4月の桜の時期が終わったら、5月からは藤の季節の到来です!大自然の中で味わう藤はまた特別なものになりそうですね。
今回は北海道札幌市をメインに藤のお花見におすすめなスポットを3ヶ所と番外編1ヶ所をご紹介致します。

札幌の藤の花の名所に子連れでおでかけのイメージ* 写真はイメージです

【1】前田森林公園|例年の見頃:5月下旬から6月中旬

自然いっぱいの公園の藤

前田森林公園の藤の花の画像出典:http://www.sapporo-park.or.jp/maedashinrin/?page_id=187

広大な敷地を持つ前田森林公園は、巨大な約600mのカナール(運河)があり、カナールの先端には展望台と食堂があります。カナール展望台の両サイドに大きな藤棚があります。このスケールの大きさに、初めての人は圧倒されそうです。
この公園の半分が森で、春の桜から秋の紅葉まで、1年を通して樹木を楽しめます。約1000台対応可能な駐車場、もちろんトイレも完備され、子連れでも安心です。
さらにバリアフリーで車椅子の方でも支障なく園内を満喫できる公園です。ぜひ一度行ってみてくださいね。

住所や電話番号など詳細はこちら

【2】百合が原公園|例年の見頃:5月末から6月上旬

札幌のフラワーパークの藤

百合が原公園の藤の花の画像出典:http://www.sapporo-park.or.jp/yuri/gallery/

東京ドーム5.4個分の敷地を持つ百合が原公園は、大きな駐車場が3ヶ所あり、広場やレストラン、売店も充実していて、園内にはトイレが7箇所あります。子ども連れの家族でも全く心配なくお花見が楽しめる公園です。
園内にリリートレインという電車が走っているので、小さいお子さんやお年寄りでも移動がラクラク。ここはフラワーパークというだけあって、藤だけでなく、ユリやバラ、紫陽花などとても多くの種類の植物を育てています。

住所や電話番号など詳細はこちら

【3】中島公園|例年の見頃:5月から6月中

道内人気の中島公園の藤棚

札幌中島公園の藤の花の画像出典:http://www.sapporo-park.or.jp/nakajima/wp-content/uploads/2011/05/fuji.jpg

札幌市内にある中島公園は、園内にテニスコートや体育館、学習館や、コンサートホールを持つ広大な敷地の公園です。園内には、たくさんのお花が植えられていて1年を通してお花見が楽しめるし、園内の施設や外の遊具、遊歩道で楽しめる、道内人気のスポットです。
売店やレストランもあり、トイレは8ヶ所もあるので、子連れファミリーも安心ですね。規模の大きい藤棚は、5、6月の満開時は必見です。お花見だけでなく、他の充実した施設を満喫できる中島公園に、ぜひ一度足を運んで見てはいかがでしょうか。

住所や電話番号など詳細はこちら

【番外編】まるせっぷ藤園(紋別郡遠軽町)|例年の見頃:6月上旬から下旬

約200株1000mの藤棚はここだけ!

まるせっぷ藤園の藤の花の画像出典:http://www.engaru-kankou.jp/hujienn.htm

園内に約200株で約1000mの巨大な藤棚を持つまるせっぷ藤園は、道内最大級の藤園です。毎年6月には藤まつりが開催されて、全国からたくさんの人が来場してお花見を楽しんでいます。初めての人には圧倒されること間違いなしです。
普通車約50台対応可能の駐車場もあり、トイレは2ヶ所あるので、子連れできても大丈夫ですね。公園の近くの同じ丸瀬布には昆虫生態館もあり、お花見以外でも1年中で楽しめそうです。ぜひ家族連れにおすすめのお花見スポットです。

住所や電話番号など詳細はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか?広大な土地を利用した、規模の大きい施設と藤模様は、一度足を運ぶ価値ありです。自然が豊富なこの北海道に、ぜひ時期を合わせて行ってみてくださいね。また子連れ対応バッチリの、駐車場やトイレ、売店など、設備も自充実している場所がほとんどなので、家族の思い出作りにもぜひおでかけしてみてください。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード