博物館って子どもを連れて行ってもあまり面白くないイメージ・・・とも思う人も多いのでは?でも、実はそうではないんです。展示物を実際に見て、体験するとその良さがわかりやすくなるんです。
 
長野市立博物館では、昔の人の生活を体験できる「こども体験ひろば」やワークショップなどを通して長野の歴史を学んでいくことができます。教科書を読むだけでは分からない長野のこと、親子で学んでみませんか?
 
長野市立博物館に子どもとおでかけのイメージ画像※写真はイメージです
 
 

長野市立博物館


資料が豊富!長野の歴史に詳しくなろう


長野市立博物館に子どもたちとおでかけのイメージ画像* 写真はイメージです
 
 
「長野盆地の歴史と生活」をテーマにしたこの博物館では、自然や人々の暮らしなど様々な角度から長野を知ることができます。常設展示室では、太古からの善光寺平の自然風土、歴史、民俗などの資料を公開しています。
 
1階は長野盆地のはじまりから旧石器時代~弥生時代の人々の様子、竹原笹塚古墳などの模型が展示されています。2階は善光寺の歴史や中世、近代、現代の長野の歴史に関する展示物が多くあります。江戸時代の善光寺境内の様子など今とは違う様子に大人はちょっと感動を覚えるかも。
 
まだ歴史が分からないお子様でも楽しめる「情報コーナー」もあります。チャレンジクイズ、長野市の今昔、星の世界などコンピューターを通して楽しく知ることができます。
 
 

小学生必見の体験イベント!


長野市立博物館で体験型イベントに参加のイメージ画像出典:http://www.city.nagano.nagano.jp/museum/josetsu/index.html
 
 
展示物を見てもいまいち「?」となるお子様も多いはず。博物館のエントランスホールには、子ども向け体験コーナーがあります。展示に関連する体験を通して、もっと博物館を身近に感じることができます。さらに、毎週土曜日と春・夏・冬休み期間の午後に体験イベントを開催しています。(毎週土曜日の小中学生入館は無料、材料費が必要なイベントもあり)
 
2015年4月4日(土)は「はくぶつかんでお抹茶デビュー」自分でお抹茶をたてて飲んだり、飲み方や挨拶の仕方も体験できます。もちろんお菓子も食べられます。11日(土)は「たわら編みでミニよしず」たわら編みでミニよしずを作れます。また、大人を対象とした『ながはくPresents手仕事のじかん』というワークショップもあります。(こちらも小中学生の参加可能)4月12日(日)は『長野の土で手作り色えんぴつ』が行われます。日によって体験内容は異なるので事前に公式HPをチェックしてみてくださいね!
 
 

星空の世界も体感しちゃおう!


長野市立博物館で子どもと一緒にプラネタリウムの画像出典:http://urx.nu/j5HO
 
 
投影日は、土日祝、夏休み、春休みになります。投影時間は約40分なので、お子様にちょうどよい長さではないでしょうか。11時からは、「キッズスペシャル」。小さなお子様向けを対象としたプラネタリウムです。プラネタリウムが初めてでも季節の星座を見たり、みんなで歌ったり、クイズに挑戦して楽しめますよ!
 
午後は、季節のテーマに応じた内容が放送されます。現在は、「江戸時代の星図~中国星座の世界~」。今私たちは西洋星座を使っていますが、江戸時代までは中国星座が使われていたそうです。その江戸時代の人々が見た星空を紹介していただけます。
 
毎月第2日曜日16時からは「リラックスプラネタリウム」というイベントが開催されます。月ごとのテーマ(アーティスト)の心地よい音楽を聴きながらのんびり星空を眺めることができます。こちらもおすすめです。
 
 

まとめ


いかがでしたか?長野市立博物館は展示物を見るだけではなく、五感をフルに使って体験できる体験型の博物館です。常設展示以外にも特別展示が定期的に行われており、貴重な作品を見ることもできます。
 
お子様連れでいくならば体験イベントやプラネタリウム上映される土日がオススメ!なんと毎週土曜日は、子どもウェルカムデーにつき小中学生は無料!これもうれしいですね。博物館は、八幡原史跡公園(川中島古戦場)の一角にあるため、博物館のあとは身体いっぱい動かして外で遊べるのも魅力です。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


長野市立博物館


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。