公園デビューと言うと少し抵抗のある人もいるんではないでしょうか。近所の公園で子どもを遊ばせる場合、このさき幼稚園、保育園、小学校などで顔を合わすこともあるので、トラブルなく公園デビューを果たしたいですよね。
これから悩みを共有できる大切なママ友ができる場合もありますので、ぜひ3つのポイントをおさえて公園デビューを決めちゃいましょう。

スムーズに公園デビューをするための3つのポイント


初対面でも挨拶をするようにしましょう


初めて行く公園ですから、もちろん初めて会う人ばかりです。公園デビューに限らず、会った人には挨拶をするようにしましょう。
子ども同士が遊び始めることもあるので、その際は「いくつなんですか?」「ウチの子が遊んでもらってありがとうございます」など声をかけてみるのも仲良くなるポイントです。

怪我や喧嘩のないように見守りましょう


子ども同士が遊び始めるとヒートアップして、怪我をしてしまったり、喧嘩になってしまったりすることがであります。怪我をさせてしまうと大変なことになってしまうので、子どもから目を離さず見守るようにしましょう。
自分の子どもがずっと同じ遊具を使っていたら、他の子どもに譲ってあげるよう促すことで、親同士のコミュニケーションが始まることもあります。

初めて行く公園は誰かと一緒に行く


ひとりで初めての公園に行くと、やはり緊張するという人もいるし、誰か一緒にいれば安心できます。夫婦一緒でもいいですし、友達のママが既にいれば、一緒に誘って行ってみましょう。一人でいると、どうしても周りが気になってきますからね。
色々な公園を回ってみるのも良いです。公園の広さ、遊具の数、子どもの数も場所によって違うので気にいった公園を見つけるのもいいですね。人によって居心地の良さは違いますから。

まとめ


公園デビューという言葉が独り歩きをしていますが、意外とそんなネガティブなことはなく、みんな気軽に遊ばせています。あまり身構えすぎなくて大丈夫です。持って行った遊び道具は貸してあげるなど、周りの子どもにも気をつかってあげられるといいですね。
他の親子に迷惑をかけないように、一緒に楽しく遊んで、良いママ友をつくりましょう。

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード