ヘルパンギーナ・手足口病について

ヘルパンギーナ,

ヘルパンギーナ・手足口病というエンテロウイルス属の感染症をご存知でしょうか?夏に幼稚園や保育園で流行することで耳にされたことがある方も多いのではないでしょうか。

ヘルパンギーナは、熱と口の粘膜にあらわれる小さな水ぶくれを伴う発疹、それに伴う痛みを特徴とする疾患です。ヘルパンギーナは患者の年齢が4歳以下がほとんどで、1歳代がもっとも多く、ついで2歳、3歳、4歳、0歳代の順で多い疾患です。

また、手足口病も同じエンテロウイルス属の感染症で喉や手足、お尻、ひざなどに水疱性発疹ができますが、あまり熱は高くなく軽症のことが多いです。

365日年中無休で診療をする小児科クリニック「キャップスクリニック」では、小児科受診前に保護者の皆さんに知ってほしい病気と健康の知識として、以下のように説明をしています。

ヘルパンギーナ・手足口病とは?

・風邪のほとんどはウイルス感染で、夏には特にエンテロウイルスが流行します。

・ヘルパンギーナはそのウイルスにより口内炎や突然高熱がでる喉の風邪です。

・ 手足口病もこのウイルス感染で手・足・口やお尻、ひざなどに水疱性発疹を起こしますが、熱はあまり高くなりません。

・ 口内炎などの特徴的な症状がなくても夏の熱はほとんどがエンテロウイルスによる風邪と考えられます。

・特に効果のある薬はないため、こまめな水分摂取と、解熱鎮痛剤による治療となります。

・ 登校・登園は熱がなく、食事が十分とれるようになれば可能です 。

・まれですが、重症の合併症を起こすこともあり、強い頭痛や嘔吐、意識障害、顔色不良、胸痛を伴うときは救急受診が必要になります。

,

※365日年中無休で開院する小児科「キャップスクリニック」提供

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。