子どもの成長のため、習い事に関心を持たれているパパママも多いのでは?気になるのは、他の家族が子どもの習い事について、どう考え、何を習わせているか、ではないでしょうか。
 
今回、cozre編集部では、一般のママパパにアンケートにご回答いただき、気になる「子どもの習い事」事情について、まとめてみました。後篇となる本記事では、習い事の数や習い事にかけるお金についてお届けします。
※人気の習い事や習い事を始める年齢について調査をした「子どもの習い事実態調査(前篇)」はこちら
 
子どもの習い事実態調査後篇
 
 

【1】【第1問】子どもにいくつの習い事をさせていますか?



習い事をもっとさせたい、というパパママが多い!?


まず、パパママに子ども実際に習っている習い事の数について聞いてみました。
 
子どもの習い事の数

 
 


回答の結果、実際にさせている子どもの習い事数の平均は0.9個。習い事をさせていないというパパママが半分弱、逆に複数させているという熱心な家庭は全体の20%程度でした。ならしてみると1人1つくらいは習っているのですね。皆さまの周りではいかがでしょうか?
 
次に、パパママに子どもの習い事をいくつまでならさせてもよいと考えているか、を聞いてみました。
 
子どもの習い事の許容数
 
 

回答の結果、子どもにさせてもよい習い事数の平均は、1.7個。実際にさせている習い事数の2倍近い数になりました。月謝や、子どもが関心を持たない、良い習い事の先生がいない、等の要因で、習い事をさせたいけれどさせていない、というパパママが多いようです。
 
 

【2】【第2問】子どもの習い事の月謝はいくらですか?



月謝は10,000円以下が大半。もっと払えるというパパママも!


次に、子どもの習い事の現在の月謝と、いくらまでなら払えるかという許容額について聞いてみました。
 
子どもの習い事の月謝について

 
 


回答の結果、現在の月謝は、10,000円以下という回答のパパママがおよそ8割。0円であるという方を除いても、1~10,000円以下が過半数を超えています。一方、20,000円以上かけているという熱心なパパママも全体の1割程度いらっしゃいました。
 
また、習い事の月謝の許容額に関する回答に目を向けると、回答者のうち27%が現在の月謝よりも多くの月謝を支払う用意があると回答。子どもの教育に関心を持つ方の多さが垣間見えます。

 
 

【3】【第3問】親子で楽しめるおすすめの習い事は?


最近では、親子で一緒に習い事を楽しむ、というご家族も増えてきています。そこで、最後に親子で楽しめるおすすめの習い事について尋ねてみました。その結果、文系の習い事として人気だったのは、英会話、料理、ピアノ。運動系で人気だったのは、テニス、水泳、ヨガ、という結果になりました。
 
以下、具体的な回答をピックアップしてご紹介します。
 
「お料理教室がおすすめ。子どもも将来の役に立つはず」(10歳の女の子のママ)
「ピアノなどの楽器を一緒に習いたい。合奏できると素敵」(2歳の女の子のママ)
「親子英会話。親子で一緒にペラペラに!」(7歳の男の子のママ)
「サッカーや体操教室がおすすめ。親の運動不足解消にもなる」(5歳の男の子のママ)
 
また、一方で、親子の習い事は月謝が2倍かかることを懸念して、敬遠している、という意見も多々見られました。
 
 

まとめ


いかがだったでしょうか?今回のアンケートでは、子どもにもっと色々な習い事にチャレンジしてほしいし、それに対して、お金の面でも頑張りたい!という熱心なパパママが多いことがうかがえる結果になりました。
 
いつの時代もパパママは子どもの将来に対して真剣に考えている、ということですね!
※人気の習い事や習い事を始める年齢について調査をした「子どもの習い事実態調査(前篇)」はこちら
 
 

ご参考:アンケート概要


アンケート実施期間:2015年4月23日~27日
有効回答数:228
質問方法:Webアンケート
 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。