安産祈願の服装マナー

安産祈願で避けるべき服装

安産祈願の絵馬,戌の日,服装,

安産祈願では、特別「こうでなければいけない」という服装の決まりはありません。スーツやセットアップなどの堅苦しい正装でなくても大丈夫です。体を締め付けない、妊婦でも楽に過ごせる服装であることが1番です。

しかし、神仏に詣でるわけですから、スパンコールがたくさん散りばめられキラキラしているようなものや蛍光色を使ったものなど、あまりにも派手な格好や、ハーフトップやホットパンツのような短い丈のものなど、肌の露出度が高いものは避けた方が良いでしょう。

ジーパンは着用してもよいのか

ジーパンを着用してもいいかどうかですが、ジーパンのコーディネートだとどうしてもカジュアルな印象になってしまいますので、神前での服装として好ましくありません。

穴の開いたジーパンやダメージジーンズなどはもってのほかです。そのためジーパンは避けるようにしましょう。しかし、女性の場合は体調が1番ですので、締め付けがなく履きやすいマタニティデニムはOKです。

靴はどうする?サンダルやブーツはOK?

意外と忘れがちになるのが足元。夏場ならばサンダルや素足になることが多いですが、素足はやめて靴下やマタニティ用のストッキングを履き、サンダルを履いていくのはやめましょう。

冬場の寒い時にはレッグウォーマーなどを活用して足元からの冷えを防止する対策をするといいですね。イースタンブーツのように先が尖っていたりフリンジなどがたくさんついているものより、シンプルなデザインのムートンブーツなどもOKです。足元も温かくコーディネートもしやすくおすすめです。

神社などは階段や段差を登ったりじゃり道であったりすることもあります。汚れが目立たない履きなれた歩きやすいスニーカーにするか、ヒールの低いぺたんこパンプスなどにするといいですね。

春の服装

男性の服装

カジュアルな服装の男性,戌の日,服装,

男性の場合、あまりにもカジュアルすぎる服装は好ましくありませんので、キレイめなシャツやポロシャツを着用するようにしましょう。また、肌寒いときにはGジャンではない薄手のジャケットを羽織るようにすると良いですね。

おすすめコーディネートは、「長袖シャツ+スラックス+スニーカー」や「長袖ポロシャツ+コットンパンツ+スニーカー」です。スニーカーは汚れが目立たない、きれいなものを履いていくようにしましょう。また、シャツの色も水色やグレー、ホワイトなどの清潔感のあるものを選ぶことをおすすめします。

女性の服装

ワンピースを着た女性,戌の日,服装,

春は気温も上がってきてポカポカと暖かく、おでかけしやすい時期ですよね。しかし、まだまだ冬の寒さが残っているため油断は禁物です。急な温度変化にも対応できるような服装が好ましいですね。

おすすめのコーディネートは、「長袖カーディガン+ワンピース+長めのマタニティレギンス+パンプス」です。少し風が冷たい日には、「ストール+薄手のニット+ひざ丈スカート+マタニティタイツ+パンプス」もおすすめです。また、ストールは暖かい日でも1枚持っておくと、急に肌寒くなっても使えるので重宝しますよ。

夏の服装

男性の服装

夏はついつい簡単な格好になりがちですが、男性であっても露出の高い服装は控えるようにしましょう。タンクトップに短パン、サンダルなどのビーチスタイルは避けた方が無難です。さわやかで清潔感のあるスタイルが適切です。

おすすめのコーディネートは、「半袖ポロシャツ+スラックス+スニーカー」や「半袖シャツ+半ズボン+スニーカー」です。半ズボンはカジュアルすぎなければOKなので、ブラウンなどの落ち着いた色を選ぶようにしましょう。また、サンダルはビーチサンダルでなければ問題ありませんが、素足になってしまいますので、できることならスニーカーが良いでしょう。

女性の服装

ワンピースを着た女性,戌の日,服装,

夏は気温も高く、妊婦さんの中には特に暑く感じる方もいらっしゃると思いますが、過度な露出は避けるようにしましょう。また、体にぴったりフィットするパンツスタイルよりは、ゆったりと着ることができるスカートの着用がおすすめです。

おすすめのコーディネートは「ロングスカートのワンピース+マタニティストッキング+フラットシューズ」の組み合わせや、「ロングスカート+半袖ブラウス+マタニティストッキング+フラットシューズ」が良いでしょう。また、ノースリーブの服装の場合は、上から半袖のボレロやカーディガンなどを組み合わせると良いですね。また、夏場でも素足やサンダルは控えるようにしましょう。

秋の服装

男性の服装

ジャケットを着た男性,戌の日,服装,

秋は、その日の気温に合わせて服装を変えるようにすることがポイントです。できれば、パートナーとの服装に合ったものを選ぶと良いですね。

少し暖かい日は、「長袖シャツ+スラックス+スニーカー」で良いでしょう。肌寒いと感じる日は、「薄手のジャケット+長袖シャツ+コットンパンツ+スニーカー」がおすすめです。薄着で十分と思っても、急に気温が下がることもありますので、薄手の長袖カーディガンを一枚持っていくと重宝します。寒がりな方は、薄手のコートを羽織るようにすれば寒さ対策もばっちりです。

女性の服装

秋は、日によって気温が高かったり寒かったりしますよね。そのため、その日の天候や気温によって服装を変えるようにしましょう。

少し暑いなと感じる日は、「長袖カーディガン+半袖ブラウス+ひざ丈スカート+マタニティストッキング+パンプス」がおすすめです。また、肌寒い日は、「ニットカーディガン+長袖ブラウス+ひざ丈スカート+マタニティタイツ+ショートブーツ」が良いでしょう。

秋はコロコロと天候が変化するため、体を冷やさないように気を付けることが大切です。ジャケットを1枚羽織っていくのも良いですね。色味は落ち着いたものを選ぶようにしましょう。

冬の服装

男性の服装

コートを着た男性,戌の日,服装,

冬の寒さから体を冷やさないように、しっかりと防寒できる服装をしていくようにしましょう。神社では外での待ち時間がある場合もありますので、薄着をしていくと風邪をひいてしまうことも。パートナーに移してしまっても大変ですので、男性も暖かい格好をしていくことが大切です。

おすすめのコーディネートは、「コート+タートルネックニット+パンツ+ブーツ」や、「厚手のジャケット+セーター+パンツ+ブーツ」です。セーターだけだと寒いという方は、中にヒートテックを着たり、シャツと組み合わせても良いでしょう。

女性の服装

コートを着た女性,戌の日,服装,

冬はとにかく体を冷やさないように、暖かい服装をするようにしましょう。お尻まで隠れる少し長めのコートやパンツスタイルを選ぶと良いですね。

コーディネート例として、「ロングコート+ニット+マタニティパンツ+ブーツ」や「ロングコート+トレーナー+マタニティパンツ+ブーツ」などがおすすめです。冷え性な方はレッグウォーマーをプラスして足元を温めたり、首にマフラーを巻くなど、小物を上手に活用して、体が冷えないような対策をするようにしましょう。

まとめ

将来、自分の子どもに「安産祈願」の日のことを話したり、記念写真を見せたりする機会があるかもしれません。その時のためにも、しっかりとした服装をしてお参りしておきたいものですよね。

これから安産祈願に行く方は、ぜひこのコーディネートをパートナーの方と一緒に参考にしてみてくださいね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。