「咲いた、咲いた、チューリップの花が」と歌いたくなるようなポカポカ陽気が続いている今日この頃。春のお花といえば、チューリップですね。
名古屋を中心に愛知県内で鑑賞できるチューリップの名所をご紹介します。子連れでのお出かけの際の参考にしてみてくださいね。

【1】名城公園フラワープラザ|例年の見頃:4月上旬~中旬

お花好きのママなら一度は行きたい花の名所


チューリップ、咲き誇る、名城公園の画像出典:http://www.meijyo-fp.com/guidance/gaiyou/index.html
名古屋城に隣接する名城公園フラワープラザでは、オランダ風車とプラザ周辺に25,000球ものチューリップが咲き誇ります。2015年4月8日~12日までチューリップフェスタが開催されます。
親子で楽しめるイベントも行われているので、おでかけ前に情報をチェックしてみてくださいね。喫茶「雑花屋」にて休憩しながらのんびり過ごすのもおすすめです。
場所は、地下鉄名城線「名城公園」から徒歩3分。名城公園フラワープラザは、四季折々の花を鑑賞でき、お花好きなママにとっては癒しのスポットになりそう。

住所や電話番号など詳細はこちら


名城公園フラワープラザ


チューリップフェスタ


【2】鶴舞公園|例年の見頃:4月上旬~中旬

桜とチューリップを同時に楽しめる総合公園


鶴舞(つるま)公園は、1909年に名古屋市が初めて設置した公園で、名古屋を代表する総合公園です。
名古屋市街の中心にあり、市民にとって憩いの場でもあります。日本さくらの名所100選に選ばれていることから、桜と一緒にチューリップの鑑賞を楽しめるのは贅沢ですね。
2015年3月27日~6月14日まで、花まつりが開催されます。例年、多くの人で賑わいます。
遊具が豊富にそろう子どもの広場もあり、子どもも飽きずに楽しめそう。JR・地下鉄の鶴舞駅から徒歩すぐのところにあります。

住所や電話番号など詳細はこちら


鶴舞公園


鶴舞公園・花まつり


【3】江南花卉園芸公園|例年の見頃:4月上旬~下旬

お花が主役の広大な国営公園


江南花卉(こうなんかき)園芸公園は、フラワーパーク江南の愛称で親しまれています。愛知県と岐阜県の県境にある国営木曽三川(きそさんせん)公園の中に、フラワーパーク江南があります。
春になるとチューリップをはじめ、菜の花やシバザクラなど、テーマの異なる14の花壇が訪れる人の目を楽しませてくれます。2015年4月4日~19日まで、チューリップ祭が開催されます。
チューリップ花壇はもちろんのこと、注目はミッフィー誕生60年にちなみ、チューリップのみで作られたミッフィーの花絵花壇。高さ65メートルの展望タワーからぜひ、チェックしてみましょう。
また、フラワーパーク江南には、3~12歳の子どもを対象とした遊具や、センサーが反応して霧(きり)が出てくる霧のデッキなどがあり、小さい子どもでも楽しく遊べます。
最寄駅は、名古屋鉄道犬山線江南駅です。駅から車で15分ほどかかるので、車でのおでかけがおすすめです。

住所や電話番号など詳細はこちら


国営木曽三川公園


江南花卉園芸公園


【4】サンテパルクたはら|例年の見頃:4月上旬

花と自然に囲まれた体験型テーマパーク!


チューリップ、咲き誇る、サンテパルクの画像出典:http://santepark.dosugoi.net/e629302.html
名古屋から足を伸ばして、田原市にある花と緑のテーマパーク、サンテパルクたはらもおすすめです。入場無料・駐車場無料で楽しめるのもうれしいですね。
現在、チューリップフェア開催中です。円形状に色とりどりのチューリップが咲き誇ります。サンテパルクたはらには、収穫体験や手作り体験など、親子で楽しめる体験教室が開催されています。
野菜をかたどった遊具がある野菜の遊園地や、アスレチックで遊んでもいいし、おもしろ自転車(有料)に乗って芦ヶ池サイクリングコース(2.7km)を走っても気持ちよさそう。

住所や電話番号など詳細はこちら


サンテパルクたはら


まとめ


いかがでしたか?名古屋市内の公園をはじめ、愛知県内には色とりどりのチューリップを鑑賞できるスポットがいくつもあります。
天気のいい日に家族みんなでドライブもかねて遠出してみるのもおすすめですよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1-1】名城公園フラワープラザ


【1-2】チューリップフェスタ


【2-1】鶴舞公園


【2-2】鶴舞公園・花まつり


【3-1】国営木曽三川公園


【3-2】江南花卉園芸公園


【4】サンテパルクたはら


「【特集】子連れで行きたいお花見!全国の桜の名所・穴場まとめ」へ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。