【子どもとプラバン作り(1)】昔ながらのオーソドックなプラバン

基本のプラバン

スヌーピーのプラバン,プラバン,子ども,作り

ママも小さいときに作っていただろう、基本のプラバンです。
プラバンですが、今は100均でも売ってます。

大きさと厚さが違うものがいろいろと売っています。少し厚めの方がぷっくりと出来てよりかわいくなる気がします。

そのプラバンによって、縮む割合が違うので気に入ったものを見つけるといいですよ。

材料と作り方

【材料】
プラバン
油性のペン
ハサミ
アルミホイル
オーブントースター

とりあえずは、これだけあれば作れます。

【作り方】
1、油性ペンで好きな絵を描いて色を塗る。
好きなキャラクターを上からなぞって色を塗るだけでも十分可愛く作れます。
※加熱後は約4分の1くらいになります。

2、線を残すようにして切る。

3、アルミホイルをくしゃくしゃにして入れ、トースターを予熱する。

4、プラバンを入れて1分ちょっと加熱。

5、縮まなくなったら熱いうちに取り出し、台の上に置き平らなもので押さえる。

【注意点】
・トースターを予熱しないで加熱してしまうと、くしゃくしゃになって失敗します。
・加熱中はあっという間に縮むので目を離さないようにしましょう。
・取り出すときは熱いので、わりばしや軍手を使いやけどに気をつけてください。

【子どもとプラバン作り(2)】色えんぴつで色をぬるプラバン

やさしい感じの色合いになります

色鉛筆でプラバン,プラバン,子ども,作り

基本の作り方とほとんど変わりませんが、色鉛筆で色を付けると油性ペンとは少し違った、ほんわかした感じのプラバンになります。

私たちが子どもだったころに、色えんぴつなんて使ったことありますか?
色えんぴつなら、いろんな色がつけられますよね。

材料と作り方

【材料】
上記のもの
色えんぴつ
紙やすり

【作り方】
1、油性ペンで絵を描いた後に、裏側を紙やすりでこすります。

2、色えんぴつで色を塗ります。
あとは基本の作り方と同じです。

※キーホルダーにしたいときは、加熱前にパンチで穴を開けておきましょう。

【子どもとプラバン作り(3)】進化!立体のプラバンもできる!!

オリジナルの髪ゴムやピン止めにも

プラバンアクセサリー,プラバン,子ども,作り

最近のプラバンは立体に作り、アクセサリーにもできます。

プリンターで印刷できるプラバンも販売されているので、好きな画像をプリントして作れば完成度アップは間違いなしです。

材料と作り方

【材料】
・基本の材料
(下記のものは必要なとき)
・紙やすり
・型紙
・コットン
・アルコール
・作りたいアクセサリーに必要なもの(くさりやピンなど)

【作り方】
作り方の基本は一緒です。

花を作るなら、花の形の型紙を作り、それに合わせてプラバンを切る。
コツは加熱して温かいうちに、立体的な形にするということ。

色は油性ペンで色を付けた後にコットンにアルコールを含ませてこすると、にじんできれいな色になります。
薄い色でも加熱して縮むと濃くなるので心配はいりません。

立体のリボンを作ってゴムを付ければ、子ども用のオリジナルの髪ゴムが完成!
同じようにピンを付ければ、ヘアピンに。

レジンを上から塗れば、ママでも付けられる素敵なアクセサリーにもなります

まとめ

子どもの頃に作っていたプラバン。子どもと一緒に作ると楽しさも倍増です!
ママと子どもとでオリジナル&おそろいのアクセサリーなんてステキですよね。

ほとんどの材料が100均でそろうのも魅力的です。
色を塗るものを油性ペンから色えんぴつやポスカなど、いろいろと変えてみると同じものでも印象がかなり変わります。

作るのに慣れてくれば、いろんな形にもチャレンジ!
雨の日や、時間がある休日に子どもと一緒にプラバン作り、ぜひトライしてみてください。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。