もしも大災害が起こったら。

食料や飲料の備蓄、本当に足りていますか?

防災用備蓄,防災,粉ミルク,

一般に大規模災害が起きた時、地域差はありますが、公的な支援が届くまで3日はかかると言われます。その期間、生活するための備えは、ご家庭で用意することが推奨されています。災害に対する備えとして、下記のような備蓄(大規模災害発生時には、「1週間分」が望ましいとされています)が求められるのです。みなさんのご準備は十分でしょうか。

◎飲料水/3日分(1人1日3リットルが目安)
◎非常食/3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
◎トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロなど

※首相官邸広報サイト 災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~より

乳児がいるご家庭の場合、この中に紙おむつも入ってくるでしょう。そして、なによりも大事なのが粉ミルク!完全母乳のママでも、避難生活のストレスなどで母乳が出なくなることもあるかもしれませんので、万が一の時に困らないためにも、備えておくと安心です。

でも、大きな粉ミルクの缶を防災用のリュックに詰めておくのも…。それに、一度開封したら湿気しやすくなるのも気になります。避難所での生活だってあり得るわけですから。

備蓄の心配は、『明治ほほえみ らくらくキューブ』で解決!

明治ほほえみ らくらくキューブ,防災,粉ミルク,出典:www.meiji.co.jp

『明治ほほえみ らくらくキューブ』は、個包装で、形状がキューブタイプの粉ミルク。1袋で授乳期の1回分となる200mlを作ることができます。

キューブタイプの粉ミルクは、明治が生み出した世界で初めての商品。特許も取っているので世界唯一のもの。(※1)

そして、防災用の備蓄に便利な特長を持ち合わせているんです。ここからはその特長をご紹介しましょう。

計量いらずでポンッ!個包装だから衛生的で避難先でも作りやすい!

『明治ほほえみ らくらくキューブ』は、計量いらずの粉ミルクです。

袋から必要な分だけキューブを出して、ポンッと哺乳瓶に入れるだけ。個包装だから、直接ミルクに手が触れることもなく衛生的です。いつでも、どこでも、慣れないパパでも、簡単にミルク作りができます。

大規模災害時には、避難所生活を強いられることもあり得ます。その場合に「衛生的であること」「誰でも簡単に作ることができること」は、重要なポイントになります。

明治ほほえみ らくらくキューブ,防災,粉ミルク,出典:www.meiji.co.jp

もともと『明治ほほえみ らくらくキューブ』は、ママの育児負担を少しでも軽くしたい、という想いから開発されました。

その便利さが支持されて、日本で一番選ばれている粉ミルクになっています(※2)。こうした他にない特長が、もしもの時の「使い勝手の良さ」にもなっているのです。

長期保存ができるうえ、コンパクトでスペースの心配もなし!

『明治ほほえみ らくらくキューブ』は個包装になっているので、使いたい分だけ開封することができます。個包装を開けなければ、製造日から1年半保存可能なので、長期保存にも向いています。

それに、なんといっても軽くてコンパクトなので、防災用リュックの邪魔にもなりません。

少しずつ使いたい場合でも無駄が出ませんので、購入しておくといざという時に安心です。

備蓄用は約3日分になる16袋入がおすすめ

明治ほほえみ らくらくキューブ,防災,粉ミルク,出典:www.meiji.co.jp

そんな『明治ほほえみ らくらくキューブ』は、使い方にあわせて5袋入り・16袋入り・48袋入りの3タイプのパッケージをラインナップされています(※3)。

災害時の粉ミルクの備蓄の目安は3日分。まだ準備されていない、という方には、毎日粉ミルクを飲む方で約3日分になる16袋入をおすすめしています。

母乳とほぼ同じ成分なので、発育・成長にも安心

アラキドン酸,防災,粉ミルク,出典:www.meiji.co.jp

備蓄として大活躍するだけでなく、栄養面でも大きな安心を与えてくれるのが『明治ほほえみ らくらくキューブ』。

赤ちゃんにとっていちばんの栄養であるママの母乳をお手本に作られているから、1歳頃まで母乳の代わりとして安心して使うことができるんです。

明治は4,000人以上のママの母乳を調査。たんぱく質をはじめとする栄養素の量と質を母乳に近づけました。

また日本で唯一、赤ちゃんの成長を支える大切なDHAとアラキドン酸の両方を母乳の範囲まで配合(上図)しています。

さらに、20万人以上の赤ちゃんの発育調査を行い、母乳で育つ赤ちゃんと同じ成長を目指して作られています。

みなさんも、『明治ほほえみ らくらくキューブ』で、明日からすぐできる防災をはじめませんか。

幼児期のお子さま用の備蓄には『明治ステップ らくらくキューブ』

明治ステップ らくらくキューブ,防災,粉ミルク,出典:www.meiji.co.jp

では『明治ほほえみ らくらくキューブ』を卒業した、1歳以上はどうすればいいのでしょう? 

ご安心ください。3歳くらいまでの幼児期のお子さまの栄養をサポートするキューブミルク『明治ステップ らくらくキューブ』があります。

こちらの備蓄をおすすめします。

※1 (株)明治調べ 2013年9月時点
※2 粉ミルク購入人数No.1(2017年1月~2017年12月)株式会社True Date「True Date」2018年2月9日時点のデータに基づき算出
※3 現在、「ミルクアレルゲン除去ミルク」または「ペプチドミルク」をご使用の方が切り替える際は、医師にご相談ください。

知っておこう!粉ミルクの備蓄以外の豆知識

哺乳びん,防災,粉ミルク,

完全母乳の赤ちゃんは、慣れていない哺乳瓶を嫌がることもあります。そこで、日頃から母乳を哺乳瓶に入れて飲ませる練習をしておくと、災害時の備えになります。

どうしても哺乳瓶が苦手な赤ちゃんは、紙コップなどから直接飲ませる「カップフィーディング(カップでの授乳)」が有効です。これは、哺乳瓶の消毒ができない場合や、哺乳瓶が手元にない場合でも応用できるワザですので、完全母乳でない方も覚えておくと便利ですよ。

カップフィーディングの方法

WHO Cup feeding,防災,粉ミルク,出典:apps.who.int

■赤ちゃんを直立か少し傾けた姿勢で抱きかかえます。
※赤ちゃんの手がカップにぶつかったりたりしないよう、おくるみなどの布にくるみます。
■コップの中のミルクが赤ちゃんの下唇あたりで静止し、カップのふちが上唇に触れるようにします。
■ミルクが赤ちゃんの唇に届くところで固定します。
■生まれて間もない赤ちゃんは、舌を使って飲み始めます。ある程度の月齢になると吸うこともできますが、多少こぼすこともあります。
ミルクを赤ちゃんの口内に注ぎ込まないようにしてください。ミルクの入ったカップを唇で固定し、赤ちゃん自身に飲ませるようにします。
■お腹いっぱいになれば、赤ちゃんが口を閉じてそれ以上飲まなくなります。もし必要量飲まなかった場合は、次回の授乳時に多く飲むか、飲ませる回数が増えるかもしれません。
■1回ごとの授乳量だけではなく、24時間で飲んだ授乳量も計測しましょう。

出典:World Health Organization「Infant and young child feeding Model Chapter for textbooks for medical students and allied health professionals」
翻訳:株式会社コズレ

この記事に関連するリンクはこちら

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。