「あそび」は、食べることや寝ることと同様に、人間が人間として成長するためになくてはならないもの。子どもは「あそび」の中から多くのことを学びます。

今回は、ボーネルンドの「あそび道具」の中でも、多くを学ぶことができて、更に親子で楽しく遊ぶことができる玩具を3つピックアップしてご紹介します!動画で実際の遊び方をご紹介するので、ぜひ、ご覧になってください。写真で見る以上に楽しい遊び方が発見できますよ!
 

ボーネルンド ゴールデンウィーク特集はこちら!


 
 
大人もハマるボーネルンドの知育玩具を買いに子連れでおでかけ
 
 

【1】ブロック型磁石で立体図工!大人もハマる「マグ・フォーマー」



 
マグ・フォーマーは、「マグ=磁石」+「フォーマー=形作り」の名の通り、様々な形の磁石を内蔵したブロックを組み合わせて、立体形を作る玩具です。百聞は一見に如かず、まずは動画をご覧ください!
 
平面でくみたてたブロックをひょいっと持ち上げると、複雑な立体に変身!見ているだけで楽しいですし、遊びながら図形・角度の勉強にもなります。
 
親子で協力して立体を組みたてるもよし、親子でどちらがより複雑な立体を組み上げられるか競争してみてもよし!思わず大人もハマってしまう玩具です。
 
 

【2】自分で作るビー玉の道「クアドリラ」



 
クアドリラは、ブロックやレールを組み合わせてビー玉が通るコースを作る玩具です。百聞は一見に如かず、まずは動画をご覧ください!
 
考えながら組んだコースをビー玉がコロコロ転がっていきます。コースを組むだけで終わりではなく、組んだコースでビー玉がどう転がるか、観察することで、実は重力や摩擦などの物理の法則が自然に学べてしまいます!
 
マグ・フォーマー同様に親子で相談しながらコースを組み上げるもよし。ママパパが大人の力をみせつけて、無限ループのコースを組み上げれば、子どもから尊敬のまなざしを受けること間違いなしなのでは!?
 
 

【3】本格派の木琴「おさかなシロフォン」



 
おさかなシロフォンは、魚の形をした可愛らしい木琴です。百聞は一見に如かず、まずは動画を"音声付き"でご覧ください!
 
いかがでしたか?実はこの木琴は、専門家の手によって調律されている本格派!聞く力を養う時期だからこそ、音の狂いが少ない、良い素材のもので遊んでほしい、という思いで作り上げた楽器です。
 
ママパパも小学校や中学校の授業で木琴を触った体験があるのでは?その記憶を思い起こして子どもと一緒に演奏してみてはいかがでしょう。
 
 

まとめ


遊びを通じて子どもは様々なことを学んでいきます。玩具はあくまで「子どものもの」と侮ることなかれ!実は、大人も一緒になって遊んでハマることができる玩具もあるのです。
 
今回、ご紹介した以外にもおすすめの玩具はたくさんあるので、ぜひ、ボーネルンドの店頭でスタッフにお問い合わせください。
 
 

今回ご紹介したボーネルンド商品の詳細はこちら


ボーネルンド オンラインショップはこちら!


 

ボーネルンド 店舗一覧はこちら!


 

ボーネルンド ゴールデンウィーク特集はこちら!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。