目次

離乳食のフレンチトーストはいつから食べられる?

離乳食中期からOK

パンをひたす,離乳食,フレンチトースト,

フレンチトーストに使われる卵黄と牛乳は、加熱すれば7~8ヶ月頃から、卵白は卵黄が食べられるようになった1~2ヶ月後くらいから食べることができるようになります。

そのため、フレンチトーストは卵黄のみの場合は離乳食中期以降、全卵を使用する場合は早くても8ヶ月以降に与えることができます。あくまでも目安なので、離乳食の進み具合を見ながら、少しずつ食べさせて様子を見て下さいね。

離乳食中期の赤ちゃんは、まだまだやわらかいものしか食べることが出来ないため、たっぷりと液にひたしてやわらかく作る必要があります。

また、離乳食後期のつかみ食べが始まる頃には両面を焼いて、手で持ちやすい固さのフレンチトーストにしてあげると赤ちゃんも食べやすいですよ。

離乳食のフレンチトーストの注意点

卵と牛乳のアレルギーに注意!

卵と牛乳,離乳食,フレンチトースト,

フレンチトーストの主な材料である卵と牛乳は、アレルギーを起こしやすく症状が重篤な「特定原材料7品目」のため、初めて食べさせる際には注意が必要となります。

初めて与える場合は、小児科の開いている午前中に小さじ1杯から与えて、その後様子を見てみると良いでしょう。午前中に与えるのは、数時間経ってからアレルギーが発症することもあるためです。

また、万が一アレルギー反応があった時、どの食材が原因かわからなくなるので、初めて食べる食材を一度に複数与えないようにしましょう。

フレンチトーストを食べさせる前に、卵と牛乳はそれぞれアレルギーがないことを確認してくださいね。

卵は、卵黄よりも卵白の方がアレルギー反応を起こしやすいといわれています。そのため気になる方は、まずは卵黄のみのフレンチトーストから始めるといいですね。

もし卵や牛乳でアレルギー反応が出てしまった場合は、アレルギー食材を使わないフレンチトーストのレシピもありますよ!

しっかり火を通すことがポイント!

離乳食に卵を使う時に気をつけなければならないのが、火の通り具合です。

卵にはサルモネラ菌が存在している場合がありますが、しっかり加熱すれば食べられます。乳幼児に食べさせる場合は、75℃以上で1分以上または65℃で5分間以上を目安に、しっかり加熱しましょう。

また、生卵は加熱した卵よりもアレルギー反応が出やすいこともあり、離乳食に卵を使う場合はしっかりと加熱することが大切です。

フレンチトーストは中までしっかり焼けているか表面からではわかりにくい場合があるので、両面を焼いた後、さらに電子レンジで20~30秒ほど加熱してから与えるとさらに安心ですよ。

栄養バランスに気を付けよう

フレンチトーストをメインメニューにする場合、赤ちゃんの栄養バランスを考えると、どうしてもビタミンやミネラル不足が気になります。

赤ちゃんの場合は、肉や魚など具材のたくさん入ったスープを一緒に作ったり、フレンチトーストに野菜などを混ぜたりして、バランスの良い離乳食にしましょう。

フレンチトーストは冷凍保存できる?

焼いたものは冷凍保存OK!

フレンチトースト,離乳食,フレンチトースト,

フレンチトーストは完成した状態で冷凍保存ができます。

毎回作るのは時間がかかって大変ですし、おなかがすいた赤ちゃんに早く!と涙の催促をされることもありますよね。そんな時にはフレンチトーストが冷凍庫にあると、加熱するだけで食べることができて便利です。

フレンチトーストを焼いたら、粗熱をとってからしっかりとラップで密閉し、形が崩れないように大きな保冷材の上か金属トレイの上に並べて冷凍庫へ入れます。やわらかいので、ちぎれたり傾いて形が崩れたりすることのないように、やさしく扱ってくださいね。

フレンチトーストの液を長期間保存するのは衛生的にもよくありません。残った液は捨て、焼き終わったフレンチトーストを冷凍保存するようにしましょう。

離乳食におすすめのフレンチトーストレシピをご紹介!

【1】後期離乳食♪手掴みしよ♡フレンチトースト (粉ミルク使用・卵なし)

残った粉ミルクの消費に!

【材料】
・食パン:1枚
・粉ミルク:カップ半分程度(80~100ml)
・バターもしくはサラダ油:少量

【作り方】
1.食パンのミミを切り落とし、手づかみしやすい大きさに切ります。
2.熱したフライパンにバターかサラダ油をひき、牛乳や粉ミルクを溶いたものに食パンをくぐらせて焼きます。
3.転がしながら焼き、全体に焼き色がついたら完成。

作り方のポイント

テフロン加工のフライパンを使用すると焦げ付きにくく、見た目もきれいに仕上がります。卵を使用しないシンプルレシピなので、アレルギーの心配がある赤ちゃんでも食べられますよ。

粉ミルクか牛乳の半分を赤ちゃん用のジュースに変えて作るのもおすすめ。ほんのり甘い香りがして、赤ちゃんも喜びますよ!

この記事に関連するリンクはこちら

【2】【簡単離乳食】かぼちゃフレンチトースト (豆乳使用・卵なし)

かぼちゃの甘さで赤ちゃんもニッコリ

【材料】
・パン:1枚
・かぼちゃ:20g (冷凍も可)
・豆乳:50cc
・砂糖(なくてもOK):1g
・バター:少量

【作り方】 
1.食パンの耳を切り、食べやすいサイズに切ります。
2.カボチャを柔らかくなるまでレンジで加熱してからつぶします。
3.豆乳を人肌程度にレンジで加熱し、2のカボチャと混ぜ合わせます。
4、食パンを3の液にひたしてからフライパンでしっかり焼き、両面に焼き色がついたら完成。

作り方のポイント

砂糖を入れなくても、かぼちゃの甘味で十分おいしいフレンチトーストです。中はふわふわですが、外側をしっかり焼くことで、赤ちゃんも手づかみしやすくなりますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食★野菜入りフレンチトースト (粉ミルク使用)

すりおろし野菜で栄養もばっちり!

【材料】
・食パン:1/2枚
・小松菜やほうれん草の葉:2枚
・人参のすりおろし:小さじ1
・卵:1/2個 ※アレルギーがある場合はなくてもOK
・牛乳、もしくは溶いた粉ミルク:50ml

【作り方】
1.ボウルに卵とミルク、茹でてすりつぶした野菜とよく混ぜ合わせます。
2.1にパンを入れて、両面をしっかりと染み込ませます。
3.パンをフライパンに並べて弱火で焼き、焼き色がついたらひっくり返します。
4.ふたをして30秒~1分待ち、火を消して少し蒸したら完成。

作り方のポイント

具材がたくさん入っていて焦げやすいので、弱火でじっくり!がポイント。苦手な野菜も、すりつぶして混ぜてしまえば食べてくれるかもしれません。

ほかの野菜でもぜひ試してみて下さいね。最後にお好みでバターをごく少量のせてもおいしいですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食中期~後期☆バナナフレンチトースト (卵白なし)

バナナが甘いので砂糖いらず!

【材料】
・食パン:1/2枚
・バナナ:5cmくらい
・卵黄 :1個分
・牛乳:30cc
・オリーブオイル:少量

【作り方】
1.バナナをフォークなどで細かくつぶし、牛乳と混ぜます。
2.一口サイズにカットした食パンを1に浸します。
3.オリーブオイルを薄く引いたフライパンで焼き、きれいな焼き色が付いたら完成。

作り方のポイント

テフロン加工のフライパンを使用すれば、オリーブオイルなどの油をひく必要はありません。弱火でじっくりと中まで火を通してくださいね。

赤ちゃんの好きなバナナを使ったレシピなので、喜んでくれそうですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】離乳食完了期*きなこフレンチトースト (粉ミルク使用・卵なし)

大人も一緒に食べられるレシピ

【材料】
・食パン:8枚切1枚
・粉ミルク:50ml
・バター:適量
・きなこ:小さじ1

【作り方】
1.お湯で溶いた粉ミルクに、食パンを水分がなくなるくらいまでしっかり浸します。
2.フライパンにバターを溶かしてパンを焼き、お好みの焼き具合になったらお皿にとります。
3.食べやすい大きさにカットしてから再びフライパンに戻し、きなこをふりかけてフライパンでなじませたら完成。

作り方のポイント

パンの耳をつけて焼くとカリカリでおいしいですよ!赤ちゃんの離乳食の進み具合によって判断してくださいね。

粉ミルクがなければ牛乳でもいいですし、豆乳にしてもヘルシーにできますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】レンジDEフレンチトースト☆離乳食にも♪

レンジで時短!忙しい朝にも

【材料】
・食パン:1枚
・牛乳:150cc
・卵:1個
・砂糖:小さじ1

【作り方】
1.ボウルに卵、牛乳、砂糖を入れて混ぜたものに、ちぎった食パンを浸します。
2.耐熱皿に十分に浸したパンを並べ、600Wで1分30秒を目安に加熱します。
3.様子を見ながら中までしっかり加熱したら完成。

作り方のポイント

油分不使用のフレンチトーストは、ダイエット中のママも一緒に食べることができますよ。洗い物も少ないお手軽レシピです。出来立てはあつあつなので、味見をして冷ましてからあげてくださいね。

離乳食であげる場合、砂糖の量は調整してくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【7】離乳食完了期♡フレンチトースト♡おやつも

まずは基本をマスター!優しい風味に家族で大満足

【材料】
・食パン6枚切り:1枚
・卵:1個
・牛乳:大さじ3位
・バター:2g位~
・砂糖:小さじ1

【作り方】
1.食パンの耳を切り取ります。
2.パンを横3縦4等分に切って、切ったパンの真ん中に箸を刺しておきます。平らなお皿に牛乳、卵、砂糖を入れ混ぜます。
3.良く混ざったらパンを並べ、少し浸したら裏返ししばらく置きます。卵液がなくなったら焼いていきます。
4.フライパンにバターをひき、中~弱火にかけて両面をじっくり焼いたら完成です。

作り方のポイント

しっとりとして、噛み切りやすく、手づかみ食べにも最適なレシピです。焼く1時間程前に下ごしらえしておくとしっかり卵液がしみますよ。

卵液ににんじんのすりおろしや、ほうれん草を刻んだものを混ぜるのと、栄養価がアップするのでおすすめです。

余ったパン耳は、バターでこんがり焼いて砂糖を振りかければラスク風おやつに早変わり!いろいろアレンジをきかせて、お気に入りの味を見つけてみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【8】離乳食に♪ミルクきなこ麩レンチトースト (粉ミルク使用・卵なし)

卵なしでふわふわ簡単!手づかみ食べにもおすすめ

【材料】
・小町麩:10~12個
・粉ミルク(または牛乳):40cc
・きなこ:小さじ1/4~1/2
・砂糖:小さじ1/4~1/2
・バター:5g程

【作り方】
1.深さのある皿に、きなこ、砂糖を入れ、お湯で溶いた粉ミルク(温めた牛乳)を入れて溶かします。
2.楽天レシピを見ると後期のレシピのようですが、麩は刻んだり手で砕いたりして使います。
3.小さいフライパンか鍋を熱してバターを溶かし、2を両面焼いたら完成です。

作り方のポイント

小町麩を使っているので、切る手間が不要な簡単フレンチトーストです。きなこの風味たっぷりでおいしいですよ。卵不使用なので、卵アレルギーの子も離乳食後期からおいしく食べられるレシピです。

バターを使いたくない場合は、オーブントースターにアルミホイルを敷き、きつね色になるまで両面焼けばOKです。温かいミルクの方がきなこは溶けやすくなります。

この記事に関連するリンクはこちら

【9】離乳食☆ふわふわオレンジフレンチトースト (牛乳なし)

砂糖不使用栄養たっぷり!オレンジの風味でさっぱり食べやすい

【材料】
・パン(10枚切):2枚
・卵:1個
・100%オレンジジュース:100cc
・人参(すりおろし):大さじ1
・バター:少量

【作り方】
1.卵を割りほぐし、オレンジジュースとすりおろした人参を加えよく混ぜます。
2.1にパンを浸し、しっかり卵液を吸わせます。
3.フライパンにバターを熱し、蓋をして2をごく弱火で両面焼きます。余った卵液はパンにかけて焼きます。
4.両面が焼けたら蓋を外して、さらに少し焼きます。
5.食べやすい大きさに切り分けて完成です。

作り方のポイント

親子でさっぱりと食べられるフレンチトーストです。基本的にオレンジジュースの甘味で充分おいしく食べられますが、甘さが足りなければ砂糖などを追加してみてください。

牛乳不使用なので、アレルギーの子でも食べられますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【10】【離乳食後期】米パンでフレンチトースト風 (粉ミルク使用・卵なし)

米粉パンで小麦アレルギーの子でも安心

【材料】
・冷凍した米粉パン(市販のアレルギー対応パン):1個
・粉ミルク(アレルギー対応ミルクや果汁粉末も可):2杯(40cc分)
・水(湯冷まし等):40cc
・バター(菜種油等も可):1g程

【作り方】
1.ミルクを常温以下の水で作ります。果汁等で代用してもOK。
2.米粉パンを冷凍庫から取り出し、すぐにラップで包んで電子レンジ500Wで20秒間加熱します。取り出したらすぐに約1cm幅で縦にカットし、更に半分にします。
3.全て切ったらミルクの容器に並べ入れます。
4.フライパンを熱してバターを溶かしながら、中火でじっくりと片面がカリっとするまで動かさずに焼きます。
5.焼き上がったら、包丁を水で少し濡らし食べやすいサイズに切って完成です。

作り方のポイント

卵乳小麦アレルギーでもOKなフレンチトーストです。米粉パンでもうまく作れるように試行錯誤して考えられたレシピ。ミルクはお湯で溶かず、パンも完全に解凍しないのがポイントです。

果汁を加えて作る場合は、焦げやすくなるので火加減に注意して焼いてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【11】離乳食後期☆リンゴのフレンチトースト (粉ミルク使用)

砂糖不使用!さつまいもとりんごの優しい甘味がクセになる

【材料】
・食パン(8枚切):1枚
・全卵:1/2個
・牛乳または調乳した粉ミルク:大さじ1
・リンゴ:20g
・さつまいも:20g

【作り方】
1.さつまいもは茹でるか蒸して加熱し、スプーンの背で潰してペーストにします。(パサつく場合はお湯で伸ばす。)
2.リンゴは5ミリ角に切って、レンジで1分~1分半加熱します。
3.食パンの耳を落とし、丁寧に2枚にスライスします。
4.パンにさつまいもペーストを塗って、片方にリンゴをちらしてサンドし、適当な大きさに切り分けます。
5.卵と牛乳(または粉ミルク)を混ぜて卵液を作り、パンをまんべんなく浸します。
6.熱したフライパンにごく少量のバターまたはサラダ油を引き、パンを並べ、蓋をしてごく弱火で片面2分程度焼きます。
7.表面に焼き色がついたら、側面も軽く焼いてできあがり。

作り方のポイント

さつまいもはベビーフードの粉末状のものや、かぼちゃ、じゃがいも、人参などを代用してもOKです。さつまいもペーストや加熱したリンゴの角切りは、たくさん作って冷凍しておくと使いたいときにすぐ利用できるのでおすすめです。

砂糖を加えなくても自然な甘味でとても食べやすくなります。手づかみ食べにもおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【12】離乳食*ロールパンでフレンチトースト

味が早く染み込むロールパン活用レシピ!時短調理でおすすめ

【材料】
・ロールパン:1個半
・卵:1個
・牛乳:大さじ2
・砂糖(なくてもOK):3つまみ

【作り方】
1.ロールパンは食べやすい厚みに輪切りにします。平たい器にパン以外の材料をよく混ぜ合わせたら、パンを軽く浸します。
2.テフロン加工のフライパンを熱し、液に浸したパンを弱火で両面しっかり焼けば完成です。

作り方のポイント

ロールパンは食パンよりも卵液がしみやすいので、忙しい時におすすめです。逆に浸しすぎると扱いにくくなってしまうので軽めに浸しましょう。

食べやすい大きさに切った状態でロールパンを冷凍しておけば、そのまま卵液に浸せば良いので更に時短調理が可能ですよ。月齢に合わせた大きさにカットしてあげてくださいね。

テフロン加工のフライパンを使えば、バターを使わなくてもさっくりとした食感に焼けますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【13】離乳食後期♪トマト味のフレンチトースト☆ (卵なし)

トマトの酸味でさっぱりと

離乳食後期♪トマト味のフレンチトースト☆ ,離乳食,フレンチトースト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】
・食パン(8枚切り):1枚
・トマトソース:大さじ3
・牛乳:大さじ1
・マーガリン:少々

【作り方】
1.食パンは耳を切りおとし、一口サイズに切ります。
2.浅いお皿にトマトソースと牛乳を入れて混ぜ合わせ、1の食パンをしばらく浸します。
3.熱したフライパンにマーガリンを入れ、2の食パンを並べます。
4.両面に軽く焼き色が付くまで弱火で焼いたら完成です。

作り方のポイント

トマトソースを使った、少し酸味のあるさっぱりした味のフレンチトーストアレンジです。このレシピは卵を入れずに作っていますが、卵を入れてもおいしいですよ。

小さくカットしてあげれば手づかみ食べの練習にもなりますね。

この記事に関連するリンクはこちら

【14】ロールパンで人参入りフレンチトースト【離乳食に】 (粉ミルク使用)

余っているロールパンをアレンジして

ロールパンで人参入りフレンチトースト【離乳食に】,離乳食,フレンチトースト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】
・ロールパン:1個
・粉ミルク(調乳前):40cc分
・お湯:大さじ1
・人参:1/4個
・卵:1/2個

【作り方】
1.ロールパンをスティック状に切ります。
2.人参をすりおろし、電子レンジで1分ほど加熱します。
3.粉ミルクをお湯で濃いめに溶かします。ミルクに卵を入れ、よく混ぜます。
4.3で作った卵液に2の人参を混ぜます。
5.4の液に1のロールパンを浸し、電子レンジで20秒加熱します。
6.フライパンに分量外の油を薄くひいて軽く両面を焼きます。そのあと蓋をしてじっくり火が通るまで焼いたら完成です。

作り方のポイント

緑黄色野菜の人参が入ったフレンチトーストで、ビタミン、たんぱく質、炭水化物が一気に摂れる一品です。粉ミルクとにんじんのほんのりした甘さがおいしいですよ。朝食にピッタリのレシピですね。

焦げないように弱火でじっくりと加熱し、焦げそうになったら火を消して予熱で火を通してくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【15】【離乳食後期 手づかみ】豆乳deフレンチトースト (豆乳使用・卵白なし)

豆乳を使って優しくふんわり仕上げて

【離乳食後期 手づかみ】豆乳deフレンチトースト ,離乳食,フレンチトースト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】
・食パン:1/2枚
・卵黄:1/2個
・豆乳:大さじ2

【作り方】
1.食パンの耳を切り落とし、8等分にカットしします。
2.卵黄に豆乳を入れてよく混ぜます。
3.2の中に1のパンをしばらく浸します。
4.よく熱したフライパンに3を入れ、弱火で両面をよく焼いたら完成です。

作り方のポイント

牛乳、卵白不使用のフレンチトーストのレシピです。食べやすい大きさに切ってあげれば、手づかみをし始めた赤ちゃんにもポロポロこぼさず食べやすいのでおすすめです。豆乳を使っているのであっさりとしていますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【16】☆ふーちゃんのまんま☆フレンチトースト (粉ミルク使用)

フォローアップミルクで作れば足りない栄養を補える

☆ふーちゃんのまんま☆フレンチトースト,離乳食,フレンチトースト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】
・食パン(6枚切り):1/2枚
・卵:1/2個
・フォローアップミルク(牛乳でもOK):50cc
・砂糖:小さじ1/2
・バター:3g

【作り方】
1.フォローアップミルクを分量通り作り、少し冷ましておきます。
2.食パンを持ちやすいサイズのスティック状に切ります。
3.卵を溶いて、ミルク、砂糖を混ぜて卵液を作り、2のパンを浸します。
4.フライパンにバターをひいて、3のパンを焼いたら完成です。

作り方のポイント

離乳食などの食事では摂りきれない栄養を補うために作られている、フォローアップミルクを使ったフレンチトーストです。甘さ控えめで栄養もしっかりとれるのがうれしいですね。

お砂糖が入っていると焦げやすくなるので、火加減に気をつけて焼いてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【17】離乳食★お麩でフレンチトースト (粉ミルク使用)

お麩のサイズが手づかみ食べに最適

離乳食★お麩でフレンチトースト,離乳食,フレンチトースト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】
・お麩:赤ちゃんが食べられる量
・粉ミルク:50cc
・卵:1/2個

【作り方】
1.粉ミルクと卵を混ぜて卵液を作り、お麩を浸します
2.楽天レシピを見ると後期のレシピのようですが、麩は刻んだり手で砕いたりして使います。
3.充分卵液がしみこんだら、フライパンで両面うっすら焦げ目がつくぐらい焼き、完成です。

作り方のポイント

植物性タンパク質が豊富なお麸は、実はミネラルも豊富な健康食材。消化にもいいので離乳食におすすめです。そんなお麩を使ったフレンチトーストです。

厚さを半分に切ることで、手づかみでも食べやすくなっています。手づかみに慣れてきたら切らなくてもOKです。お麩は乾物なので、ストックしておくととても便利ですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【18】*:☆ ドーナッツ風バナナフレンチトースト ☆:* (粉ミルク使用)

ドーナツ型でくりぬいて簡単アレンジ

*:☆ ドーナッツ風バナナフレンチトースト ☆:*,離乳食,フレンチトースト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】
・食パン:1~2枚
・湯でといた粉ミルク:80ml
・卵:小さじ1
・つぶしたバナナ:1/4本分くらい

【作り方】
1.食パンをドーナツ型で抜きます。
2.粉ミルク・卵・バナナをボールに入れて良く混ぜ、卵液を作ります。
3.1を2にひたしてお皿に移し、テフロン加工のフライパンで両面を焼きます。生焼けを防ぐために、焼く前にいったん電子レンジで1分間加熱することをおすすめします。

作り方のポイント

型でくりぬく一工夫をするだけで、とてもかわいいおやつに早変わり!赤ちゃんもパクパクと食べてくれるかもしれません。

色々な型でアレンジすると、イベントなどにもおすすめですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【19】★離乳食後期★手づかみ人参入りフレンチトースト

苦手な野菜で作ってみては?

★離乳食後期★手づかみ人参入りフレンチトースト,離乳食,フレンチトースト,出典:hb.afl.rakuten.co.jp

【材料】
・食パン8枚切り:1枚
・人参:5cm
・卵:1/2個
・牛乳:大さじ2
・バター:少量

【作り方】
1.食パンは耳を切って、5ミリ幅の薄切りに切る。
2.人参は皮をむき、おろし器ですりおろす。
3.ボールに2と牛乳、卵を合わせて、食パンを入れてしみこませる。
4.フライパンに少量のバターを溶かして、3を両面を焼いたら出来上がり。

作り方のポイント

苦手なお野菜も、すりおろして卵液に混ぜてしまえばまろやかになって食べてくれるかもしれません。卵液を数種類用意するとカラフルでおいしそうですね。

野菜により牛乳の量を調整してくださいね。

フレンチトーストの離乳食レトルト商品をご紹介!

【1】手作り応援 チンしてフレンチトースト風|和光堂

レンジで簡単!卵不使用のフレンチトースト

和光堂 手作り応援 チンしてフレンチトースト風,離乳食,フレンチトースト,出典:www.amazon.co.jp

こちらは卵不使用のフレンチトーストの粉です。この粉をお湯で溶いてからパンをひたし、電子レンジで加熱するかフライパンで焼くことで簡単に作ることができます。

少し甘めの味付けなので、大人も一緒にどうぞ!時間のない時のご飯やおやつにぴったりですね。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 214
*メーカー:和光堂

商品の特徴
*内容量:15g×4
*原材料:糖類(乳糖、ぶどう糖、果糖)、脱脂粉乳、パンプキンパウダー、食塩/炭酸カルシウム
*商品サイズ(高さx奥行x幅):125.0mm×45.0mm×70.0mm
*9ヶ月~

口コミ

・かぼちゃパウダーが入っているので、きれいな黄色に仕上がります。見た目はしっかりフレンチトーストでした。

・電子レンジですぐ調理ができ、やわらかく仕上がるので朝食にぴったりです。大人もおいしく食べられます。おやつにも活用しています。フレンチトーストというよりパンプティング風です。

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価をに集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

離乳食のフレンチトーストレシピとレトルト商品についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

フレンチトーストは材料が少ない上に、時間のない時にもささっと作れて重宝するメニューです。アレルギーを持った赤ちゃんにも、アレルギー除去のレシピがたくさんあるので安心ですね。

離乳食も中期~後期になってくると大人の取り分けレシピも増えて来るので、一緒に食べることでしみじみと成長を感じることができますよ。

アレンジ次第で栄養面もカバーできるフレンチトーストを作って、赤ちゃんと楽しいお食事タイムを過ごしてくださいね!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。