NICUはNeonatal Intensive Care Unitの略で、日本語では「新生児集中治療室」と呼ばれます。

ここでは、何らかの理由によって小さく生まれてきた赤ちゃんや病気をもって生まれてきた赤ちゃんに、厳重な体制を整えて集中的に治療をおこないます。

赤ちゃんは一人一人環境が整えられた保育器の中で過ごしながら治療を受けます。NICUを備えていない病院から搬送されてくる場合もあります。

どのような場合にNICUで治療を受けるのでしょうか

NICU,新生児,集中,治療室 出典:ixil.info

NICUで治療を受けるケースは様々ですが、主に次のような場合が挙げられます。

・早産児あるいは低体重児の場合
出産予定日よりも早く生まれる、いわゆる早産で生まれてきた早産児の赤ちゃんや、お母さんのお腹の中にじゅうぶんいたものの低体重で生まれてきた低出生体重児の赤ちゃんはNICUで集中治療を受けます。

早産児の赤ちゃんの場合は保育器内をお母さんの子宮と同じような環境に整えます。呼吸や消化がうまくいくように機械の助けを得ながら治療を受けます。

低出生体重児の赤ちゃんの場合はほかに病気をかかえているかどうかなどによっても治療は異なりますが、赤ちゃんにとって過ごしやすい環境の中で集中治療を受けます。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。