オスグッド・シュラッター病は10歳~15歳位の成長期のスポーツをする子供に起こりやすく、膝のお皿の下の骨(脛骨結節)が徐々に出てきて痛みを伴うものです。

痛みのため、一時的にスポーツを続けられなくこともあります。オスグッド・シュラッター病の症状は、お皿の下の骨が出てくることと、スポーツ時や押した時の痛みです。

スポーツを休んでいると痛みがなくなりますが、スポーツを始めるとまた痛くなります。骨が剥離しているかどうかはレントゲン検査でわかります。

オスグッド・シュラッター病の原因

オスグッド原因,オスグッド,シュラッター,原因 出典:ixil.info

オスグッド・シュラッター病は、成長の激しい時期に、飛んだり跳ねたりする運動やボールを蹴る運動をしすぎることで発症します。

太ももの前の筋肉はお皿(膝蓋骨)を介してすねの骨(脛骨)の一部(脛骨粗面)につながっています。

膝を伸ばす運動を繰り返すことで、太ももの前の筋肉がこの付着部分にある軟骨部を引っ張り、負荷が過剰になると炎症を起こしたり剥離してしまいます。

成長期の子供の骨は軟骨から急激に成長する時期であり、障害を起こしやすくなっているところに過度の負担がかかることが原因です。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。