離乳食のパンについてのポイント

●パンは糖分、塩分、油分が少ない食パンであれば離乳食初期から食べさせることができる
●パンに含まれる栄養素は体をつくる炭水化物やたんぱく質・脂質などがある
●パンに含まれる小麦はアレルギーを起こしやすいため、初めて食べさせる時には小児科の空いている午前中に食べさせるとよい
●卵・牛乳・バターは離乳食初期から与えられないので原材料はしっかり確認する必要がある
●パン粥は離乳食初期から食べさせることができ、りんごやかぼちゃ・トマト・じゃがいもなどを一緒にまぜるのもおすすめ

では、詳細とおすすめのレシピを紹介していきます!

離乳食のパンはいつから食べられる?

離乳食初期の生後6ヶ月頃からOK!

離乳食を食べる赤ちゃん,離乳食,パン,いつから

離乳食は10倍粥から始まりますよね。お粥に慣れてきたら、野菜や魚など少しずつ種類を増やしていって様々な食材を食べさせていきます。それではパンはいつから食べられるのでしょうか?

お粥に慣れた生後6ヶ月頃から食べられます。食べられるといってもどんなパンでも食べられるわけではありません。まずは食パンを使ったパン粥から始めましょう。

パンに含まれる栄養は?

パンには炭水化物が豊富!主食に!

小麦,離乳食,パン,いつから

パンはお米と同じく主食になる食べ物の一つです。パンには炭水化物が含まれています。炭水化物は体を作る上で重要な栄養素の一つです。

体や脳の働きを活発にするためには、炭水化物に含まれる糖質がとても重要です。日に日に成長している赤ちゃんのパワーになりますね。

その他にも、たんぱく質や脂質なども栄養素も含まれています。パンは他の食材との組み合わせも良いので、よりしっかりと栄養が摂れそうです。

離乳食初期のパンの選び方

市販のパンは添加物に注意

パンの種類,離乳食,パン,いつから

市販のパンを選ぶ時はまず食品表示を見て、添加物が入っていないものを選びましょう。

離乳食にはイーストフードや乳化剤などの添加物が入っていないものがおすすめです。他にもサンドイッチ用のパンを選ぶと最初から耳がついていないので便利ですよ。

離乳食初期に向いているのは食パン!他のパンは?

パンの中でも糖分、塩分、油分が少ない「食パン」は離乳食初期、お粥になれてきた頃から食べることができます。離乳食初期~中期の段階では、パンをそのまま食べさせるのではなく、細かくしてパン粥として調理する必要があります。

離乳食後期になると、食パンを軽くトーストしたものを手づかみで食べられるようになります。ロールパンやフランスパンなども食べられるようになります。ホットケーキミックスを使った蒸しパンが食べられるようになるのもこの時期です。

離乳食完了期には、食パンの耳も食べられるようになります。

離乳食初期のパンを食べさせる時の注意点

小麦粉、卵、牛乳アレルギーに注意

牛乳、卵、小麦粉,離乳食,パン,いつから

パンには、アレルゲンである小麦粉が使われています。小麦はアレルギーを起こしやすく症状が重篤な「特定原材料7品目」のひとつです。初めて食べさせる時は、小児科の開いている午前中に小さじ1杯から与えて、その後様子を注意して見てみると良いでしょう。午前中に与えるのは、数時間経ってからアレルギーが発症することもあるためです。

また、万が一アレルギー反応があった時、どの食材が原因かわからなくなるので、初めて食べる食材を一度に複数与えないようにしましょう。

市販の食パンの中には卵や乳製品などが使われていることもあります。離乳食初期は、卵や牛乳、バターなどはまだ与えられないので、原材料をよく確認しましょう。

トロトロに煮て食べやすくしよう

離乳食初期にパンを使う場合は調理が必要です。まずはパン粥から始めましょう。パン粥とは、パンを細かくして粉ミルクやスープなどでトロトロになるまでお鍋で煮たものです。

お米が10倍粥から始まったように、パンも「パン粥」から始まります。トロトロに煮てあるので赤ちゃんも食べやすいですね。野菜や果物をトッピングしたり、野菜スープなどで煮たりなどアレンジもしやすいです。

離乳食初期のパンの下ごしらえ、調理方法

食パンの下ごしらえ

食パン,離乳食,パン,いつから

離乳食初期には食パンがおすすめですが、食パンの耳は固い上に、油が多く含まれていますのでおすすめできません

食パンを離乳食に取り入れる時は、食パンの耳を切り落として、真ん中の白い部分のみを使うようにしましょう。

また、白い部分を小さめにちぎるか、すりおろして細かくします。

パン粥の作り方

離乳食初期から食べられるパン粥の作り方をご紹介します。

1.鍋に下ごしらえしたパンと水分を入れます。(水分はお湯、ミルク、野菜スープなどを使うことができます。)

2.冷めたら、なめらかなるまですり潰して完成です。

パンやパン粥は冷凍保存できる?

パンは冷凍することができます。買ってから1~2日くらいで使い切るのが理想ですが、離乳食初期は、少量しか使わないので、余ってしまうこともありますよね。使わない分は一回分ずつに分けてラップをして冷凍しましょう。

冷凍したパンは、すりおろして使うこともできますよ。冷凍したパンをすりおろせば、調理も簡単です。

また、作ったパン粥も冷凍保存することができます。一回分ずつに分けてラップをして冷凍しましょう。

便利な調理道具は?

パンを離乳食で取り入れる時にあると便利な調理道具をご紹介します。

・おろし金
離乳食初期はパンを細かくする必要があるので、おろし金で細かくすると簡単に細かくなります。冷凍保存してから使う時も、冷凍したままおろし金ですりおろすことができるので便利です!

・ミルクパン
ミルクパンとはミルクを温めるのに適した小さいお鍋のことです。小ぶりで温まるのも早いので離乳食を作る時に重宝します。

大きいお鍋で少量の離乳食を調理すると焦げやすく、作る量も多くなってしまうこともあります。1つあるととても便利なので揃えておくと良いですよ。

離乳食初期におすすめのパンを使ったレシピをご紹介します!

【1】【離乳食初期】 簡単食パン粥

パン粥の基本レシピ

お粥に慣れたり、ちょっと飽きてきたりしたらパン粥に挑戦してみては?パンを離乳食にする時の基本となるレシピです。複雑な工程もないので、簡単そして時短になりますよ。粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは粉ミルクを使ってもOKです。

【作り方】
1.食パンの耳を切り落とし、すりおろします。
2.お湯やミルクでふやかしたら完成です。

完全に冷めたら小分けにして冷凍することができます。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】離乳食☆初期・中期【便秘解消♡パン粥】

バナナでアレンジパン粥!電子レンジで簡単!

離乳食を開始すると便秘になる赤ちゃんも多いと思います。そんな時にうれしいレシピです。おいしく食べられて、便秘解消にもなれば一石二鳥ですね!

【作り方】
1.食パンの耳を切り落とし細かくします。
2.粉ミルクまたは白湯をパンの入った器に入れます。パンが食べやすい柔らかさになるまで量を調整してください。
3.サツマイモを裏ごしし入れ、電子レンジで20秒加熱します。
4.バナナをすりおろして入れます。
5.上からきな粉をトッピングして完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】☆離乳食 初期 ☆イチゴミルクぱんがゆ

あっという間に完成!

イチゴミルクのパン粥は見るからにおいしそうですよね。離乳食が苦手な赤ちゃんもイチゴミルクパン粥を食べたら、離乳食をモリモリ食べてくれるようになるかもしれませんよ!

【作り方】
1.食パンの耳を切り落とし細かくします。
2.イチゴを洗ってからすりおろし、裏ごしします。
3.すりおろした食パンに調乳したミルクを加え、600Wのレンジで1分加熱します。
4.トロトロになったら2のイチゴソースをかけて完成です。

初期の場合は、イチゴはさっとゆででから使ってくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】りんごのパンがゆ

甘くてきっと赤ちゃんも気に入るはず!

リンゴは甘くて赤ちゃんも食べやすいですよね。そんなリンゴを使ったパン粥は赤ちゃんもきっと気に入るはずです。

【作り方】
1.食パンの耳を切り落として、白い部分を細かくします。
2.リンゴの皮をむいてすりおろします。
3.1と2を鍋に入れ、大さじ1の水で柔らかくなるまで炊いて完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】ハロウィン離乳食★初期・中期

イベントメニューを赤ちゃんと一緒に楽しもう!

ちょっと手をかけたかわいいレシピです。このパン粥が出てきたら赤ちゃんもきっとニコニコうれしいはず。少し時間がある時に作ってみてくださいね。

【作り方】
1.耐熱皿に、調乳したミルクかお湯を熱いうちに入れ、そこに食パンをちぎって入れます。
2.20秒ほどレンジで温め、なめらかにします。
3.かぼちゃのペーストを上に乗せ、スプーンで丸くなるように広げます。
4.ほうれん草ペーストは、つまようじを使い目と口になるように乗せます。
5.お好みで飾りなどをして完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】離乳食初期☆ ヨーグルトでクリーミーかぼちゃパン粥

ヨーグルトとかぼちゃの甘味がクセになる美味しさ

離乳食初期☆ ヨーグルトでクリーミーかぼちゃパン粥 ,離乳食,パン,いつから出典:hb.afl.rakuten.co.jp

ヨーグルトは6ヶ月から食べることができるものを使用しましょう。ヨーグルトは牛乳が原料なので、乳アレルギーの赤ちゃんは気を付けてください。

たんぱく質、カルシウムが豊富で、乳酸菌の働きで腸内環境も整えてくれるヨーグルトは、くせが少なく喉越しも良いので積極的に離乳食に取り込んでいきたい材料ですね。

離乳食の進み具合をみて、食パンをちぎったものでは食べにくそうであれば、すりおろして粉状にしてから利用したり、少量のお湯を足して水分を増やしたりしても良いかもしれません。先に食パンとヨーグルトを混ぜてなじませ、その後にかぼちゃを入れると混ざりやすいですよ。

【作り方】
1.器に5㎜程度にちぎった食パン、茹でたかぼちゃ、ヨーグルトを入れて混ぜあわせれば完成です。

【7】離乳食初期☆トマトじゃがいもパン

トマトの風味がアクセントに!

離乳食初期☆トマトじゃがいもパン ,離乳食,パン,いつから出典:hb.afl.rakuten.co.jp

1回分を生のトマトで作るならプチトマトを使うのがおすすめです。湯剥きをしたプチトマトを半分に割り、小さめのスプーンで種を掻き出すように取ってすりつぶします。

また、1回ずつ作るのが面倒であれば、普通サイズのトマトを湯剥きして種を取り除き、ざく切りにした後ですりつぶせば数回分の作り置きができますよ。

1回分ずつ小分けにして冷凍すれば、使いたいときにすぐに使えます。冷凍の場合は1週間を目途に使い切りましょう。生のトマトはヘタがみずみずしくてハリのあるものを選びましょう。

【作り方】
1.ジャガイモは皮をむいてカットし、耐熱容器に水と一緒に入れラップをし、電子レンジでやわらかくしておきます。
2.水を切り、マッシュポテトにします。固ければ茹で汁でのばしてください。
3.トマトは皮と種を取り、必要であれば電子レンジで加熱します。裏ごしするか、食べやすい大きさに細かくします。
4.パン粥にジャガイモとトマトを加えて、かき混ぜれば完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【8】<離乳食初期>きな粉ミルクパン粥

かけるトッピングを変えればアレンジ自在

<離乳食初期>きな粉ミルクパン粥,離乳食,パン,いつから出典:hb.afl.rakuten.co.jp

きな粉は大豆から作られるため、大豆アレルギーの赤ちゃんには注意が必要です。

アレルギーの心配がなければ、きな粉はとても優秀な食材です。ビタミンも食物繊維もたんぱく質も豊富。いつもの離乳食に加えるだけで、マンネリ化しがちな味にも変化が付けられます。振りかけるだけで良いので調理の手間が少ないのも魅力ですね。

購入の際には添加物の入っていない無糖のものを選びましょう。小分けタイプのものもありますが、大袋で購入した場合は残ったものを密閉容器に移し、冷蔵庫で保管するようにしてください。

【作り方】
1.食パンの耳を落として粉々にし、粉ミルクに浸してふっくらするまで待ちます。きな粉をかけて出来上がりです。

この記事に関連するリンクはこちら

【9】<離乳食初期>離乳食ケーキ

おやつやデザート感覚で食べられます

<離乳食初期>離乳食ケーキ ,離乳食,パン,いつから出典:hb.afl.rakuten.co.jp

果物も野菜も旬のものを食べるのが、栄養的にも値段的にも良いですね。ハウス栽培で通年見かけるイチゴですが、やはり春先の甘酸っぱいイチゴを使いたいですね。

このレシピのように裏ごししたピューレ状であれば、赤ちゃんでも無理なく食べることができます。多少の酸味は粉ミルクの甘みがカバーしてくれますよ。初期は、さっとゆでてから使いましょう。

【作り方】
1.食パンは耳を落として細かくちぎり、溶いた粉ミルクに浸します。裏ごししたイチゴでデコレーションすれば完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【10】 <離乳食初期>キャベツ粥

パン粥の甘味がキャベツを食べやすくしてくれます

<離乳食初期>キャベツ粥 ,離乳食,パン,いつから出典:hb.afl.rakuten.co.jp

生でも食べられるキャベツですが、離乳食に使用する場合は必ず火を通します。茹でてもいいですし、細かくしたものをラップに包んで、葉1枚につき1分ほど電子レンジで加熱しても火が通ります。

キャベツは季節によって柔らかさが違います。春キャベツは冬キャベツに比べて柔らかいので離乳食向き。ほんのりとした甘みが食べやすい味です。

固い芯や葉脈は避けて葉先を使用します。取り除いた芯や葉脈も野菜スープの出汁を取るのに使えますよ。

【作り方】
1.食パンの耳を落として細かくちぎり、溶いた粉ミルクに浸してなじませます。裏ごししたキャベツを乗せれば完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【11】さつまいもとブロッコリーのミルクパン粥

野菜の組み合わせ次第で味のバリエーションを増やせます

さつまいもとブロッコリーのミルクパン粥 ,離乳食,パン,いつから出典:hb.afl.rakuten.co.jp

ブロッコリーは緑色が濃く、固くしまっているものが新鮮なものです。離乳食初期は穂先を細かく刻んで使いましょう。

サツマイモは全体的にハリのあるものを選んで使ってください。低温に弱いので冷蔵庫で保管するのは避け、新聞紙などに包んで常温で保管します。ペースト状にしたものを冷凍保存してもいいですね。

皮や端に近い部分は筋が多いので、中央部分のみを使います。アクが強いので、加熱前に水にさらしておいてくださいね。

緑黄色野菜の中でもクセの少ないブロッコリーを、サツマイモと合わせることでより一層食べやすくしてくれます。いろいろな栄養素を一品で摂れるのがいいですね。

【作り方】
1.ブロッコリーは柔らかく茹でてみじん切りにします。
2.耳を落として細かくしたパンと、お湯、サツマイモのペースト、1のブロッコリーを耐熱容器に入れてレンジで1分ほど加熱します。
3.2に粉ミルクを混ぜて出来上がりです。

この記事に関連するリンクはこちら

【12】離乳食初期 ほうれん草パン粥

簡単調理で栄養豊富

離乳食初期 ほうれん草パン粥,離乳食,パン,いつから出典:hb.afl.rakuten.co.jp

鉄分、カルシウムが豊富なほうれん草は赤ちゃんに食べさせたい食材ですね。

少々くせがある野菜なので、ほうれん草単体では嫌がって食べてくれない赤ちゃんもいますが、パンと混ぜればとても食べやすくなります。パンのほんのりした甘みととろりとした食感でおいしく食べることができますよ。

【作り方】
1.鍋に湯を沸かし、ほうれん草をやわらかく茹でます。水にさらしたあと、細かく刻み、すり鉢ですり潰します。
2.耳をカットして細かくちぎったパンと大さじ3の水を鍋に入れ、ひと煮します。とろとろになったら火を止め、すり潰します。
3.皿に1と2を入れたら、完成です。

この記事に関連するリンクはこちら

【13】離乳食初期~中期☆野菜のパン粥

野菜スープを作る際に取り分けした野菜でできる!

離乳食初期~中期☆野菜のパン粥,離乳食,パン,いつから出典:hb.afl.rakuten.co.jp

野菜がたっぷり入った栄養満点のパン粥です。具材はアクの少ない野菜ならなんでもOKです。野菜スープを作る際に具を取りわけて使ってもいいですね。多めに作って冷凍保存することも出来るとても便利な一品です。

【作り方】
1.にんじん、たまねぎ、大根などの野菜は7ミリ程度の厚さに切って、やわらかく茹でます。初期はなめらかにすりつぶし、中期はみじん切りにします。
2.パンは白い部分を細かくちぎります。
3.1の野菜、2のパン、野菜スープを鍋に入れ、ひと煮立ちさせたら完成です。初期はさらにすりつぶしてから与えてください。

この記事に関連するリンクはこちら

(ご参考)コズレ会員「ベビーフード」ランキング・おすすめ診断もチェック!

コズレ会員の皆様が利用したベビーフードの評価をに集計。その結果をもとにしたランキングや診断をご覧いただけます。何かと手間がかかって大変な離乳食。ベビーフードは離乳食を進めるうえで助けになってくれますよ。

(ご参考)Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングもチェック!

Amazon・楽天の「ベビーフード」売れ筋人気ランキングは以下のリンクからご確認いただけます。

まとめ

離乳食初期のパンについてご紹介しました。パンは栄養も豊富で扱いやすいので、離乳食にはもってこいの食材です。

赤ちゃんがパンを好きになればママも離乳食を作るのが少し楽になるかもしれません。いろんな食材と合わせて楽しみながら離乳食を作ってくださいね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。