家族でのおでかけ、愛知県のファミリーの皆さんはいつもどのようにして決めていますか?「いっぱいおでかけ先があって迷ってしまう…」「初めての家族のおでかけでどこへ行ったらいいかわからない…」「愛知県に引っ越してきたばかりなのでどんなおでかけスポットがあるのかはっきりしない…」などなどお悩みの方も多いかもしれません。
 
今回は、愛知県のキッズやファミリーに長く親しまれてきた“鉄板”のおでかけスポットのご紹介です。
 
親子でおでかけ* 写真はイメージです
 
 

【1】名古屋金城ふ頭 リニア・鉄道館~夢と思い出のミュージアム~


鉄道の雄姿・横顔を親子で触れる


リニア・鉄道館* 写真はイメージです
 
 
名古屋市の金城ふ頭にある「リニア・鉄道館」は東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」を紹介している博物館です。実際に線路の上で活躍してきた歴代の新幹線や鉄道の車両からはホンモノだけが持つ「鉄道の雄姿」を感じることができます。展示コーナーでは鉄道の歴史的な意義や技術の発展など「鉄道の横顔」に触れることのできる資料が勢ぞろい。
 
また新幹線や電車の運転、車掌さんのお仕事を体験できるシミュレーターなど子供たちがアトラクション感覚で楽しめる展示もあり、電車が大好きな子供から本格的に鉄道の歴史を学びたい大人まで「鉄道の横顔」を深く知ることのできるスポットです。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


リニア・鉄道館


 
 

【2】長久手市 愛・地球博記念公園 モリコロパーク


サツキとメイの家にお呼ばれ


サツキとメイの家出典:http://moricoro-park.com/shisetsu/satsukitomei/
 
 
2005年に開催された日本国際博覧会『愛・地球博“EXPO 2005 AICHI,JAPAN”』の跡地を利用して作られたのがここ、「愛・地球博記念公園 モリコロパーク」です。愛・地球博開催時のテーマ「自然の叡智」を思わせるような緑あふれる公園です。
 
この公園の中で特に人気を集めている展示が「サツキとメイの家」です。今も子供たちから大人気のアニメ映画「となりのトトロ」の主人公、サツキとメイが住んでいたお家を実際に再現した施設で、一歩足を踏み入れるとまるでタイムスリップしたような感覚に。子供たちはもちろんのこと、お父さんやお母さん、そしておじいちゃんおばあちゃん世代までどこか懐かしい気持ちに浸りながら楽しむことができますよ。
 
ご利用は原則として予約制ですが当日空きがある場合に限って当日券を購入して利用ができます。料金は大人510円と4歳~中学生以下が250円です。団体料金の適用もあります。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


愛・地球博記念公園モリコロパーク


 
 

【3】西尾市 愛知こどもの国


参加型イベント盛りだくさんの自然公園


愛知こともの国出典:http://www.kodomo-aichi.jp/
 
 
大自然といっぱい遊べる自然公園として親子連れに人気なのが「愛知こどもの国」です。愛知こどもの国は大きく分けて5つのゾーンに分かれています。ゴーカートや工作を楽しむことができる施設がある「コミュニティゾーン」に科学実験・工作を体験できる「サイエンスゾーン」、デイキャンプや宿泊利用が可能な「アドベンチャーゾーン」、絶景の展望台など自然の美しさを知ることができる「サスティナブルゾーン」、そして大型遊具やグラウンドゴルフで体を動かして遊べる「スポーツゾーン」。どのゾーンも親子で夢中になれる施設で目白押しです。
 
5/2~5/6は「ゴールデン遊びフェスわかばまつり」を開催。さらに月曜日を除く毎日、工作のイベントなど参加型のイベントが行われています。赤ちゃんや小さいお子さんがのびのび遊べるキッズプレイルームもあり、入園料が無料なのもうれしいですね。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


愛知こどもの国


 
 

【4】犬山市 日本モンキーパーク


日本モンキーパークにガンダム大集結?!


日本モンキーパークガンダムイベント出典:http://www.japan-monkeypark.jp/index.asp
 
 
犬山市の「日本モンキーパーク」は、大人でも絶叫してしまうマシンから小さな子でもニコニコで楽しめる乗り物まで、ファミリーで楽しめる乗り物が30種類以上集まったテーマパークです。展望台からは濃尾平野を一望することができ、また夏には親子で楽しい水遊びができる水の楽園「モンプル」も営業します。季節ごとのイベントも充実しているので要チェックのスポットです。
 
また、こちらでは子どもが大好きなキャラクターのイベントも開催していあす。「ウルトラマンギンガワールド」は2015年4月6日(月)まで。そして愛知県初上陸の「ガンダムワールド2015」は2015年4月18(土)~7月5日(日)まで開催されます。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


日本モンキーパーク


 
 

まとめ


いかがでしたか?今回は、名古屋のキッズたちに長く愛されてきた“鉄板”スポットをご紹介いたしました。男の子のお子さんにも女の子のお子さんにも「またここに来たい!」と思ってもらえるような場所ばかりだと思います。
 
どこか身近で素朴な雰囲気のスポットでも、季節ごとのイベントでは東海地方初開催などこの機会を逃したくない大規模な催しをすることもあるので見逃せません。
 
まだまだおでかけができるようになったばかりのお子さんたちから親世代の大人たちまで一緒に夢中になれる場所だと思うので、ぜひ今後のおでかけの参考にしてみてくださいね。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】リニア・鉄道館

   

【2】愛・地球博記念公園モリコロパーク


 

【3】愛知こどもの国

   

【4】日本モンキーパーク


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。