せっかくの週末に雨や雪の悪天候。子どもと約束していた公園遊びや動物園にも行けず暇を持て余す、なんてことありますよね。
 
結局おうちでいつもと同じオモチャで遊んだり、ショッピングモールのプレイグラウンドやゲームセンターで遊んで終わりだったりと、ちょっとだけ残念な週末になっていませんか。
 
そんな時は新たな芸術に触れ、普段は出来ないダイナミックな遊びを実際に体験できる、ワクワクいっぱいのアートの世界へ子どもたちと一緒に飛び込んでみませんか?
 
 

ノベルティ・こども創造館


「見て!触って!作って!」


子どもの感性が豊かになる体験の遊び場イメージ画像http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2010111000080/
 
 
瀬戸物で有名な、陶磁器のまち・瀬戸市にあるこの施設は、瀬戸市がその産業文化や歴史を子どもたちに「感じて」もらうために設立されました。
 
小学生以上のお子さんは、「ノベテクたいけん工房」にて、現役の職人さんにその技術を目の前で披露してもらったり、実際に一緒に体験出来たりと、好奇心旺盛で想像力豊かなその欲求を高い次元で満たしてくれる経験をすることができます。
 
 
季節や行事毎にその内容も異なり、クリスマスには粘土で本格ツリーを作ったり、ツリーの形をした焼き物のお皿に絵付け体験をしたりなど、思い出だけでなく記念に残る体験も出来るのが嬉しいところ。
 
各体験とも子どもだけでなく大人も参加できるため、パパやママも一緒に楽しむことが出来ます。
 
子どもの感性が豊かになる遊び場・粘土の画像
 
 
そんなのまだまだうちの子には出来ないわ、というママさんもご安心を。「つちタッチ工房」では、子どもの背丈ほどもある大量の粘土の山で遊ぶことが出来ます。見たこともない大きな粘土の山に登ったり、穴をあけたり、ちぎって丸めたり、またくっつけたり…
 
遊びの数は子どもの数だけ。粘土の感触が子どもたちの五感を大いに刺激し、想像力をますます掻き立てます。
 
 

少し疲れたら「プレプレハウス」でクールダウン


子どもの感性が豊かになる遊び場・部屋のイメージ画像http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2010111001134/
 
 
何かを「創り出す」って想像以上に疲れますよね。一生懸命「想像力」を発揮して遊んだら、子どもと一緒にちょっと地べたに座ってクールダウンしましょう。ノベルティ・こども創造館2階の「プレプレハウス」には、子ども用の絵本や、アートの館ならではのおしゃれで凝った手作り玩具が並べられています。
 
子どもの「なぜ?」「どうして?」を引き出す良質な玩具には、大人も子どもも夢中になりそうです。靴を脱いで遊ぶスペースなので、ハイハイ期のお子さんがいらっしゃるなら、まずはここで遊んでも良いでしょう。
 
 

まとめ


新しいものに触れること、それは子どもたちの世界を広げ、感性を深めます。そんな子どもたちの成長を見ながらも、パパやママにとっても新たなアートの世界が発見できるかもしれませんね!
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


ノベルティ・こども創造館


 
 

「【特集】冬の寒い日に行きたい!子どもが室内で遊びを楽しめる施設まとめ」へ


 
 
※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード