海外観光客からも人気の浅草寺。浅草寺は江戸時代から愛され、今でも年間3000万人がお参りしているとも言われています。
夜景が美しいことでも有名な浅草寺。そんな浅草寺で初詣をしたい!浅草寺を一度は訪れてみたい!という方のために、必見の要チェックポイントを4つまとめてみました。

浅草寺にお参りするなら、見ておきたいスポット

雷門


浅草寺だけではなく、浅草のアイコンでもある雷門。高さ4メートル近い大きな提灯は、浅草寺の入り口にあたります。門の両側には、風神・雷神の像が建立されています。
浅草寺 雷門

出典:http://www.senso-ji.jp/
ちなみに、現在の雷門を寄贈したのは、なんと松下電器の創設者である松下幸之助なんだそうです。余裕があったら、提灯を下から見上げてみましょう。迫力ある彫刻を見ることができます。いろんな角度から楽しんでみたいですね。

浅草神社


江戸三大祭りの舞台となる、三社祭の舞台としても知られる神社です。
なお、境内には有名コミック『こち亀』の単行本1億3千万部発行を記念して建立された石碑もあるんですよ!驚きですね!お子さんと一緒にチェックしてみましょう。記念写真を撮るのもおすすめです。

本堂


浅草寺の本堂も有名ですね。
浅草寺 本堂
出典:http://www.caname-jisha.jp/case-study/titanium-roof/chitan/003.html
こちらは、全ての願い事が叶うと言われているパワースポットです。 遠くから見ても、その存在感は驚くほど。本堂の前にある常香炉では、体の悪い部分に煙をかけるとその部分が治るという言い伝えがあります。

宝蔵門


こちらの門にも提灯がありますが、もちろん「雷門」とは別です。
阿形、吽形の仁王像を両脇に抱える宝蔵門の裏側には、なんと大きなわらじがあるんです。
このわらじは、高さ4.5メートルもあります。“足”に効果があると言われていますので、健脚をお祈りする人も多いんですって。

浅草寺でおみくじをひこう!


浅草寺に限らず、お参りしたらひきたくなるのがおみくじですよね。 でも、浅草寺のおみくじには「凶」が多いらしいという話、聞いたことありましたか?
浅草寺のおみくじは、1から100までの番号のくじをひく「観音百懺」(かんのんひゃくせん)というものだそうです。 このなかに、なんと凶は30パーセント近く入っているとの話もあります。
実は、この割合は昔のおみくじそのままなんだとか。 凶が出たとしても、日常生活をきちんと過ごすことで、その凶を吉に転じることができるということです。

まとめ


浅草寺は歴史的にも貴重ですが、見た目にもとても美しい建造物です。
その美しさを楽しみながら、浅草の情緒も満喫しましょう。

「今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら」


浅草寺


「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード