「妊娠糖尿病」と「糖尿病合併妊娠」は赤ちゃんに悪い影響を与えるのか。

妊娠中の糖尿病,糖尿病,妊娠,リスク出典:ixil.info

まず、「妊娠糖尿病」はお母さんの体のみではなく、お腹の赤ちゃんにも様々な影響が出てきます。

お母さんには、早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症などのリスクがあります。

お腹の赤ちゃんには、巨大児や流産、奇形、出生後の低血糖、胎児死亡などのリスクがあります。

そして、「糖尿病合併妊娠」はお母さんの場合、網膜症や腎症などの糖尿病合併症が悪化する場合と、妊娠中毒症や羊水過多症など妊娠中の異常が認められる場合があります。

お腹の赤ちゃんには、先天奇形や巨大児などのリスクが高まります。

糖尿病合併妊娠の場合は母子ともに様々な合併症を防ぐため、妊娠を希望した時からお医者さんと相談の上で厳格な血糖管理を行い、計画的に妊娠することが何よりも大切です。

計画妊娠でない場合、妊娠に気付いた段階で赤ちゃんはかなりの高血糖にさらされることになり、奇形のリスクが高まってしまいます。

もちろん妊娠前から血糖の管理をしっかりと行えば怖くはありませんが、 もともと糖尿病だったことに気が付かずに妊娠した場合には注意が必要となります。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。