妊娠中は下痢になりやすい

女性のお腹,妊娠,下痢,出典:www.skincare-univ.com

妊娠中は、下痢や便秘が起こりやすい状態になっています。その原因のひとつに、プロゲステロンという、妊娠に欠かせない黄体ホルモンがあります。このプロゲステロンには腸の働きを抑える作用もあるため、妊娠によって多く分泌されるようになると、腸内が不安定になってしまうのです。

また、妊娠によってホルモンバランスが乱れることで、排泄機能をコントロールする自律神経が乱れることも原因のひとつです。

ほかにも、妊娠中期から後期にかけて、子宮が大きくなる時期には腸が圧迫され、胃腸の活動が妨げられ、胃液の分泌が抑えられます。すると、溜まってしまったものを消化しようと、胃腸が異常な働きをすることで下痢を伴う場合があります。

妊娠初期・中期・後期の下痢で気をつけるポイント

まず、妊娠中の下痢で注意したいのは、自己判断で市販の薬を使わないことです。もし、薬が必要な場合には、産婦人科で相談のうえ、薬を処方してもらうのがいいでしょう。 下痢の症状があまりひどくなければ、食生活に気をつけて様子をみても大丈夫です。

妊娠中はいつも以上に、ゆっくりとよく噛んで食べるようにしてください。食べ過ぎや飲み過ぎの影響も受けやすいので、注意が必要です。特に、冷たいものは控えるようにして下さい。

また、妊娠の段階によって次のような点にも気をつけ、少しでも不安があれば早めに医師の診察を受けるようにしてください。

<妊娠初期>

体の調子が不安定な時期なので、下痢の症状があれば早めに医師に相談して適切な対処をしましょう。胃腸の機能が低下していますから、下痢の症状がみられるときには、おかゆやうどんなど消化のよいものがおすすめです。

脂っこいものや生ものは避けたほうが無難でしょう。 しかし、妊娠初期は食べたいと思うものを少しずつ口にするのが一番です。冷たいものはできるだけ避けながら、食べられるものをよく噛んで食べましょう。

<妊娠中期>

もともと便が軟らかい方で妊娠の経過も安定していれば、軽い下痢になっても、それほど心配する必要はありません。

しかし、腹痛がひどくなったり、激しい下痢が続いたりするようであれば気をつけましょう。おなかが張って、子宮口が開きやすくなる可能性があります。早産の傾向がないか、診察を受けてください。

<妊娠後期>

この時期に感じるおなかの張りは、生理的なものである場合がほとんどです。下痢をしていても、おなかの痛みがすぐに消えるようであれば問題ないと考えられます。

しかし、おなかの痛みや張りの強さが増してきたり、安静にしていても治まらなかったりするときには、子宮口が開いていないか内診してもらわなければなりません。我慢せずに、急いで病院へ行きましょう。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。