Q.妊娠中の仕事はセーブしましたか?つわりなど体調を職場の上司に相談しましたか?

妊娠がわかりましたが、力仕事もある職場なのでリスクもあり配置換えをお願いしようと思います。

みなさんは妊娠中仕事内容を変えたり、セーブしたりしましたか?職場の上司や同僚へ相談したり理解は得られましたか?どんなお仕事をしていてどうしたのかなど、体験談など教えてください。

ベストアンサーロゴ,妊娠中,仕事,

A.忙しい部署でしたが、妊娠中の仕事は上司に配慮してもらい、無事に出産できました

匿名さん

私は、職業柄ずっと座ったりできない忙しい部署でしたが、職場の上司が理解ある方でいろんな配慮をしていただき、無事に出産できました。

妊娠36週あたりで切迫の危険性があったので、医師から仕事をしない方がいいといわれ、早めに産休に入ることになりましたが、その際も快く承諾してくださいました。

自分一人の命ではないので、周囲の方々の協力は必要だと思います。自分と赤ちゃんの体調や状況をきちんと話して、周りの人にいっぱい甘えていいと思いますよ。命を育てるって本当に大変なことなので。

楽しいマタニティライフを過ごせる事を祈っています。

編集部からのコメント

質問者さんと同じく、座り仕事ではなかったという先輩ママさん。上司の方に相談して仕事内容を配慮してもらい、無事に出産することができたようです。

他の回答者さんからも、周囲の方に協力してもらった、一人で抱え込まずに相談をしてみた、という回答が多く寄せられました。

その一方で、職場に迷惑をかけているのでは?と、ストレスを感じてしまったり、妊婦さんだからといって特別扱いはできないと理解が得られなかったというケースも。

妊婦さんに通勤緩和や休憩などの措置が必要であると医師が判断した場合、母性健康管理指導事項連絡カードという仕事内容の変更や事業主への連絡を的確に伝えられるカードもあります。こういった制度も活用していきたいですね。

他の先輩ママはどのように仕事をしていたのでしょうか?そのまま続けた方、仕事内容を変更した方、やむなく退職した方、様々な体験談が寄せられました。ぜび参考にしてみてください。

A.妊娠中は、仕事内容を変更しました

立ち仕事ですが、座り仕事を増やしてもらいました

私は、仕事柄、たちっぱなしなのですが、つわり時から職場全員に妊娠を報告していたので、座り仕事を増やしてもらいました。また、勤務時間も早めに上がらせてもらう日も増やしたり、休みも多めにもらいました。(きゅう411さん,ママ,31歳,茨城県)

自ら上司に相談して周りの方に助けてもらいました

私も体を動かす仕事でした。上司には妊娠2ヶ月くらい、気づいた時点で報告し、特に体の負担が多い仕事は省いてもらいました。職場の同僚にも妊娠が確定してすぐに伝えると、私が少しでも力仕事をしようとすると代わってくれるようになりました。

その後も仕事内容が負担だと感じたら、自分から上司に相談し負担を減らしてもらいました。安定期に入るまで報告するか躊躇するかもしれませんが、体が1番なので、私はなるべく早く報告し配慮してもらうのが大切かなぁと思います。
(のん75さん,ママ,29歳,北海道)

内勤のみにしてもらい、上司をサポート!ただし、女性からの無言の圧力が…

建設会社で総合職として働いています。妊娠中は無理のない範囲で今まで通りに勤務していましたが、建設業という事で高所に上がる事もあるので、妊娠中の突然の貧血や立ちくらみを考慮して高所には登らない・重たい物は持たない等の自分なりにセーブして仕事していました。

妊娠8ヶ月頃にはお腹が出てきて足元が見え辛くなってきたので転倒に配慮し、直属の上司に相談して内勤のみで働かせて貰い、自分の代わりに外勤に行く上司のサポートに徹しました。

上司や同僚が既婚男性であった事で、逆に妊娠・出産に対する理解が得られやすかったです。反して一般職の独身女性からの無言の圧力の方が精神的に辛かったです。
(nicocakeさん,ママ,40歳,東京都)

妊婦に理解がある働きやすい職場です!

私も力仕事も多かったので、職場は一緒ですが、勤務時間、仕事内容を変えてもらってそのまま出産予定日の1ヶ月前まで働く予定です。妊娠してみないと分からないことが多かったですが、私の職場は妊婦にとって理解があり、融通が効いているのでとても働きやすいです。(まこぴあさぴさん,ママ,32歳,北海道)

最初は理解してもらえない部分もありましたが、切迫早産気味でそのうち気遣ってもらえるように

私は写真館で働いています。主に、スタジオで撮影やアシスタントをしていましたが、スタジオでの仕事は力仕事も多く、動きまわるので妊娠が分かってからスタジオ業務から受付や着付けヘアーなど、動きの少ない業務へ配置転換をしてもらいました。

また、少し切迫気味だったので妊娠8ヶ月くらいから働く時間を2時間ほど減らしてもらいました。

比較的、職場の理解はあった方だと思います。妊娠初期は一部の人からは理解されていない部分もありましたが、つわりがひどく、見るからに顔色が悪かったので、そのうち気遣ってくれるようになり、産前休暇ギリギリまで働くことができました。
(*かずみん*さん,ママ,28歳,愛知県)

デイサービスの利用者の方からも気遣って頂きました

デイサービスに勤めているのですが、周囲の協力が手厚く、力のいる介助は手が足りない時にするくらいにしてもらえてました。

入浴の介助も体を冷やしちゃいけないと見守り中心の利用者の対応に留めてくれたり、利用者からもトレーニングなど無理して入らないようにと止められることもあるくらいでした。

事務作業の面では変わらず行っていたので、こちらは逆に必要に迫られれば残業もしていました。利用者も大きくなるお腹を楽しみにしてくれていたり、妊婦として胎教にも環境は恵まれていたと思います。
(匿名さん)

最終的に退職することになったけれど、皆さんいたわってくれました

歯科の受付兼助手を交互にしていましたが、妊娠してからは長時間立ってると貧血でふらふらしてしまうので、座り業務の受付専属でさせてもらいました。

つわりで気分が悪い時や、お腹が張ってしまった時も、スタッフルームで横になって休んだり、だいぶ助けて貰いましたよ。結局産休入る前にドクターストップで退職しましたが、みんなも嫌な顔せず身体をいたわってくれました。
(れな0622さん,ママ,29歳,沖縄県)

接客は少なめにして、デスクワークを中心にしてもらいました

立ち仕事だったんですが、接客は少なめにして、裏作業や書類作成、データ入力など極力座ってできることをさせてもらいました。

周りの方の理解がすごくあったため、力仕事は避けたり、接客も極力代わってもらったりしていました。また通勤時間も長かったため、残業もほとんどせず上がらせてもらえました。
(chinapiさん,ママ,24歳,兵庫県)

業務内容の変更を提案してくれました!

一人目の時は看護師で夜勤もしていたので夜勤回数を減らしてもらいました。また、リーダー業務を増やしてもらいなるべく座って働けるようにしてもらいました。

自分から提示したのではなく、上司と体調と相談して職場から提案していただいた業務変更をありがたく受けさせてもらった形でした。おかげさまで産休まで無事に働けました。
(えるりこさん,ママ,29歳,和歌山県

職場に妊婦が4人いたけれど、上司も同僚も気をつかってくれました

妊娠8ヶ月まで看護師として働きました。普段は患者さんを持ち上げたり力仕事もありましたが、妊娠を上司に報告してからは、力仕事をしなくてもいいリーダーに割り当てられることが多くなりました。

同じ病棟に妊婦が4人いたので、他の人への負担が増えて申し訳なかったのですが、上司も同僚も気を使ってくれました。
(こうちゃん917さん,ママ,26歳,熊本県)

無理のない範囲にさせてもらい、早退をさせてもらったこともあります

私は接客業をしていましたが、商品の品出しや売場の変更などの力仕事もしていました。
妊娠後は周りのパートさんや上司の理解も得られたので無理のない範囲で仕事をしました。

私の場合は座っているよりずっと立っている方が楽だったので脚立や重い物を持つ作業は変えてもらい、接客をメインで簡単な売り場の整理や軽い商品の品出し程度にしていただきました。

勤務時間もその日の体調で長くやれる時は長く勤務し、無理だなと感じた時には早退をさせていただきました。
(匿名さん)

周囲の方に恵まれ、重たいものは持たないように気遣ってくれました!

わたしのいた部署では座り仕事のみのポジションがあったので、そこに固定で入る事になりました。お願いした訳ではなく、何か起きたら…と不安視した上からの指示でした。

同僚にも恵まれていたので重いものは持たないよう気遣って頂きました。環境に恵まれていたので参考にはならないかもですが…
(匿名さん)

子どもがいる方も多く、勤務時間を減らしてもらえました

コールセンターで働いていました。妊娠がわかった時点でつわりが酷く、バス通勤だったのですがかなりきつかったです。

仕事内容はセールスと変わりはないのでストレスも多かったのですが、パート雇用だし融通の効く会社だったので、つわりが落ち着く安定期くらいまではお休みをいただき、その後週5日夕方までの勤務だったのを週2.3午前中の勤務で34週まで働かせていただきました。

申し訳ない気持ちもありましたが、周りがお子さんのいる主婦ばかりだったので理解があって助かりました。
(ことりん?さん,ママ,24歳,福岡県)

負担の少ない業務に変えてもらえました!

介護職です。上司に報告したら、移乗介助・入浴介助など力仕事が多いことはせずに、見守りや記録などの仕事に変えてもらいました。一緒に働いてた人もたくさんサポートしてくれたのでとても、働きやすかったです。(うりぽんさん,ママ,27歳,群馬県)

電車が混まない時間にあがれるようにしてもらったり、在宅にさせてもらったりしています

2つの仕事を掛け持ちしています。(営業事務を週3日と大学の研究室週1~2日)両方の職場には元々妊活に前向きな話をしていたのと、つわりの症状が出始めていたこともあり、妊娠が分かった段階(8w)ですぐに報告をしました。

営業事務をしている職場の上司からはつわりが落ち着くまでは日数を減らしたり、電車が混まない時間にあがれるようにして身体第一で過ごすようにと言ってもらえ、大学の教授には自宅でできる仕事を業務委託の形でもらえたりと、体調最優先の働き方をさせてもらっています。

上司は大学生のお子さんを2人持つお父さんですが、奥様の妊娠期間のことをあまりいたわってなかったと言っていました。つわりの話や健診での赤ちゃんの成長を話すと、とても興味深く聞いてくれて、奥様はこうだったなど昔のことを思い出しながら盛り上がります。

当事者の頃は余裕がなかったけど、子育ても落ち着いた今、改めて妊娠ということを受け止めると思いは違うようです。

批判的な職場で悩まれる方もいると思いますが、当時は見えなかったことも違う視点で見ると捉え方も変わってくると思います。上司の頃はどうだったか、奥様のつわりの時にどうしてたかなど経験者である先輩との話題の中から理解を深めてもらうこともできると思います。
(kanata821さん,ママ,35歳,東京都)

座ってできる仕事に変えてもらったおかげで、産休まで働けました!

私は調剤薬局で事務をしていました。妊娠初期はつわりがあって辛かったのですが、何とか気力で頑張りました。

しかし、妊娠8ヶ月の時に私以外の事務が辞める事になり、私もあと少しで育休に入るのでこれからどうしよう悩んでしまいました。それが精神的に来てしまいお腹がよく張るようになり切迫流産になってしまいました。

医師の指示で2週間お休みをもらったのですが、復帰後はお腹も大きいこともあり、座ってできる仕事にかえてくれました。

これは申し出た訳ではなく会社がそうしてくれました。座ってできる仕事もたくさんあるし、忙しくなって手がまわらなくなってきたら私も手伝うようにしました。お陰で産休入るまでは切迫早産以外でお休みすることなく元気な赤ちゃんを出産できました。

心配なら仕事をかえてもらうように申し出た方が絶対いいです。仕事は誰でもできますが、赤ちゃんをお腹で育てられるのは自分だけです。育休を取得して復帰されるのなら、復帰後に頑張って働いて返せば良いと思います。
(Asaママさん,ママ,30歳,愛知県)

つわりが辛かったけど温かい職場で、出来る範囲で頑張れています

つわりなどで仕事を今まで通りに続けていくのが大変辛かったですが、職場が理解あり、温かかったので、自分の体調と相談しながら出来る範囲で働かせてもらっています。

産んだら子どもを1番に考えたいので産むまではできるだけお金をためたいし。大変ですが、頑張って
(みさき1993さん,ママ,25歳,滋賀県)

周りの方が理解のある方ばかり。復帰後にはお返ししたいです!

力仕事もある職場です。妊娠報告後は力仕事からは外してもらえたので、他の軽作業や事務処理など率先してやるようにしました。力仕事が出来ないもどかしさはありましたが、上司や周りのスタッフがママさんばかりで理解もあり、復帰後にお返ししようと思っています。(みん666さん,ママ,31歳,石川県)

A.妊娠中、そのまま同じ仕事内容で働きました

内容は変わりませんでしたが、出勤日数を減らしてもらえました!

そのまま仕事して内容は変えずに働きましたが、安定期までと産休直前の数週間は出勤日数を減らしてもらいました。

上司からの指示で重たいものを持つなど負担になる作業は、しないように、させないようにと周りに周知してもらえる環境だったので、気は遣いましたが安心していつも通り働けました。
(匿名さん)

もし次の日に自分がいなくても仕事状況が分かるようにしておくことを心掛けました

工場の事務職をしています。基本的には電話対応とPC操作他してます。今までに産休を取った方が2人居るので男の人が多い職場ですが理解があります。

健診や急な体調不良で休む事があったので、出来る限り次の日に自分が居なくても仕事状況が分かるようにして帰ることを心がけました
(おちゅんさん,ママ,23歳,千葉県)

基本的には変更できない業務内容。それでもできるだけ軽減して下さいました

クリニックで看護師をしてます。仕事内容の変更を申し出たわけではありませんし、基本立ち仕事ばっかりで変更できることも少ないです。

でも、その中で上司が出来るだけ座っての仕事が増えるように、重労働を避けられるように仕事配置を考慮してくれていたのでとてもありがたかったです。
(P-ちゃんさん,ママ,29歳,静岡県)

体調不良の時は本当につらくて、逃げ出したい葛藤と戦いました

仕事が正社員の保育士で、上の立場ということもあり、仕事内容は妊娠前と同じ内容をこなしていました。悪阻時や体調の優れない時は本当に辛く、何度も逃げ出したい葛藤と戦いました。笑

友人は企業に勤めていますが、短時間勤務に切り替えて貰ったりと優遇して貰っており、職場によってこんなにも違うものなのかと悲しくなりました!
(匿名さん)

仕事中、座れるときは座ったり、工夫していました!

美容師だったのでお客さんがいないときは座ったりカットするときやイスに座っててもおかしくないときは座ってやっていた。フルタイムでやっていたので終わると疲れはでていたが仕事しているほうが悪阻などがまぎれてよかった。(匿名さん)

外食が多く栄養バランスが気になったが、自ら対処法を考えて工夫した

営業の仕事で日中は車移動の外勤、夜は接待や得意先周りを兼ねた飲食が続いた。幸い体調も悪くなく人と接していることで気分が変わり仕事は9ヶ月まで続けた。

しかし外食での栄養過多、バランスはかなりストレスになった。お昼はお弁当にするなどの努力、外勤はできるだけウォーキングを兼ねて営業していた。お腹も目立たなかったのでそれほど周りに心配されたり言われることもなかった。
(puchiさん,ママ,32歳,愛知県)

不安要素があるのなら、今後のことを思うと退職も考えてしまいますよね…

私は、薬局で事務をしていたので、力仕事とかはほとんどなかったのですが、職場の人達がいい人で、なるべく負担が少ないように、配慮してくれていたので、臨月まで仕事を気持ちよく続けることができました。

しんどいな、と思った時にはいった方がいいと思います。それで、理解が得られないのなら、次また妊娠した時もそうなのか、と思うと憂鬱ですよね?仕事復帰来た時も不安じゃありませんか?それなら、仕事内容を変えてもらうか、辞めるか、、少し考えますね。。
(ゆみぴょんさん,ママ,25歳,広島県)

いつも通り働くほうが、ストレスをためずに済むかも

内容は同じでしたが、上司に妊娠が分かった初期の段階で報告し、辛いときは休めるように全てを一人でするのでなく、必ずフォローをつけてもらうようにしてもらいました。

お腹が出始めると周囲も妊娠に気付き、気をつかってくれましたが主治医の先生から何も言われない限りいつも通り動いてる方が安産になるよって子持ちの先輩たちに言われてそうしていました。

しんどいときは無理をせず助けてくれる環境を作ってもらえたのは早めに報告したことや、その都度上司と今自分にどのくらいの事ならできるかを話し合えたことが最後まで気持ちよく働けた上で大切だったなと思います。
(匿名さん)

流産の心配もあったので、早めに相談しました!

保育士をしています。妊娠がわかってから職場に相談してみなさんに協力してもらいながら仕事をこなしていました。

理解していただいたこどで気持ちが楽になり、仕事もしやすくなったのは事実です。増して初期の段階ではきつい仕事をしてしまうと流産の危険もあっため早めに相談しました。
(ゆらまま418さん,ママ,28歳,山形県)

早めに伝えることで、妊娠後も自分のペースで働けました

デスクワーク中心の仕事だったので、妊娠発覚後も同じ仕事を続けた。職場には早めに妊娠したことを伝え、重い荷物を運んだりする仕事からは外してもらった。

母子保健にかかわる仕事をしているため、職場の方はみなさん理解があり、産休に入るまで自分のペースで働くことができたと思う。
(さとはらさん,ママ,30歳,福岡県)

体調を考慮して業務時間を減らしてもらえました

仕事内容はいままでと変わらないままでしたが、上司に相談して、終了時間を1時間ほど早く終わるようにしてもらいました。体調がよくない時などは、早退なども対応してもらいました。
接客の業務もありましたが、なるべく他の方にお願いをして、オフィスワークが中心でした。
(匿名さん)

お店が落ちつた時間に上がらせてもらうなど、協力してくれました

わたしはお寿司屋さんで働いてました。においつわりで吐き気がひどかったのですが、なんせランチタイムは忙しいので吐く暇もなくただただ過ごしてました。

お店が落ち着いた時間に上がらせてもらうことはありました。でもできるだけ仕事をして帰りました。
(しぃぽんさん,ママ,24歳,静岡県)

体調が悪くても言えなくて、我慢してました

私の仕事は脱毛の仕事なので体を曲げて同じ体勢で仕事をしたりと負担は大きかったですが、1日に接客する人数も割と少なめでしたのでどうにか大丈夫でした。

周りは独身の年が9歳以上離れた子が多く、妊娠について全く興味が無い感じで、気を使ってくれませんでした。

働く限りは自分も気を使われない覚悟で働いていたので諦めて居ましたが、つわりのひどい方とかは周りに気を使ってしまって働きづらいと思います。私は体調悪くても悪いとは言えなかったので我慢していました
(匿名さん)

腰痛が辛かったので、座らせてもらいました!

私はヘアーメイクの仕事だったので一日中立っている仕事でしたがお客様の予約がない時は座らせてもらってました。あと、腰痛が出てきたので後半は頻繁に座らせてもらいました!後半は仕事が終わってから帰宅してからも腰痛が続いて結構辛かった。(まなしょうさん,ママ,34歳,北海道)

時短勤務ですが、お休みさせてもらったりしています

PCカタカタのデスクワークなので仕事内容はそのままでした。しかし、つわりや体調が優れないときはお休みしたり遅刻して出勤していました。上の子もいて保育園のお迎えがあり時短勤務ですが、周りにママさんが多いというのもあり、あまり気を使わずに過ごせています。(匿名さん)

流産の経験があったので、なかなか公表できませんでした

私は基本的には座ってパソコンと電話、来客があれば立って説明をするような仕事だったので、特に変わらず働きました。残業もしていました。2回流産をしていたので、上司以外にはなかなか妊娠を公にもできず、それまでと同じように働きました。(匿名さん)

早朝当番からは、外してもらいました

SEをやっています。パソコンをカタカタするくらいで力仕事はないので、仕事内容は変えませんでした。

ただ、週に2回ほど早朝に出勤してシステムメンテナンスを行わなきゃならないのですが、その当番からは外してもらいました。朝は日中に比べて体調がよくない日があったので、助かりました。職場の方も快く受け入れてくれました。
(温ちゃんさん,ママ,26歳,東京都)

お茶休憩はちょくちょくとっていました!

妊娠中、お腹がだいぶ大きくなってギリギリまで電車で通勤してました。でもトイレも行きやすい職場だったのでトイレやお茶休憩はちょくちょくとってました。3人目はギリギリまでやりたかったのですが、体力的に辛く、臨月までで産休に入ったらすぐ生まれました(゚∀゚)(バマさん,ママ,33歳,岡山県)

出来る事はやるようにしています。産休までの手続きに不安はあります。

職場の配慮もあり、続けられています。介護職になるので、移乗とかはできないので考慮してもらったりしてます。できることは、やるという感じで仕事してます。周りの理解もあり、働きやすいです。ただ、産休とかになるまでの手続きとかを知らない上司なので大変です。(匿名さん)

休憩を長めにとらせてもらったりしていました

約8年弱働いた会社でした。立ち仕事で重たい荷物も持たないといけない時もありましたが、妊娠初期の時には報告していました。報告する時期を迷っていたのですが、周りの方たちがとても優しいし協力的でしたので本当にありがたかったです。

つわりもほとんどありませんでしたが、しんどい時などは休憩を長めにとらせてもらったりしていました。四月に出産予定なので二月末で退職しました。今はゆっくり妊婦生活を楽しんでます。
(ふぉれすとさん,ママ,31歳,三重県)

お腹の赤ちゃんの変わりはいない!退職も一つの手です

わたしはいま看護師として働きながら妊娠しています。看護師は体力仕事で体をたくさん動かしお腹にも負担がかかります。立ち仕事で中々座ることもありません。その為切迫流産になる可能性は高くわたしも切迫流産疑いとなっています。

お腹の中できちんと育てる為には少しはみんなの力が必要になってくるとおもいます。スタッフの変わりはいる、だけどお腹の中の赤ちゃんのお母さんの変わりはいない。無理な時は仕事を辞めるのも一理あります。
(ともぴょん07さん,ママ,27歳,福岡県)

在宅でも対応できるようにパソコンの設定を変えてもらいました!

パソコンに向かっての仕事だったので、そのまま同じ内容で働きましたが、つわりのときはかなりつらくて1時間の間に何度もトイレに立つことが多かったです。

職場の上司には早いタイミングで伝えて、大変なときはお休みをもらいました。在宅でも最悪可能なようにパソコンの設定を変えてもらったりの対応はしてもらっていました。
(ma*。さん,ママ,28歳,長野県)

事情を説明して、座らせてもらうこともありました

ショールームレディーをしていました。基本ヒールで立っているので、お腹が出てきた頃は、腰痛も少しずつ出てきて辛かった。しかし周囲に女性も多くいたので、事情を話し座らせてもらう事や重い荷物は持たない様な配慮をしてくれました。(匿名さん)

安定期に入る前に報告し、サポートしてもらえました

そのままの仕事をしました。ただ、同じ職場の人でサポートをお願いする可能性がある方には安定期に入る前に妊娠を報告し、ご迷惑をかける可能性があることを伝えました。

人にも恵まれ、重たい物を持つ際はサポートしてもらえたため、妊娠中も職場を変えず、仕事をすることができました。
(YUIKO0301さん,ママ,28歳,茨城県)

妊娠した時にすぐに報告したことで、安心感がありました

同じ内容で働きましたが、妊娠がわかった時は直ぐに上司に報告しました。その後、悪阻がひどい時もあったのですが、何かあっても上司は知ってるからと自分の安心にも繋がりました。また、伝えることにより多少の配慮もして頂きました。(匿名さん)

体調の悪い日にお休みできるよう、こまめに報告しました

仕事の内容は変更しませんでしたが、出勤時間と退勤時間を30分~1時間程度後ろ倒しにしてもらい、通勤ラッシュを避けて出社できるように調整してもらいました。

また、体調の悪い日はお休みできるように、自分のしているお仕事の内容やスケジュールを把握してもらえるよう、こちらからの報告は増やしました。
(匿名さん)

会社の制度を活用して出勤時間を遅くしてもらいました!

私の仕事は、接客の際は立つこともありますが、基本座った状態での接客、事務仕事です。その為妊娠によって仕事内容がキツかったり辛かったり等はなかったのでとくに変わらず仕事をしていました。

営業の人が妊娠した場合は内勤に変えてもらったりしていたので、やはり自分がキツければ遠慮なく変更を申し出るべきだと思います。

私は出勤時間だけ、満員電車の時間を避けるため30分遅くしてもらっていました。これは妊娠中に認められる正式な権利として人事制度にあったものです。

利用している人はあまりいませんでしたが、妊娠中は赤ちゃんよりも大切なものはないと割り切って考えて生活をしていました。
(匿名さん)

妊娠初期に上司に報告して、一緒にスケジュール調整をしました

私は経理部に属して居た為、特に仕事内容の変更はありませんでした。しかし経理部が2人しか居なかった為、残業をする事もありました。

私自身の仕事を減らすと上司に負担がかかる事になります。なので、上司への報告は妊娠初期にしました。そして、上司へ相談しながら出産までのスケジュールを考え仕事の進め方の変更を行いました。幸い悪阻も酷くなく、体調も良かったので出産9日前まで働きました。

というのも、代わりに雇った派遣さんが全て仕事を引き継いだ後に辞めてしまった為、ギリギリまで働く事になったのです。

引き継ぎも含めて早めに上司に相談されるのが宜しいかと思います。会社側も代わりの人員を確保しなければなりませんし、ご自身の引き継ぎ等もあるかと思います。不安もあるかと思いますが、ご自身の体のこと、そしてお腹の赤ちゃんの事を第一に考えてあげてください。

私はギリギリまで働いて居ても子どもは元気に生まれてきてくれましたが、出産前は何かと不安もあると思いますのでゆとりのある生活をしてくださいね。
(匿名さん)

つわりの時以外は産休まで働きました!できることは積極的に!

事務仕事だったので座っての仕事をしてました。なのでつわりの時に1ヶ月お休みをもらった以外は産休まで働いていました。ただ重いものを持つときなどは変わってもらったり周りがとても協力をしてくれました。できる仕事は積極的に(りんご0511さん,ママ,31歳,大阪府)

上司がシフトの調整をしてくれました

仕事は看護師(手術室勤務)です。部署異動などはしてませんが、上司がシフトを考慮してくれ時間の短い手術や簡単な手術に入るよう、シフトの調整をしてくれました。例えば、きつくなれば直ぐに座れるや動き回らずに済む等。

私は妊娠が判明し新たな部署へ異動するより、慣れた所で働ける方が楽に感じます。
(匿名さん)

安定期までは直属の上司にしか、伝えていませんでした

力仕事はないもののほとんど立っていることが多い仕事でした。安定期までは直属の上司までにしか伝えていなかったので妊娠前と同様に働きました。

安定期に入って職場の全員に伝えた後も同じように働けていましたが、周りの人達が気を使ってくれて、座ったままでもできるような仕事を与えてくれたので、産休に入るギリギリまでフルタイムで働くことができました。
(yu0527さん,ママ,29歳,茨城県)

夜勤が免除になるまで、働き方は変わりませんでした

看護師で二交代で働いていたが、妊娠しても変わらず働いた。通常は妊娠すると受け持ちなど軽いところを持たせてもらうことが多いが、私の場合は人も少なく、新人さんが入ってきたばかりだったので、妊娠前と変わらない感じだった。産休前1ヶ月くらいから夜勤が免除となった。(べーさん,ママ,27歳,福岡県)

業務内容自体は変わらなかったが、周りの方に助けられました

妊娠前と同じ内容で働かせてもらっていましたが、職場の方々はよく理解があり、周りの方々が気を遣ってくださり、力仕事や、キツイ仕事は私がしなくても済むように交代してくれたりと、とてもよくしてくださいました。(kaho6さん,ママ,28歳,山口県)

座りっぱなしより、ほどよく動けることが良かったです

わたしは小さな職場での事務だったので、仕事内容を変えることなく働くことができました。基本は座ってることが多く少しだけ立ち仕事もあったのですが、それもほどよく運動(?)になって、座りっぱなしより良かったです。

ですが質問者さんのように力仕事などハードな仕事ならばセーブすることも必要かと思います。自分の体調は自分が一番分かっていると思いますが、妊娠中は突然体調が悪くなることもあります。決して無理をしないよう、職場と相談していけると良いですね。
(ちゅん223さん,ママ,27歳,茨城県)

A.妊娠中、仕事をやめました

勤務中に出血があったりしたので、退職を選択しました

そのまま同じ内容で働き続けていましたが接客業だった為お腹が目立ってくる6ヶ月頃にやめました。

勤務中に出血したりお腹が張って痛かったりと色々身体には負担なのかなと思うことが多かったので働くのが好きでしたが辞めることが子どもにとって一番なのかなと思いやめる決断をしました!
(タカラさん,ママ,20歳,北海道)

続けるつもりだったけど、つわりが辛くて退職しました

保育士だったので抱っこやおんぶ、力仕事も多かったので妊娠発覚後すぐに園長に相談しました。本当は仕事内容を多少配慮してもらい続けようと思っていたのですが、つわりが始まると辛かったのでパートだったこともあり、やめてしまいました。(miya@@@さん,ママ,27歳,東京都)

A.妊娠中の仕事 その他の回答

肉体労働でしたので、助けてもらいました!おかげで体調不良がありませんでした

仕事が忙しいなかでも同僚や先輩に助けて貰いながら仕事をしていました。肉体労働のため申し訳ないと思ってはいましたが、実際に働いて体調不良がなく過ごすことができました。育児のしやすい環境で助かりました。(さゆなさん,ママ,26歳,福島県)

私が3人目に妊婦。そのため、周りの方から手厚いフォローをいただきました

大型の歯科医院に勤務していました。立ち仕事です。

同年代の女性中心の職場で、今年度は私が3人目の妊婦ということもあり、周りのフォローが手厚かったです。業務内容は通常通りということになってはいましたが、周りのスタッフが気を遣って少し座って休んできてー!と声をかけてくれたり…。本当に有り難かったです。

幸い私はつわりがほとんどありませんでしたが、双子妊娠のため貧血やお腹の張りが酷く、早退や欠勤する際もお腹の子たちを1番に!無理しないで!と、快く休ませてもらえました。

経産婦の先輩たちから、仕事の代わりの人材は見つけられても、お腹の子どもの母親に代わりはいないんだからね、元気な双子を産んで元気に戻って来なさいと言ってもらえ、とてもうれしく、恵まれた環境に感謝しました。
(おちゃおさん,ママ,30歳,群馬県)

切迫流産をきっかけにエレベーターの使用を許可してもらいました

妊娠初期は通常業務を実施していましたが妊娠4ヶ月の時に出血し切迫流産になり上司から仕事内容をセーブしてもらいました。また普段は階段を使用していたのですがエレベーターの使用も可能にして頂きたました。とても大変でした(みなと0723さん,ママ,26歳,福岡県)

産休にはいるタイミングを1ヶ月ほど早めてもらいました

私は1日立ち仕事で歩く量も多く、また重たいものも持つこともある仕事をしてました。何かあった時の為、安定期に入る前に上司には話していたので、お腹が張ったときや体調不良の時は休ませてもらったり早退させてもらえました。

妊娠3・4ヶ月頃に切迫流産の危険があり、1ヶ月自宅安静で仕事を休むことになったので、上司に話していて良かったと思いました。妊娠後期には切迫早産の可能性があったので1ヶ月ほど早く産前休暇に入らせてもらいました。
(セバスチャンさん,ママ,37歳,鹿児島県)

普段通りの生活を心がけることも大切!

仕事内容は同じですが、時間を短縮しました。理解ある職場だったので、体調が悪いときは休ませてもらい、大丈夫なときは普段通り仕事をしていました。無理しないことは大切ですが、赤ちゃんが順調なら普段通りの生活を心がけるのもいいとおもいます。(ナツみかんさん,ママ,27歳,東京都)

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード