【1】マザー牧場|例年の見頃:2月下旬~4月中旬

マザー牧場の春の風物詩は350万本の菜の花畑!

マザー牧場 菜の花,千葉,菜の花,名所出典:www.motherfarm.co.jp

マザー牧場は、千葉県富津市田倉鹿野山の隣の鬼泪山の山頂付近に位置する、牧場のテーマパークです。園内には牛、馬、ヤギ、羊、豚、アヒル、ダチョウ、ラマ、アルパカ等様々な動物達が飼育されており、触れ合う事が出来ます。

また、四季折々の花を楽しむ事が出来るのも魅力の一つです。特に、春の風物詩とされているのが菜の花です。花の大斜面・東と西にダイナミックに咲く菜の花は、迫力満点です。

休日には多くのイベントが行われているので、大人からお子さままで自然に触れ合いながら楽しく過ごす事が出来ます。特に食用菜の花摘みが、3月下旬の土日祝まで同牧場のフルーツ農園で開催されています。

しかし、園内は起伏が激しい部分もありますので、ベビーカーで行かれる際は注意が必要です。また菜の花摘みはお花がなくなり次第終了となるため、おでかけ前に確認されることをおすすめします。

口コミ

【おでかけした日】2014年06月08日

子どもに乳搾りを体験させてやる事が出来て大変良いです。牛乳やソフトクリームも大変美味しかったです。

手ぶらでバーベキューが出来、子ども達と陶芸の絵付けが出来ます。出来上がるのに何日かかかりますが、届い時子ども達と思い出話が出来ました。

【おでかけした日】2013年11月06日

動物にエサをあげたり、ショ-を見たり、自然の中で思い切り遊べる施設、歩き始めた子どもと行くにはちょうどいい場所でした☆

【おでかけした日】2013年10月17日

動物ともふれあえるし、子ども向けの遊び場もあるので1日中いてもあきない。お昼はバーベキューもできてよい。

マザー牧場の住所、TEL等の基本情報

【住所】
千葉県富津市田倉940-3

【アクセス】
JR内房線 佐貫町駅から5520m
JR内房線 上総湊駅から6310m
JR内房線 大貫駅から8800m

【営業時間】
2月~11月:土日祝9:00~17:00 平日9:30~16:30 12月~1月:土日祝9:30~16:00 平日10:00~16:00

【定休日】
変動あり、HP参照

【お問い合わせ】
0439-37-3211

【赤ちゃんデータ】
駐車場 ◯
託児所/キッズスペース ◯
ベビーカー ◯
飲食物持ち込み ◯
レストラン施設 ◯
売店 ◯
おむつ交換台 ◯

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】小湊鉄道沿線|例年の見頃:3月下旬~GW頃

車窓から菜の花を楽しむ!

*写真はイメージです 小湊鉄道と菜の花,千葉,菜の花,名所

小湊鉄道とは、千葉県市原市を南北に縦断する鉄道です。東京から1時間で始発の五井駅に着き、小湊鉄道に乗り換えて、終点の上総中野まで約1時間ローカル線の雰囲気を存分に堪能できる列車です。

小湊鉄道では、10年ほど前から、沿線10か所以上で地域の方々と小中学生などの方々が、秋に菜の花の種をまき育てています。種をまく場所は、絵になる場所を選んでいるので、3月中旬から4月中旬には大変多くの菜の花が咲き乱れ、鉄道との共演はとても絵になります。

その為、全国から鉄道ファンや写真愛好家、絵を描くグループなどが多く集まります。特に電車が好きなお子さまなどはとても楽しめます。

駅の大半は無人駅で、菜の花の時期には地元の方々が喫茶店のように飾りつけ、地元の産物でお客様をもてなしてくれる所もあるので、それを楽しみに行く事もおすすめです。ただ、基本は鉄道なので、おむつ替えの場所や授乳室などを必要とする方は事前準備が必要です。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【3】菜な畑ロード|例年の見頃:1月~3月中旬

1万坪に咲く菜の花を堪能!

菜な花ロードは、千葉県にある鴨川市が主催しているイベントです。県道24号線の近くの約1万坪の広大な土地に植えられた植えられた菜の花は、圧巻の迫力。開花時期には、イベントが行われており花摘みや物産展など様々な催し物が行われています。

また、菜な畑ロードと同じ規模の菜の花畑は、菜の花が名所である千葉県でもなかなか見る事が出来ません。写真撮影にもおすすめのスポットです。

しかし、基本は屋外でのイベントであるため、おむつ交換などが心配な方は菜な畑ロードの会場から少し離れていますが、JR安房鴨川(あわかもがわ)駅前のイオン鴨川店の利用をおすすめします。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【4】道の駅とみうら 枇杷倶楽部|例年の見頃:2月中旬~3月中旬

東京ドーム級の広さの菜の花畑!

道の駅とみうら 枇杷倶楽部の菜の花畑,千葉,菜の花,名所出典:www.biwakurabu.jp

道の駅とみうらは千葉県南房総市の国道127号上にある道の駅で、通称「枇杷倶楽部」と呼ばれています。2000年3月には全国道の駅グランプリで最優秀賞を受賞した、人気の高い道の駅です。館内には、名前の通り枇杷のソフトクリームを楽しむ事が出来る軽食場や売店などがあります。

また、春頃には枇杷倶楽部の前には、東京ドームがまるごと入る広さの南房総最大の巨大な菜の花畑が現れます。一面黄色に染まってた花畑は、黄色い絨毯を引いたよう!香りも素晴らしく、春を思いっきり感じる事が出来ます。

おむつ替えのスペースやソファの休憩場所などもあるので、小さなお子さまから楽しむ事が出来るエリアになっています。しかし、館内は階段が多いのでベビーカーの利用よりも抱っこひもをおすすめします。

道の駅とみうら 枇杷倶楽部の住所、TEL等の基本情報

【住所】
千葉県南房総市富浦町青木123-1

【アクセス】
JR内房線 富浦駅から940m
JR内房線 那古船形駅から1620m
JR内房線 館山駅から5170m

【営業時間】
9:15~18:00

【定休日】
年中無休 (ただし、レストラン等一部お休みの場合が年間数日あり)

【お問い合わせ】
0470-33-4611

【赤ちゃんデータ】
ベビーカー ◯
レストラン施設 ◯
売店 ◯
おむつ交換台 ◯

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?菜の花と言えば千葉県と言われるだけあり、他の県に比べ規模が大きい菜の花畑が特徴だと思います。菜の花は、目で見るだけでなく香りを楽しんだり食べる事も出来ます。今年は、さまざまな方法で春をおもいっきり感じてみてはいかがですか?

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。