溶連菌が流行中!知っておきたい症状や予防策


子供が集団生活を始めると、かかりやすい病気の一つに「溶連菌」があります。例年、春から夏にかけて、と冬に2回、流行のピークがありますが、2015年に入ってからは前年を上回るペースで患者が増加しています。
 
流行のレベルで「警報」を出す自治体も増えていることから、今回は医療・ヘルスケアQ&Aサイト『なるカラ』で回答している看護師さんに、溶連菌について詳しく教えてもらいました。流行中の今だからこそ病気の特徴や予防法について知り、感染防止に努めましょう。
 
子供の溶連菌の記事のイメージ画像
 
 

溶連菌ってどんな病気? 症状は?


溶連菌感染症は「A群β溶血性連鎖球菌」の感染によって起きる病気です。鼻汁や唾液などの飛沫や接触で感染するため、家庭内や集団生活の場でうつりやすいと言われています。一般的には急性咽頭炎や急性扁桃炎などを引き起こし、のどの痛みや発熱といった症状が表れます。また、舌の表面にぶつぶつができる「いちご舌」も典型的な特徴です。
 
感染しているかどうかは、のどについた細菌の有無で診断します。治療は抗生物質の服用で行い、飲み始めると2~3日で症状の治まるケースが多いようです。しかし、決められた期間、抗生物質を飲みきらないとリウマチ熱や急性糸球体腎炎といった合併症を引き起こすこともあります。自己判断で服用をやめないように注意しましょう。
 
 

続き(専門家の回答)を読む


 
 
イクシルのロゴ
※妊娠・出産・子育ての悩みや疑問に専門家が答えるニュースコラム「イクシル」提供
 
 
<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。