学資保険についてコズレ会員のママパパに聞きました!

学資保険に加入した時のお子さんの年齢は?

生後0ヶ月~生後2ヶ月の加入が最多

加入した時のお子さんの月齢,学資保険,ランキング,

学資保険に加入した時のお子さんの年齢を聞いてみたところ、生後0ヶ月~生後2ヶ月の時が32%で最多。妊娠中が29%、生後3ヶ月~生後5ヶ月が18%という結果になりました。

現在学資保険に加入しているママパパの約80%が、妊娠中から生後5ヶ月までの間に加入をしたことになります。契約時の子どもの年齢によって、保険料の払い込み期間や返戻率が変わってくることもあります。加入検討をしているご家庭は、妊娠中から情報収集を始めていることが分かりますね。

学資保険は誰が契約しましたか?

父親が54%、母親が44%

ご契約者,学資保険,ランキング,

学資保険の契約者は、父親が54%、母親が44%、祖父母が1%ずつという結果になりました。

学資保険は、生命保険料控除が適用になります。控除の対象になるので契約者は家計の中心者がなることが多いようです。誰が契約者になるかは、各ご家庭できちんと決めておくことが必要ですね。

ママパパが選んだ学資保険ランキング!

総合評価第1位:フコク生命 みらいのつばさ

総合評価:4.32点  ★★★★

基本情報

プランは2種類。子どもの入園や入学(中学校・高校・大学)などの各タイミングで教育資金を受け取れるSステップ型プランと、大学進学を見据えて重点的に教育資金を受け取れるJジャンプ型プランがあります。払い込み期間は、11歳、14歳、17歳の3つから選択することができます。

口コミピックアップ

他の会社に比べて、戻り率が高かったのと、お祝い金をもらえる時期が二種類から選ぶことができたため融通がきくと思った。また、その際も据え置くこともできるので必要な時にもらえるのが良いと思う。加えて、万が一の際も保険料の支払いが免除になるために選んだ。(ちゃん387さん,妊娠中に加入)

決めては幼稚園、小学校、中学校と 入学時にお祝い金として 都度もらうことも可能だということと、 それをもらわずに20歳過ぎに 受け取ることも可能という点です。 やはり、大学行く行かないということも 考えると都度もらうことも可能だし 貯めておくことも可能なので その点を考えて加入しました。(ちゃんとらさん,生後0-2ヶ月に加入)

総合評価第2位:第一生命 こども学資保険

総合評価:4.25点  ★★★★

基本情報

プランは、こども応援団 A型・Mickey B型・Mickey C型の3種類。保険料の払い込み免除保障の範囲(所定のがん、急性心筋梗塞、脳卒中など)のあり/なしが特長。17歳または18歳から毎年(通算5回)教育資金・満期保険金を受け取ることができます。

口コミピックアップ

他社は契約者が死亡した際に保険料を払わなくても学資金が受け取れるというものが多いけど、この商品は契約者がガンなどの三大疾病や介護状態、身体障害状態になった場合でも保険料を払わなくて良くなるから、大黒柱が働けなくなり、医療費等かかる状態になったとしても、配偶者としては安心。(yunamonさん,妊娠中に加入)

妊娠中に自分達の保険の見直しのために保険の窓口へ行きました。その時に一緒に学資保険も加入しました。様々な保険会社があるため、どこが良いか分からず、現在の収入や今後のプランを踏まえていくつかの会社で見積もりを出してもらいました。その中から、自分達にあったものを選択し加入するにいたりました。(みーちゃん3317さん,生後3-5ヶ月に加入)

総合評価第3位:明治安田生命 つみたて学資

総合評価:3.94点  ★★★★★

基本情報

大学進学後、18歳、19歳、20歳、21歳(計4回)のタイミングで教育資金・満期保険金が受け取れるプラン。払い込み期間は、契約時の子どもの年齢によって10歳、15歳とふたつに分かれます。

口コミピックアップ

妊娠中から悩んでおり、周りに勧められたのと、保険会社との商談で気に入ったため、加入した。 もともと明治安田生命を利用していることも決め手となった。 信頼でき安心できる会社であるため。 周りの子持ちの友達や会社の同僚も明治安田生命で、学資保険に加入していたので、メリットデメリット両方教えてもらって検討した。(ゴアガジャさん,妊娠中に加入)

返戻率の良さと、児童手当内で支払えるものでいいプランはどれかを検討して明治安田生命にした。受け取りのタイミングはいいと思う部分と悪いと思う部分があるが、信頼性が高く、安心して掛けれるのでそこは魅力的な部分だと思った。(みぃた3110さん,2歳の時に加入)

総合評価第4位:JA共済 こども共済

総合評価:3.92点  ★★★★★

基本情報

プランは全部で7種類あります。こども共済「学資応援隊」には、3プラン(大学プラン、高校プラン、中学プラン)、こども共済「えがお」には、2プラン(22歳満期、18歳満期)、こども共済「にじ」には、2プラン(22歳満期、18歳満期)と様々。

進学時期に合わせて教育資金が受け取れるので、選択肢が広がります。

口コミピックアップ

数ヶ所見積もりをだしてもらって担当者の方と話し合って決めました。 決めたJAは近くにあり何かあった時にすぐに相談に行けるという点がありました。 子どもの将来のことや金額の面などもきちんと相談にのってもらい素人の私達夫婦にそれぞれ説明して頂けたのできめました。(fu_7さん,妊娠中に加入)

インターネットでおすすめや口コミを調べていたらたどり着きました。 他の会社より返戻率が良く将来安心だと思い加入しました。 月々の支払いは大変ですが短期払いなので払込満了まで頑張れば少しは学費の足しになるので頑張ります。 キャラクターも子どもの好きなキャラクターなのでいいと思います。(nana1226さん,生後3-5ヶ月に加入)

総合評価第5位:ソニー生命 学資保険

総合評価:3.82点  ★★★★★

基本情報

プランは全部で5種類あり、大きくI型・II型・III型に分かれます。I型は中学・高校・大学などの進学に合わせて、II型は大学の進学時に重点的に、III型は大学などの進学後から教育資金や満期保険金を受け取ることができます。

口コミピックアップ

いろんな会社を比較してソニー生命が一番返戻率が高かったのでこの保険会社に決めました。 高校卒業の時に満期になる保険に入りたかったのですが、高校卒業の時に満期になる保険を販売している会社も少なかったので、その中でもなるべく返戻率が高いものを選びました。(りやんままさん,妊娠中に加入)

まず担当の方が信頼でき、保険内容もうちにあったプランを細かく提案してくださり、契約することにしました。初めての子どもの時はわからないことばかりなので、高校卒業時にどのくらい金額があった方がよいか、などの内容にも平均的な金額を提示してくださり決めやすかったです。(ともみんママ☆さん,生後0-2ヶ月に加入)

総合評価第6位:日本生命保険相互会社 ニッセイ学資保険

総合評価:3.79点  ★★★★★

基本情報

プランは、「こども祝金なし型」と「こども祝金あり型」の2つがあります。「こども祝金なし型」は、大学入学時から毎年1回(通算5回)教育資金を受け取ることができます。「こども祝金あり型」は、子ども祝金ありの特長に加えて、小・中・高校の入学時にお祝い金を受け取れます。こちらのプランは、子どもの加入年齢が0歳~2歳までと短いので留意が必要ですね。

口コミピックアップ

ネットでいくつか比較検討したうえで、保険の総合取扱店に行きました。私が重視したのは返戻金率。

数回に分けて受け取るのは果たして現実的なのだろうか?とも思いましたが、大学や専門学校など授業料に補助が出ても毎年設備費など払うだろうし、もし進学しなかったらその時は毎年分をためてけっこんなどした時に渡せばよいや!と思いました。

店員さんにも同じものを進められたので、こちらの保険に決定しました。
(ミツヱさん,1歳6-11ヶ月に加入)

少しでも産まれてくる子どものためになればと思い、加入しました。この保険を選んだ理由は、返金率が高いことと、大手保険会社で信頼できると思ったことです。子どもが産まれてくる喜びと共に、親になることへの不安がありましたが、加入して、将来に少し安心感がもてたように感じました。(りさ1002さん,妊娠中に加入)

総合評価第7位:株式会社かんぽ生命保険 はじめのかんぽ

総合評価:3.78点  ★★★★★

基本情報

プランは全部で3つ。大学入学時に満期保険金が受け取れる「大学入学時の学資金準備コース」、小・中・高校入学時期に合わせてお祝い金、大学入学時に満期保険金が受け取れる「小・中・高+大学入学時」の学資金準備コース、大学入学後から在学中に教育資金が受け取れる「大学入学時+在学中」の学資金準備コースがあります。

出産予定日の140日前から加入ができるのが特長のひとつです。

口コミピックアップ

加入の決め手になったのは保険について話を聞いた時に実際に入った際の月々に支払うお金について細かく調べてもらえたことが大きかったです。また、他のプランとも比較して話してくださったので自分の家庭にあったものを選ぶことができました。 手続き後は、特典でお年玉キャンペーンや粗品などももらえました。粗品は赤ちゃんに使えるものだったので、とっても助かってます。(ささ凪さん,生後0-2ヶ月の時に加入)

還元率が良い会社の学資保険もいろいろ検討したのですが、いろいろありすぎて、よくわからなくなってしまいました。そこでいつでも気軽に聞けたり相談できる、近所の郵便局での、かんぽ学資保険に決めました。すぐ相談できますし、町の郵便局なので、顔見知りで、良くしてくれるのも、とてもうれしいです。(nakonakoさん,妊娠中に加入)

まとめ

いかがでしたか?学資保険と一言でいっても、返戻率はもちろんのこと、保険料の払い込み期間や教育資金の受け取り時期など、プランひとつひとつで変わってきます。

妊娠中からしっかり情報収集しておき、気になることや不安なことは、各保険会社に資料請求したり相談したりしてみましょう!

※期間:2019年12月5日-12月10日 
有効回答数:1058
質問方法:Webアンケート(※なお、回答件数が一定数に満たない場合は対象外にしております)

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード