【1】東京都北区防災センター(地震の科学館)

実際の災害の様子を再現・体験しながら学ぶ

東京都北区防災センター,防災,イベント,東京出典:www.city.kita.tokyo.jp

東京都北区防災センター、別名地震の科学館。東京都北区防災センターでは、過去に起きた災害について実際に再現し、みんなで体験することで実際に災害に巻き込まれた際にどのように対処するべきかを学ぶことができます。

地震体験(起震装置)では関東大震災、阪神淡路大震災、東関東大震災など過去に日本を襲った地震を再現し、同じ揺れを体験することができます。

初期消火訓練は、訓練用消火器を使って初期消火の訓練を行うことができます。「実際に、消火器を使う時になったら慌ててしまいそう」、「消火器の備えはあるけれど使い方がよく分からない」という方も多いと思います。

意外に忘れがちなのが、煙の恐ろしさです。煙体験では、火災が発生し部屋に煙が充満した時の状態を体験することができます。いつも暮らしなれた家や建物の中でも、火災が起き煙が充満した中だと方向感覚を失ってしまいパニックになったという話が聞かれます。

地震体験や、初期消火訓練と合わせてぜひ、体験しておきたいですね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】避難訓練つきコンサート~弦楽カルテットによる名曲選~

コンサート中の火災を想定して避難訓練

バイオリン,防災,イベント,東京出典:pixta ※ 写真はイメージです

避難訓練つきコンサート~弦楽カルテットによる名曲選~は、2015年5月30日に西東京市の保谷こもれびホールで行われるイベントです。「コンサートの最中に火災が起こったら?」という想定で行われる無料のコンサートです。

より実際の災害に遭遇した時に近い感覚で避難訓練に参加することができます。訓練の後は、優雅に弦楽四重奏の美しい調べを楽しむことができます。

ドヴォルザークやモーツアルト、ハイドンといった歴史ある作曲家の名曲をゆっくりお聞きください。消防署の防災イベントも同時開催しており、消防車両の見学などを行うことができますよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【3】池袋都民防災教育センター 池袋防災館

パパママ必見、乳幼児向け応急手当て講習会

応急手当講習,防災,イベント,東京出典:www.tfd.metro.tokyo.jp

大人に対する応急手当てに対しては何となく知識があっても、乳幼児の応急手当と言われると、とまどうことも多いはず…。

子どもや、赤ちゃんにもしものことがあった時に慌てないために、応急手当を学びましょう。池袋防災館では、1歳未満の赤ちゃんのパパ・ママを 対象対象とした、「新米パパママのための応急手当講習会」を開催しています。

毎月第3日曜日10時30分~12時。事前予約制で 先着7組14名程度。現在大好評のため、平成27年6月までは予約がいっぱいです。7月分から予約を受付しているそうです。ご予約の際は、ご注意ください。

人工呼吸や胸骨圧迫、AEDの使い方を学ぶことができます。災害時以外でも身近に潜む危険、誤飲事故の際の処置の仕方も教わることができ、新米のパパ・ママにはぜひ一度学んでおきたい内容になっています。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

今回は親子で防災のことをリアルに、楽しく学ぶことのできるイベントをご紹介いたしました。一人一人の心がけ、とはいっても毎日穏やかな日常が続くとつい後回しになってしまうのが防災のこと。

楽しいイベントやアトラクション感覚で、親子で楽しみながら今後の対策を考えていけたらいいですよね。救急車や、消防車などの「はたらくくるま」が大好きな子や、消防士さんのように人命救助のために働く職業の人たちに憧れを持っている子どもも参加しやすいですね。防災や訓練に興味を持ってもらうきっかけになるといいですね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード