル建てにしました。円高や円安などにより左右されるため素人には扱いが難しいのかなぁと思いましたが、今後の日本の経済状況をみて損することはないだろうと思い、安心しています」( いもあん1さん)

「フィナンシャルプランナーさんがライフプラン設計と現在の家計簿診断をしてくださり、現在の無理のない範囲で学資保険やその他の保険の検討ができた。学資保険は業界ナンバー1ということで安心できた。さらに無駄な出費部分について丁寧に教えてくれたので、家計の見直しができて良かった」(mokomocoさん)

FP山本さんは、ここに注目!!

専属のライフプランナーが付いて、面談してから加入するシステムなので、ご自身のニーズをじっくり相談できます。ドル建てプランもあり、ドルで受け取りも可能です。受け取り期間も家庭のニーズに合わせて3つのプランから選べます。

1位|JA共済

JA共済,

「身内や知人のすすめで」と、周囲の評判を参考にした方が多かったのはJA共済の学資保険です。

《JA共済の学資保険を選んだ先輩ママの口コミ》

「大学学資金タイプなので共済金の据置期間が最も長いため返戻率が高く、また出生前加入にしたのでさらに利回りがよい商品です。商品のキャラクターはアンパンマンで子どもにも大人気ですし、満足しています」(bear912さん)

「何箇所か比べてみて、返戻率が良かったことと、店舗が近くにあって担当の人とすぐに会える安心感で選びました。初めての学資保険だったので説明も詳しくしていただき、将来に備えて安心できる保証にしてもらいました。保険料も無理のないプランを提案してもらえたのが一番良かったです」(ほのなつさん)

FP山本さんは、ここに注目!!

中学・高校・大学プランと、資金が必要な時期に合わせて満期の設定ができます。契約者の万が一の保障の内容に応じても3つのプランから選ぶことができます。契約内容にもよりますが、お子様が12歳まで、契約者は最高75歳まで加入できる点は他の学資保険にはない大きな特徴。お子さんの万が一の保障も手厚いという特徴もあります。

いかがでしょうか。各社とも学資をしっかりと準備するという目的はもちろん、さまざまな特徴がありどれも魅力的ですよね。

思わず「迷ってしまう!」という方には、山本さんのようなプランナーの方にお話を聞いてみるのはいかがでしょうか。

そこでおすすめなのが…

おすすめの学資保険選びは、“無料相談”のほけんガーデン「プレミア」で!

学資保険のプロが無料でアドバイス!プレゼントももらえる!!

FPとの相談,

「でも、保険の相談ってお金がかかるのでは?」

いえ、無料で相談ができるんです!

ほけんガーデン「プレミア」なら、学資保険の知識はもちろん、人柄や経験も含めて厳選されたプロのプランナーを無料で紹介、相談も無料!

1位以外も気になる!複数、検討したい!

返戻率や各商品の特徴は、ある程度わかっても、やはり契約を考えるといくつか候補を絞って検討したいもの。

その中から、自分の家庭に合った商品をプロのアドバイスをもとに決めるのはいかがでしょう。

学資保険を知り尽くしたプロがおすすめ

保険といえば生命保険や医療保険、損害保険、自動車保険、火災保険etc. さまざまな種類があるなか、ほけんガーデン「プレミア」は学資保険専門の無料相談サイトというのがポイントです。

【プレゼント】ベビー用品も!食も!おもちゃも!

選んでもらえるプレゼント!,

今なら、無料相談をしてプレゼントももらえるチャンス!

毎日のお食事に助かるお米も!
オーガニック素材がやさしい!キュートなスタイも!
親子で楽しく遊べるおもちゃも!選べるから、お得★

「学資保険」を真剣に検討しているなら、良い機会ですよ~

まとめ

わが子の誕生で幸せいっぱい!でも、将来のことを考えると、お金が心配…

学資保険は早めのアクションが大事。子どもの教育費を学資保険に強い!「ほけんガーデン「プレミア」でチェックしてみてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード