しもやけの症状とは?

足のしもやけの原因,しもやけ ,原因,足出典:ixil.info

しもやけは症状により大きく2つのタイプに分けることができます。ひとつは、患部が熟れた柿のように腫れる「樽柿型」、そしてもうひとつは、赤い発疹となって現れる「多形滲出性紅斑型」です。

子どもの多くは樽柿型のしもやけで、炎症部分は赤紫色になり、足の指がひとまわり太くなったようにパンパンに腫れる場合があります。

また、外気の冷たさを感じる場所ほど発症しやすいため、足の小指から始まるケースも多いでしょう。

チリチリとした独特のかゆみと、ズキズキするような痛みが特徴です。患部が熱を帯びているような感覚も伴います。

冷えて血行が悪くなっている血管が急に温められ、血流が増すことで神経が刺激されるために見られる症状です。

子どもは、がまんできずにかきむしってしまい皮膚を傷つけてしまうこともありますので、しきりにかゆがっているような様子をみたときには、早めに適切なケアをしてあげましょう。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード