冬の風物のひとつ、樹氷。山形県の「蔵王樹氷まつり」などは、全国的にも知られているせいか、なんとなく「東北まで出かけないとみられない」と思われているようですね。
 
ところが!首都圏から2時間ちょっとで見られる「樹氷まつり」があるんですよ。今回は、山梨県・西湖樹氷まつりをご紹介します。
 
 

【西湖樹氷まつり】


【るるぶでも高評価!富士五湖の冬の名物】


西湖樹氷まつりのライトアップ画像
出典:http://www.fujisan.ne.jp/event/info.php?ca_id=3&if_id=553
 
 
西湖は富士五湖の1つで、河口湖と並ぶ観光地としても知られています。河口湖がラベンダーや、周辺の観光スポットで知られているのに対して、西湖はコウモリ穴、富岳風穴など、富士山の自然遺産とも言うべきもので知られているという違いがあります。
 
「富士五湖・真ん中の湖」として親しまれています。
 
地形的にも、河口湖と比べると、少し高い標高になるため、冬の気温も、東北日本並みにぐっと低くなります。この低い気温を活かして行われるのが、「西湖樹氷まつり」です。
 
1月24日(土)から2月1日(日)まで、西湖野鳥の森公園には、さまざまな形の樹氷のオブジェが立ち並びます。全国から集まった参加者による「樹氷コンテスト」も同時に開催され、見ごたえ満点のダイナミックな氷の芸術が楽しめます。
 
 

【アクセス良好!施設も充実!名物は「クニマス」!】


西湖樹氷まつりクニマスの画像
出典:http://www.fujisan.ne.jp/event/info.php?ca_id=3&if_id=553
 
 
西湖野鳥の森公園は、食の点でも充実しています。物販ブースでは、西湖周辺の美味しいものが大集合!
 
以前から最古の名物として知られていた「ヒメマスの塩焼き」に、一昨年から、「西湖クニマス焼き」が加わりました!寒空の下、炭火でじっくり焼かれたヒメマス、そしてここでしか食べられないクニマスでお腹も大満足です。
 
レストランの窓から、樹氷を眺めながら食事をするのも楽しそうですね。
 
 
西湖樹氷まつり太鼓の画像
出典:http://www.fujisan.ne.jp/event/info.php?ca_id=3&if_id=553
 
 
更に、郷土太鼓の演奏を始め、さまざまなイベントも同時に開催されます。天候によっては、予定の変更があるときもあるそうなので、お天気も要チェックですね。
 
 

まとめ


樹氷がみられる場所は、日本国内でも特に冬が厳しい場所が多く、首都圏からも遠く離れているところばかり。子連れで出かけていくのも大変だし、費用負担もお財布に辛いですよね。
 
西湖なら、車で日帰りも可能!わざわざ、東北地方まで出向かなくても、東京から車で2時間ちょっとで樹氷がみられるって、ちょっとお得な感じがしませんか?
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


西湖野鳥の森公園


 

西湖樹氷まつり|外部リンク


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード