甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の原因

バセドウ病の症状,バセドウ病,症状,治療出典:ixil.info

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)は自己免疫疾患の一つといわれています。

詳しいことは解明されていませんが、身体の中に甲状腺を刺激する自己抗体(TRAb)が作られることで甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて甲状腺機能亢進状態を呈します。

その結果、新陳代謝が異常に亢進してさまざまな症状が出ると考えられています。

また、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の患者の場合、親や兄弟がバセドウ病に罹患していることも多く、遺伝的な要因が指摘されています。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード