入園式や入学式と新しい出会いが多い春。子ども達だってどんな子と出会うか、わくわくどきどきしています。
 
大人の世界も、新しい出会いがあるのは一緒ですね。最初に上手に友達になれると、後がとても楽だと思います。
 
簡単に、連絡先交換できる名刺ツールが今話題になっています。試してみては、如何でしょうか。
 
友達、ママ友、ママ友の画像※ 写真はイメージです
 
 

【1】ママ友名刺ってそもそも何?


初対面の際のコミュニケーションツール


友達、ママ友、名刺交換の画像※ 写真はイメージです
 
 
ママ友名刺とは、近年注目されているコミュニケーションツールです。
 
今まで名刺と言えば、自宅で開業や、お花のレッスンをしているサロネーゼのママなど、ご自身でお仕事をされている方のアイテムと思われていました。
 
雑誌のVERYをご存知でしょうか。雑誌VERYも今、ママ友名刺に注目をしています。ママ友名刺は、オフィス用の名刺とは違い、記載する情報も異なります。
 
子どもの名前、子どもの写真(勿論入れなくてもOK)、携帯番号、LINEのID、メールアドレス、住所など…。
 
子どもとママがお友達になった時に、最低限伝えないといけない情報、
覚えて欲しい情報などを記載するのが主流になっています。
 
 

【2】子どもの写真は入れる? 入れない?


早く顔と名前を覚えてほしいとお考えの方へ


友達、ママ友、名刺顔写真入りの画像出典:https://www.pripark.jp/very/meishi/template.php?template_id=563&cId=08&ly=129※写真はサンプルです
 
 
子どもの写真を入れるかどうかについては、年賀状と同じでとても迷う方が多いと思います。親子の写真を入れるかどうか、幼稚園や保育園などのクラスメイトの数も関係するかもしれませんね。
 
クラスや園児が多いから、「早く顔と名前を一致してほしい」というお考えがある場合は、子どもの写真付きや親子の写真付きを選別しても良いかもしれません。
 
VERYでも可愛らしいデザインが沢山ありますよ。好みに合わせて選べるのが嬉しいですね。
 
写真付きも、なしも30枚で1,810円(税抜)とお手頃プライスです。ぜひこの機会にチャレンジしてみませんか。
 
 

【3】SNSのアカウントは、今や必須


ひとつずつ交換するのが面倒と言う方に


友達、ママ友、文字のみの名刺の画像出典:https://www.pripark.jp/very/meishi/template.php?template_id=567&cId=09&ly=153※写真はサンプルです
 
 
ママ友名刺の特徴として大評判なのが、SNSのアカウントを記載すること。
 
携帯電話や、メールアドレスだけではなく、LINEやFacebook、Twitterなど、ひとつずつ交換するのが面倒と言う方にとても便利です。
 
様々なツールを通して友達の輪は広がるものです。ママが率先してお友達の輪を広げれば、子どもの遊びの場を増やしてあげるきっかけになるかもしれませんね。
 
 

【4】本格的な名刺屋さんでも最近は作ります。


POPでカラフルなデザインもかわいい


友達、ママ友、カラフルな名刺の画像出典:http://www.meishi-design-lab.com/products/detail.php?product_id=131※写真はサンプルです
 
 
名刺デザインラボというネットの名刺屋さんがあります。片面印刷で、60枚でも1,280円(税抜)からととても手頃な価格です。
 
手頃な値段で名刺を作成したい方や、大勢のママ達に配りたいという方にもお薦めです。
 
名刺を配るのは最初は緊張しますが、一度渡すことに慣れると、名刺は使えるアイテムと気づくはずです。連絡交換が、劇的に楽になりますよ。
 
 

まとめ


仕事をしているときと違い、名刺に触れる事があまりない、専業主婦のコミュニティー。子どもの写真付きの名刺は、子どもも、ママも早く覚えてもらえて便利ですね。
 
今では、雑誌などで特集もされています。ママ友名刺は、注目されているので、是非チェックしてみてくださいね。新しいツールをうまく利用して、お友達作りをしましょう!
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


VERY はじめましてのママ名刺


 

名刺デザインラボ


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード