【1】『しょうぼうじどうしゃじぷた』 渡辺茂男/作 山本忠敬/絵

ちびっこ消防車が大活躍

しょうぼうじどうしゃじぷた,4歳,絵本,おすすめ出典:www.amazon.co.jp

ちびっこ消防車じぷたは小さくても働き者ですが、他の大型車から馬鹿にされています。

じぷた自身もそんなちっぽけな自分が情けなくなってしまいますが、山小屋の火事をきっかけに、小さな自分だからこそできる仕事があると気づきます。

普段は目立たなくてもいざというときに活躍するじぷたの姿に、自分を重ね合わせる子もいるかもしれません。

誰にでも得意・不得意なことがあって、いちばん合っている仕事はそれぞれ違うのです。

ひとりひとりが個性をもち、そのままですばらしい存在なんだというメッセージを感じます。

また、細部に至るまで描きこまれた絵は、乗り物好きの男の子の心をつかみます。

それぞれの車が出動してはたらく様子は躍動的です。

とくに山火事の消火活動の場面はスピード感あふれる描写がかっこいいです。

はたらく車が大好きな男の子にいちばんにおすすめしたい絵本です。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:福音館書店
*著作者:渡辺 茂男
*ページ数:28

【2】『くわがたのがたくん』 高家博成・仲川道子/作

虫の生態を楽しく学べます

くわがたのがたくん (かわいいむしのえほん),4歳,絵本,おすすめ出典:www.amazon.co.jp

いろいろな種類のクワガタムシが登場し、力比べをします。

主人公の「こくわがた」のがたくんとくわちゃんは小柄ですが、大きな「おおくわがた」くんと互角に戦う健闘ぶり。

最後はみんなで仲良く樹液をなめておやつにします。

作者の高家氏は動物園での昆虫飼育の専門家なので、擬人化された虫たちの表情は愛嬌たっぷりですが、虫たちの動きが実際の生態に忠実に描かれており、種類によって角の形が正確に描き分けられています。

子どもにも自然とクワガタムシの暮らしぶりが分かってきます。

巻末のクワガタムシについての解説も含めて、虫好きの子どもの関心も満たしてくれますよ。

昆虫が大好きな男の子にぜひおすすめしたい絵本です。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:童心社
*著作者:高家 博成
*ページ数:24
*商品サイズ:19cm x 21cm x 1cm

【3】『おなかのすくさんぽ』 片山 健/作

男の子の刺激的な成長を見守る絵本

おなかのすくさんぽ (こどものとも傑作集),4歳,絵本,おすすめ出典:www.amazon.co.jp

「ぼく」がクマやイノシシやヤマネコと一緒になって遊ぶお話なのですが、その遊び方に圧倒されます。

動物たちと転げまわったり、一緒に川に入って休んだり、完全に動物の一員として本能のまま遊びます。

汚れても、暗いところでもこわいものなしで、動物たちと全身で思いきり真剣に遊ぶ姿に、たくましい生命力を感じます。

後半で動物たちがぼくをちょっと舐めたりそーっと噛んだり...それを許すぼく。

読み手には不思議な緊張が走りますが、あっさりとしたラストになります。

すっかり仲間になって、すべてを許せる信頼関係ができているということなのでしょうか。

色鉛筆で描かれた絵には勢いがあり、ぼくと動物たちの躍動感がよく伝わってきて、自分も一緒に、エネルギッシュに遊んだような気になれます。

ちょっと刺激的な絵本を読んでみたい方におすすめです。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:福音館書店
*著作者:片山 健
*ページ数:32

まとめ

親の元を離れて、元気いっぱいに遊べるようになってくる3~4歳の男の子。

親のところに戻って来て絵本を読んでもらう時間は、冒険心を満たした後にホッと安心できるひとときかもしれません。

絵本の世界の中で、親子でワクワクドキドキの冒険を味わってみてください!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード