【1】ウィスパーとジバニャンの鬼三角おにぎり

三角おにぎりだから簡単!

鬼三角おにぎり妖怪ウォッチ,節分,キャラ弁,出典:ameblo.jp

三角おにぎりで作る鬼ウィスパーとジバニャンです。

1. 薄焼き卵を焼いて冷ましておきます。ツノになる人参は小さいので生でも構いませんが、気になるようなら軽く茹でておきましょう。

2. ウィスパーを白ご飯で三角おにぎりにします。ジバニャンはデコふり(はごろもフーズ)のオレンジ色を使用しましたが、ケチャップで色づけしても良いです。

3. ウィスパーは三角おにぎりの大きさに合わせて、目と口を海苔やスライスチーズで作ります。唇はビアハムで、細く口のスライスチーズを囲むように貼り付けます。

4. ジバニャンも同様、大きさに合わせて顔の輪郭をスライスチーズと海苔で作ります。目はチェダーチーズと海苔で作り、鼻は薄切りした人参を貼り付けます。チェダーチーズの代わりに薄焼き卵でも良いです。

5. 小さく三角に削った人参のツノを、サラスパなどで三角おにぎりの頭頂サイドに固定します。余裕があれば、ツノに海苔で縞模様を付けましょう。

6. ウィスパーの頭頂部は生クリームピックを使用しましたが、ない場合はご飯を丸めてそれらしく作りましょう。

7. ジバニャンの頭頂部の小さな髪の毛は、卵黄にケチャップを混ぜた薄焼き卵をカットしたのものですが、なくてもOKです。

8. 薄焼き卵を細長くカットしたものを、それぞれの三角おにぎり下部にぐるりと巻いて、海苔で虎模様を付けて出来上がりです。

作成時間の目安:30分

【2】妖怪ウォッチぷにぷに鬼キャラで作るミニおにぎり3つ

怖~い鬼キャラもかわいい手のひらサイズのおにぎりに!

ぷにぷにを参考にした鬼キャラおにぎり3つ,節分,キャラ弁,出典:ameblo.jp

正面が赤鬼、左上がアニ鬼、右上があまのじゃくです。

【材料】 
・赤鬼 
海苔、ケチャップライス、薄焼き卵、レタスなどの葉、かにかまの赤、スライスチーズ

・アニ鬼 
海苔、デコふり(紫&黄色)、スライスチーズ、かにかま赤

・あまのじゃく 
海苔、デコふり(黄色)、レタスなどの葉、スライスチーズ、かにかまの赤

最初に作りたいサイズの妖怪ウォッチぷにぷにの画像を印刷しておくといいですよ。

【作り方】
1. デコふりやケチャップで色づけしたご飯をラップなどに包んで、手のひらサイズにそれぞれ握ります。

2. なじませている間、それぞれの眉や目、鼻、口を海苔で切り、葉や薄焼き卵、スライスチーズも画像通りカットしてパーツを作っておきます。

3. 赤鬼の海苔パーツやキバは細かいので頑張りましょう。目はレタスなどの葉を土台に、薄焼き卵、海苔の順でケチャップライスに貼り付けます。口は、カニカマの赤、海苔で作った唇をカニカマを囲むように作り、上からスライスチーズで作ったキバを乗せます。

4. アニ鬼の目や口は、土台をスライスチーズで作ってからカニカマの赤や海苔を貼り付けるとしっくりきます。頭頂部は小さく小判型に握った黄色いデコふりをまぜたご飯を乗せましょう。

5. あまのじゃくの目は、最初に海苔を貼り付けてから上にスライスチーズを貼り付けます。カニカマの赤と海苔で赤目部分を作りますが、細かいのでケチャップを付けるだけでもOKです。とにかくパーツが細かいので、カッターやはさみをフルに使用して根気よく作っていきましょう。

6. 各パーツをそれぞれ乗せてけば出来上がりです。貼り付きづらい場合はマヨネーズを使うと良いです。

作成時間の目安:45分(3つまとめて)

この記事に関連するリンクはこちら

【3】鬼ジバニャンのナポリタンケチャップライス

子どもも大好きなナポリタンとケチャップライスで鬼ジバニャン!

鬼ジバニャンのケチャップライス&ナポリタン,節分,キャラ弁,出典:ameblo.jp

ジバニャンの鬼三角おにぎりと作り方はほぼ同じです。

1. 少し大きめのケチャップライスでジバニャンの顔を握ります。スライスチーズで顔の白部分の輪郭、チェダーチーズと海苔で目と口を作ります。

2. 鼻は今回はハムの切れ端で作りましたが、チェダーチーズでも人参の薄切りでも代用可です。

3. ナポリタンを作ったら、ジバニャンの髪の毛(アフロ気味)にして、三角に削った人参の甘煮を耳のようにサイドに添えてツノにします。

4. 海苔でツノに横縞模様を付ければ出来上がりです。

5. ナポリタンの具は小さめに切ると盛り付けしやすいです。フォークでくるくる巻きながらケチャップライスに添えると、より髪の毛らしくなります。

作成時間の目安:40分(うちパスタ作り15分)

まとめ

いかがでしたでしょうか?細かいパーツもあるので、最初は大変だと感じるかもしれませんが、パーツを作っておいてのせていくだけなので、慣れると簡単にできますよ。

日本の文化に根差した節分を、キャラおにぎり・キャラ弁で子どもたちと楽しく過ごすことができると良いですね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。