【1】とんかつ太郎|新潟市中央区

これでもかという程のカツ!カツ!カ~ツ!

とんかつ太郎,新潟,ご当地,グルメ出典:www.tonkatsutaro.com

新潟タレかつ丼は、薄い衣のカツとほど良い甘さの醤油だれのハーモニーがたまらない、新潟県のご当地グルメです。

新潟市民にとって、カツ丼といったら、何を置いてもこのタレかつ丼。卵でとじてないのが常識なのであります。

発祥は、ここにご紹介する 「とんかつ太郎」 であると言われております。

メニューには、ヒレかつ丼や、かつの枚数が7枚も!ご飯まで大盛りの 「特製かつ丼」 もあります。

テイクアウトや通販も行なっているようなので、ぜひご賞味あれ。

いつもとちょっと変わったかつ丼に、子どもも喜んでくれることうけあいです!

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】レストランナカタ|長岡市

とろっとあんかけ、ケチャップ風味のカツ丼

レストランナカタ,新潟,ご当地,グルメ出典:r.gnavi.co.jp

所変わって、こちらは新潟県長岡市のご当地グルメ 「洋風カツ丼」 をご紹介します。

何でも長岡の飲食店には、中華・洋食問わず、この洋風カツ丼を出しているお店が多くあるそうですよ。

発祥は昭和初期、小松パーラーというお店から始まったメニューだそうです。

フライにかかるデミソースの濃厚な味わいは、子どもも大好きな一品です。

今回は多々あるお店の中から、 「レストランナカタ」 さんのご紹介です。
こちらのご主人は、前出の小松パーラーで働いてらっしゃった方なのだそうです。

そもそもは激辛カレーでお馴染みのお店なのだそうですが、子ども連れの方、ご安心ください。昔懐かしい洋風カツ丼はとろっとあんかけケチャップ風味です。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【3】月徳飯店(つきとくはんてん)|糸魚川市

黒メンに黄色と赤が映える、ご当地メン

月徳飯店 糸魚川ブラック焼きそば,新潟,ご当地,グルメ出典:www.tsukitoku-hanten.com

黒い麺に黄色い玉子焼きがかぶさり、その上を紅いケチャップ群が横断する、なかなかインパクトのある見た目の 「糸魚川ブラック焼きそば」。

ご当地グルメの焼きそばには、 「ブラック番長」 なるマスコットキャラクターがおり、 「糸魚川ブラック焼きそばの歌」 まであります。

たたみかけるように発信されるこの感じ、糸魚川、おぬし・・なかなかやるなと言わざるを得ないですね。

今回ご紹介する 「月徳飯店(つきとくはんてん)」 のブラック焼きそばも、かなりの迫力!こんな変わった見た目の焼きそば、子どもはわくわくしながら食べてくれるのでは?

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?新潟ご当地グルメの旅。新潟のB級グルメは、見た目も中身も斬新なメニュー多し!

あの見た目でまず子どもは喜んでくれそうな感じがします。ボリューミーなメニューが多くて、筆者はこういうのがなかなか好みです。

皆さんのお気に入りメニューは見つかりましたか?

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード