【1】あすあすさん(3歳女の子のママ)の絵本の選び方

【1-1】絵本を選んだポイントは?

・子どもが興味を持ちやすい内容であること
・情操教育やしつけに役立つ内容であること。もしくは、子どもにとって新たな知識が得られるものであること
・その1冊を読むことで、次の1冊が読みたくなるもの 子どもを本の世界にいざなってくれるもの


ちょっと大きくなるとお話の内容に興味を持ちだしますから、新しい世界が広がる本を選ぶというのはいいですね!

【1-2】スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし

スイミー,絵本,子ども,口コミ出典:amzn.to

子どものころ教科書で読んだ、1匹の黒い賢い小魚が、赤い仲間たちを率いて危機を切り抜けるという話です。

レオ・レオニの絵本はこの本に代表されるように、絵もきれいでストーリーも素敵なものが多いので、まずはこの1冊から始めるといいかも。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【2】まさこさん(3歳男子のママ)の絵本の選び方

【2-1】絵本を選んだポイントは?

そろそろ少しストーリー性があったり、思いやりの心が育ったり、社会性が身についたりする本を選んでいます。

本を読んで、主人公の気持ちを考えられるようになるのも3歳~5歳くらいの子どもには必要な経験ですね!

【2-2】おやすみはたらくくるまたち

おやすみはたらくくるまたち,絵本,子ども,口コミ出典:amzn.to

男の子が大好きな車の本です。工事現場の車が仕事を終えてゆっくり休むという内容なのですが、子供が疲れた車たちをいたわった言葉をかけたり、自分も1日終えたから早く寝なくてはという意識になったりしてとてもいい本です。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【3】ぷっぷさん(8歳男の子、5歳男の子のママ)の絵本の選び方

【3-1】絵本を選んだポイントは?

・イラストがきれいなこと。
・読みながら、「○○だねー。」と親子で会話ができること。
・想像力が育まれる内容であること。


絵本のいいところは、本編とは違う挿絵や背景でも遊べるところですよね。いろいろな読み方ができますね。

【3-2】バムとケロのおかいもの

バムケロ,絵本,子ども,口コミ出典:amzn.to

こちらの絵本は、「バムとケロ」シリーズの第4弾です。
お友達に勧められて一冊購入したのですが、その魅力に取りつかれ、一気にシリーズを揃えてしまいました。

なんといっても、絵が細かくてきれいです。お話の筋となっている物語も素敵なのですが、脇役や小物にも、いろいろなネタが仕込まれているんです。
子どもと一緒に、「あ、ここに○○がいる!」とか、「ここ○○だねー。」とか楽しみながら読めます。

シリーズの中でも、この「バムとケロのおかいもの」は我が家で一番人気です。いろいろなお店と個性的なキャラクターが次々と登場し、大人も楽しめる一冊です。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【4】TKさん(2歳女の子、1歳男の子のママ)の絵本の選び方

【4-1】絵本を選んだポイントは?

・絵がきれいで親も気に入って繰り返し読みたくなるもの
・読むことで知らない間に勉強になるもの
・クイズのようにして数学を学べて、解ける楽しみを覚えることができるもの


算数!というと身構えてしまいがちですが、絵本で楽しく数字を学べるならとてもいいですね。生活に欠かせない数字、小さいうちに数字の感覚を身に着けておくと、学校に上がった時に便利ですよ。

【4-2】はじめてであう すうがくの絵本

数学の絵本,絵本,子ども,口コミ出典:amzn.to

安野光雅さんの絵本で、自分が子どもの時に好きだった1冊です。数学の絵本とありますが、そこまで難しくはなく、絵の中で仲間はずれはどれかな?といったものです。

例題に答えが書いてあるので、どうやって解けばいいのかを理解してから問題に移ることができます。問題には答えがないので、それだけが残念。絵が美しくて親も楽しめます。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【5】アルカサールさん(女の子4歳、男の子1歳のママ)の絵本の選び方

【5-1】絵本を選んだポイントは?

・優しい色合いの絵であること
・あまり文章の無いもの
・3歳の子どもでも絵を見ればだいたいのストーリーが分かるもの


あまり文章のない絵本だとその時の子どもの機嫌や状況に応じて、お話をアレンジすることができていいですね。

【5-2】ちょっとだけ

ちょっとだけ,絵本,子ども,口コミ出典:amzn.to

下の子が生まれたときに3歳の上の子に与えました。丁度我が家の状態と重なるお話で、上の子も「これは私、これはママ、これは○○(下の子)」と指しながら何度も何度も読んでいました。その姿を見て上の子の我慢にようやく気付けた気がします。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【6】mankatoさん(3歳と8歳の女の子のママ)

【6-1】絵本を選んだポイントは?

しつけや生活のルールなどが楽しく学べる絵本であると実際の生活で楽しく誘導出来る。挨拶や貸してどうぞ、など普段の生活に密着している物が良い

ママが言っても聞かなくても、絵本の主人公が言うと聞くという不思議な現象が起こるのもこの年代ですね。

【6-2】ノンタンシリーズ

ノンタン,絵本,子ども,口コミ出典:amzn.to

ノンタンがブランコに乗っているとウサギさんにクマさん、タヌキくんにブタくん、次々とやってくる。友達がブランコかしてと並んでいるのにノンタンは、「だめ だめ」と取り合わない。

そこで、お友達みんなが10まで数を数えて順番こにブランコを乗れるようになりました。ここで重要なのはお友達との貸し借り、特に10まで数えたら次の人というところは家でもお友達同士でもすごく役に立ちました。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【7】niwakoさん(2歳女の子のママ)

【7-1】絵本を選んだポイントは?

・自分でめくっても頑丈な厚さであるかどうか 
・ひらがなが読みやすい大きさで短めに表示されていること 
・楽しい仕掛けがあるかどうか


子どもはしかけ絵本が大好き!好きな絵本ほどたくさん読みたがるのでしっかりした本というのもポイントですね。

【7-2】どうぶついろいろかくれんぼ

どうぶついろいろかくれんぼ,絵本,子ども,口コミ出典:amzn.to

動物の型抜きがしてあり、わくわくしながらページをめくれる、とっても楽しい本で娘も気に入っています。

本のサイズも持ち運び可能なサイズで、お出かけにも持参出来て助かります。英単語も隅に書かれているので同時に教えることができて親としてはとても満足しています。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【8】ののママさん(4歳の女の子、2歳の男の子のママ)

【8-1】絵本を選んだポイントは?

・日常の中で興味や好奇心がとても盛んになる歳なので、その興味にあわせた絵本選びをするようにしている。
・乳児の絵を見る絵本から少し物語になっている絵本を選ぶように心がける

お話としての絵本も読めるようになる年齢ですね。子どもの興味のあるテーマだとなおさらのようですね。

【8-2】ノンタンシリーズ ノンタン おしっこしーしーし

のんたんおしっこ,絵本,子ども,口コミ出典:amzn.to

3歳ぐらいになると、トイレのことでやきもきすることも多くなってくると思うので、そんなお母さんに楽しい気持ちで子供と読める絵本です。
また、ノンタンはシリーズ化されているので、今のご家庭でのお子様の様子に合わせて自分にあったノンタンを見つけるのも親子で絵本を楽しめる一つの方法でもあると思います。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【9】アノママさん(3歳女の子、5か月女の子のママ)

【9-1】絵本を選んだポイントは?

・ロングセラーで、私も読んだことのある絵本を子供にも読み聞かせたいと思うもの
・一人でも読めるような、覚えやすいフレーズのあるもの


子どもって、大好きな絵本だと全部のフレーズを覚えてしまうことありますよね。

【9-2】はらぺこあおむし

はらぺこあおむし,絵本,子ども,口コミ出典:amzn.to

お話の内容は、あおむしの誕生からちょうになるまでのお話ですが、曜日により食べる物や個数が変わるので、曜日を覚えさせるには良い絵本だと思います。

色彩も豊かで、最後のちょうになったとこは印象に残る色合いです。昔からあるロングセラー絵本ですが、読めば子供も大人も楽しめるので納得です。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【10】ななしかさん(3歳女の子のママ)

【10-1】絵本を選んだポイントは?

・子どもが興味を持って見ることができること。
・ストーリー性のあるもの。
・物の名前や数字に関してなど知育要素も含まれていること。


ものの名前や数字に興味を持ちだす年齢ですので、絵本で自然に学べるといいですね。

【10-2】100かいだてのいえ

100階建て,絵本,子ども,口コミ出典:amzn.to

この絵本をお勧めするポイントは様々な楽しみ方ができるというところです。

絵本に書かれている文章通りに読み進めても面白いのはもちろん、数字に注目して1から100まで数えながら読むこともできます。

また、細かいところまで絵が描かれているのでそれぞれの階に住んでいる生き物がどんな暮らしをしているのかに注目して絵を見ながら子どもとたくさんの会話を楽しむことができます。

こちらの絵本もシリーズになっていますので、子どもの好きな生き物が出てくるものを選ぶとより興味を持ってもらえるかと思います。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。お子さんの興味や関心によって、本の種類も幅広くなっていくのがおもしろいですね。

お子さんの行動範囲が広がり、いろいろなことに興味を持ち始める年齢です。ぜひまだ読んだことのない絵本から新しい世界へ冒険してみませんか?

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。